長期連載3「MacBook Retina 12インチの真実〜エンジェルタッチで文字入力〜」

「MacBook」に関する記事総まとめ
「MacBook」に関する記事総まとめ
2015年、私の生活に欠かせない存在となったMacBook Pro 15インチだが、ここにたどり着くまで数々のドラマがあった。 様々な...

↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ!
★プロローグ・・・MacBook Pro13インチを所有している部長は、2015年2月下旬に、「重いから」という理由だけでMacBook Air11インチを電撃購入した。その後、職場の後輩である15歳年下の二人のガジェット野郎(色々アドバイスしてもらっていた)にムチャクチャ怒られ(笑)、Appleサポートの神対応もあり、返品するという衝撃的な結末を迎えた。しかし、MacBook Proが軽くなるということは当然無く、重さに限界を感じていた2015年春、AppleがMacBook Retina 12インチを電撃発表した。iPad Air 2でのブログ打ちを模索していた私は、「軽くて楽に文字入力ができるデバイス」を求めて、MacBook Retina 12インチ、Surface3、SurfacePro3と試し打ちを繰り返しながら、さまよい歩いていた。しかし、職場でRealForceというキーボードを愛用していた私は、どうしても、キーストロークの浅いこれらのデバイスにGOサインを出すことができずにいた。

そんな中、絡まった糸が少しずつほどけていくかのように、物語は静かに幕を開けることになる・・・

第3回「エンジェルタッチで文字入力」

私はヤマダ電機にいた

もちろん、3回目となる「MacBook Retina 12インチの試し打ち」である。

しかし、今回の試し打ちは違う。前回までの2回は「いつもと同じ感覚で、ただ、普通に打つ」ということであったが、今回は、前回の記事をふまえ「触る」感じで打つということをやってみるのだ。

果たして、この「触る」という打ち方が私に何をもたらすのか、全くわからない状態での入店だったが、事前の電話で、「実機がある」「在庫がある」「値引きがある」「ポイントが付く」ということを確認済だったので、行くのであれば、間違いなくヤマダ電機で行こうと決めていたのだ。

入店して、まず私は、サプライコーナーに行った。Appleのスペシャルサポートショップとしては認定されていなかったが(認定されているのは、盛岡では「ケーズデンキ盛岡西店」のみである)、ヤマダ電機には純正のApple製品が数多くあったので、MacBook Retina 12インチの関連商品もあるだろうと思って行ってみたら、

何と、1つもなかった

そう、1つもないのだ。ビックリした。特に、USB-Cの関連商品が全くなかった。

充電器もアダプタも何もない。

じゃあ、他店で買うかとなると、そうならない。なぜなら「ポイントが付く」のでヤマダを選んだのだ。だから、ポイントで周辺機器を買うつもりでいたのだ。10%のポイントでも1万円をゆうに超える、よって、そのポイントを使って、通常で買えば非常に高額のApple純正アクセサリを買おうという計画だったのだ

でも、ない

ビックリした。本当にない。

ま、仕方ないかと思って、MacBook Retina 12インチのコーナーに行った。とりあえず、電話をした時点で、名前を聞かれていたので、私の名前を話して、対応してくれる予定の方を読んでもらった。その方がすぐ来てくれて、実機の前に立った。

実機はスペースグレイであったが、私の狙いはもちろん、シルバー一択である。理由はいくつかあるが、ゴールドは確かに魅力的だが、ゴールドは若い数学の先生(野球部)が買う可能性が高い。よって、かぶることを極端に嫌う彼のことを考え、さらに、私自身が全てのApple製品をシルバーで揃えていることから、一個だけゴールドというのが少し「Apple野郎」としての美学に反するのではないかと考えた

ちなみに、若い数学の先生(野球部)はiPhone5Sはゴールドであるので、MacBook Retina 12インチも、もちろん、ゴールド狙いなのであろう。Apple野郎というのはそういうモノである。私は、シルバー以外のもは全く買う気も起きなかった。スペースグレイを見せられても、別に何も感じない。PCデポにはゴールドの実機があったが、全く何も感じない。

私にとって「Apple製品=シルバー」なのだ。そして「アクセサリ=白」であるべきなのだ。モバイルバッテリーなどは、仕方なく黒を買っているモノもあるが、基本、シルバーである。そして、ケーブル類は基本白を選んでいる。それが、私の美学である。

さて、
ここからが本番の実機打ち込みテストである

今回の打ち込みテストは明らかに「目的を持った」打ち込みテストであるので、今までの2回は全く白紙に戻して、MacBook Retina 12インチをもう一度最初から評価しようというのが今回の目的であった

