長期連載9「男達のiPad Pro〜我が人生に一片の悔い無し〜」

iPadPro_Lifestyle-SplitScreen-PRINT

第9回「我が人生に一片の悔い無し」

私はドコモショップにいた

ああ、そうだ。

入荷したiPad Proへ、iPad Air 2から機種変更をするためだ

もう、後には戻れない

そんな思いが私の胸を駆け巡っていた

でも、なんでだろう

不思議と私は笑顔でいることができた。「やっちまった」とか、「本当に良かったのだろうか」とか、今回は不思議と無い

片手持ちでの立って授業メモについても不安はぬぐえないままでいたが、何よりも、「Apple Pencilで授業メモ」ということに大きな可能性を感じていた。コレが果たしてどこまで良い感じでできるのか?それだけでもワクワクしたし、全国の教員仲間に胸を張って「iPad Pro+Apple Pencil買いだぜ!」と言いたくて仕方なかった

そのためには私が契約する必要がある。多くの要望も受けてはいたが私の腹は決まっていた

さらに、全く使っていなかったiPad Air 2の代わりとして、iPad Proを自宅で使うと言うことだ。コレがどこまで、iPhone 6s Plusの牙城を崩せるのか、それにも興味があった

iPad Air 2ではなく、iPhone 6s Plusでもなく、iPad Proならではの使い方、それが、私の生活にどういった変化をもたらすのか、楽しみしか無かった

師匠のg.O.R.iさん(gori.me)、瀬戸さん共に、レビューでは「Apple Pencilが無いとただのデカいiPad」と言う評価を受けていたが、私はまた違う観点でiPad Proを見ていた。デカいからこそ有意義な点があるのではないのか?それを確かめたいし、伝えたい。

ウチのPVなどたかがしれているが、そんな私のレビューを待ってくれている人がいることも確かだ。

Apple Pencilはまだ先の入荷だが、とりあえず、iPad Proのレビューをすることは出来る。

やっとだ。やっとレビューをアップできるのだ。やっとこの時が来た。私は嬉しくてたまらなかった

スポンサーリンク

待合スペースで、順番を待った

男達のiPad Pro02

そうだ。

実は、12月4日に、もう私はドコモショップで全てが終わっていたのだ。

今日は12月19日。もう15日、2週間以上も使っている。レビュー出したくて仕方なかったが出すことはできなかったので、ひたすら沈黙を貫いた。知っているのは「P」の4名を合わせた5人だけだ。その他の人間は一切知らない。まさに、極秘プロジェクトだった

店員「1014番の方、お待たせしました」

来た。

私の番だ。ここで私は、iPad Proと運命の出会いをすることになる

男達のiPad Pro01

ああ。

やっと会えたね。

ここから手続きを進め、SIMカードを入れかえて、iPad Air 2は見事に常連さんに下取られ、残債もクリアし、私はiPad Proを手にすることができた

ここから先は、開封、そして、「○○日間使って分かったこと」とレビュー記事につながる。

購入までのドラマはここまでだ

レビューについては、また、明日以降の更新を待って欲しい

1つだけ言わせて欲しい。

それは、我が人生に一片の悔い無しと言うことだ

 

これから、私はiPad Proと、様々な12.9インチの可能性について探っていくことになる。本体価格が非常に高いので、コレを途中で解約して残債を精算し次のiPad(例えばiPad Air 3)というのはちょっと考えにくいので、今後は、iPad Proの有効な使い方やお勧めのアプリなどを紹介していくことになるだろう。iPhoneと違い、毎年変えるモノではないからだ

 

長い間ご覧いただきありがとうございました

以上で、「男達のiPad Pro・第1部」完結である

 

平成27年(2015年)12月19日 部長ナビより愛を込めて

 

〜次回予告〜

静かに、そう、静かに、物語は歩みを進めていた

誰も知らないところで、ひっそりと、静かに

次回、熱い男達のドラマが渦巻く、大好評シリーズの続編「男達のiPad Pro・第2部」堂々のスタート

乞うご期待!

(更新日未定)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索