「軽く」

「軽やかに」

「エレガントに」

「そっと」

「柔らかく」

「優しく」

「まろやかに」

「しなやかに」

「決して、「押す」のではなく」

「強く「叩く」のでもなく」

「触る感じで入力する」

コレをやってみた

いつも通り、私の決まり切った文章を打ってみた

ここで1つ提案がある。

この、「MacBook Retina 12インチの浅いキーストロークのキー入力方法」に関して、「触る感じでキー入力を行う」ことを、私なりに考えて名付けたい

それは、

「エンジェルタッチ」

である。そう「天使のように優しく、柔らかく」キーを触るのである

自分が天使になったつもりで、今まで通り、「ゲームセンターあらし」に出て来る必殺技「月面宙返り」のような力の入った押し方は決してしない。軽く、あくまで触るようなタッチを心がけた

Retina Displayに文字が出てくる

「どうも皆さん、おはようございます。部長のナビです。今日は、4:00に起きまして絶賛作業中でございます。今日はとっても良い天気になりそうなので、今日も張り切って参りましょう!皆さんにとって今日が素敵な一日になりますように!」

ヤバい・・・。エンジェルタッチ、ヤバい・・・。

もう少し打ってみる。そう、「触る」ように、エンジェルタッチで、MacBook Retina 12インチを触ってみた

岩手県盛岡市には、いつも通り雨が降っていた。そう、何か始まるときは、決まって雨が降る。だから、この記事のタイトルも「始まりはいつも雨」と名付けるのである。私は「偶然」という言葉を決して信じない。全ては運命という名の下に定められた「宿命」であり、今起きていることは全て「必然」であるのだ。今、私は、エンジェルタッチでこのキーボードを打っている。ああ、なんてことだ。ああ、神よ。オーマイゴッド・・・。

「エンジェルタッチ with MacBook Retina 12インチ、マジ最強伝説」の始まった瞬間であった。

打ち方を少し変えただけである。いつも通りの「バチーン!」という打ち方をやめ、限りなく触るように打つ。

前回の記事で紹介したブロガーの方のいうとおり、「触る」感じで打つこの「エンジェルタッチ」でMacBook Retina 12インチを打つと、本当に指の上下動がほぼ無い状態で超高速で打てて、しかも、10分くらい打ち続けたのだが、全く疲れない(担当の方を呼ぶ前に、10分以上ずっとエンジェルタッチで打っていた。「力を入れない」だけで、全く違和感がなかった。)

Appleも人が悪い。

最初から「エンジェルタッチで打ってください」って言えば良いのに、そういうアナウンスがないから、私みたいな「ゲームセンターあらしの月面宙返り」並の、超押し込みタイプの文字入力を行うブロガーが、間違ったレビューをしてしまうのだ。

エンジェルタッチで打てば、何も問題無い。返って力もいらず、高速に打てるので、本当に記事の通り「ブロガーには最適のデバイス」になる可能性が出てきたのである。

まず、Retina Displayであることが大きい。これに、エンジェルタッチを組み合わせることにより、私のこのマシンへの不信感、不安感は一気に取れた

合計で15分くらい連続で、かなり高速で、すなわち、いつも通りのスピードで文字を打ち込んだが違和感は全くなかった。慣れてくると、エンジェルタッチで打つのが普通になるので、ますます高速で打てるようになる。

本当に、「触る」だけで入力ができるのだ。これはスゴい発明である。

そうなると、「Surface」の話が再燃するかと思うかもしれないが、そもそも「MacBook Proとモバイルバッテリーの組み合わせだと、重すぎる」というのが話の始まりで「MacBookに不満がある」わけではないのだ。毎日持ち歩き、同じところで使わず、常に移動させながらMacBook Proを使っていると、さすがに半年以上使っていると、重さを感じるようになるし、モバイルバッテリーがとにかく重いのだ。

自宅でずっと使う分には、MacBook Proで全然問題無いと思うが、文字打ち、PDFの閲覧、ちょっとしたPDFの修正で、毎日必ず持ち歩いて、移動させながら使うことを考えると、MacBook Retina 12インチの優位性は明らかである。

iPad Air 2も毎日持ち歩くので、それも考えれば、今回のエンジェルタッチの成功により、私にはある決断が迫られていた

それは「す、すいません、これを、お、お、お、お、お・・・」

の先である(笑)

この先を私は言う事が出来るのか、果たして、MacBook Retina 12インチの決済はおりるのか?

岩手県盛岡市、ヤマダ電機盛岡店は熱気に包まれていた

私の指が、MacBook Retina 12インチを欲しているのはよくわかった
それだけ、エンジェルタッチの効果は思った以上に抜群であった

ああ、オレはどうすれば良いんだ・・・。

「ちょっと考えさせてください・・・」

そう言って、私はヤマダ電機を3周することになるのであった・・・。

続く・・・

~次回予告~

エンジェルタッチで、文字打ちに問題が無くなったMacBook Retina 12インチを、果たして部長は買ってしまうのか?

恐るべしヤマダ電機のサービス攻撃に、まさかの値引き+ポイント追加で、私のハートは陥落寸前!

気になる次回は来週の土曜日、7月4日を待て!(6月29日~7月3日は企業コラボ動画、記事アップのため、長期連載はお休みします)

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索