長期連載8「男達のiPad Pro〜docomoOnlineShopとドコモショップ〜」

iPadPro_Lifestyle-SplitScreen-PRINT

第8回「docomoOnlineShopとドコモショップ」

ヤツの名はたけPと言った

当ブログアドバイザーにして、私のマジ同級生である彼は、誰よりも早く情報を検索、ゲットし、私に的確に「リンク爆弾」をブチ込んでくるのは、当ブログの読者であればすでに周知の事実であると思う。

私のiPad Air 2が無事に売却されることは「P」では知らせてあったので、たけPはすでに次の情報を私に与えようと裏で動いていた

スポンサーリンク

たけPの情報

「docomoOnlineShopでシルバーの在庫あるね」

マジか!

私は即アクセスし、契約寸前まで行ったが、機種変更をOnlineShopで行う場合は、本人確認の免許証の写真とかの送信が必要だった。うーむ、面倒だ。しかも、送られてきてからのSIMの移動とか、うーむ、面倒だ。開通作業も、iPad Air 2の時、結構面倒だったような記憶があるので、実店舗にやり方をとりあえず聞いてからでも良いかなと思って、日中に電話することにした

ドコモショップに電話してみた

日中にドコモショップに電話してみると衝撃の事態がわかった

・岩手県内でiPad Proを取り扱っている店舗は3店舗しか無い

・在庫は無く、入荷は未定

マジか・・・

でも、奇跡的なことに、岩手県内3店舗の取扱店の1つがウチの近所の店だった。わーいわーい。

しかも私はそこに電話をしていたのだ。偶然とは思えない

在庫が無くて、未定と言うことを聞いて、とりあえず、Apple Pencilを買ってしまっているので、OnlineShopでやっぱり買うしか無いかと思って聞いてみることにした

運命の店員の一言

私「OnlineShopで、シルバーの在庫を確認したんですけど、コレ、頼むと、自分でSIM差し替えになりますよね?iPhoneと同じようにすれば良いんですよね?」

店員「ちょっとお待ちください」

私「はい」

店員「確かに、OnlineShopに在庫ありますね。色はシルバーでよろしいですか?」

私「はい」

店員「であれば、取り寄せることができますがどうしますか?」

私「え?OnlineShopから取り寄せるんですか?」

店員「はい。取り寄せには1週間から10日くらいかかると思いますが、店頭で全部手続きできるので、免許証さえ持ってきていただければ大丈夫ですよ」

私「本当ですか?」

店員「予約なさるのであれば、もう今、在庫抑えてしまいますが、いかがしますか」

 

出た・・・

 

またこのパターンだ・・・

MacBook Pro 15インチの時もそうだったし、MacBook Retina 12インチもそうだ。私は「最後の1台」とか「今抑えておかないと無くなる」というのに非常に良く遭遇する

こんな時私は、ふと、窓の外を見ることにしている

 

そうだ。いつも通り、盛岡には雨が降っていた

 

始まりはいつだって雨。私は、静かに口を開いた

 

私「お願いします」

 

店員「かしこまりました。では、入荷しましたら携帯の方にご連絡さし上げますね」

 

もう、後には戻れない・・・

私は、足下から崩れていく階段を登り始めていたのだ。私には「登る」という一択しか無かった

 

翌日

翌日、昼休憩でモチを食べていた私のApple Watchが振動した。着信だ

「0120・・・・」

0120から始まる電話は、迷惑電話や、勧誘の電話が多い。できれば出たくないのだが、サンプルレビューをしていると、広報の方から電話がかかってきたとき、0120の場合があるのだ。新規のサンプルレビューの場合は、私の電話番号を知らないので、かかってくることは無いが、過去にレビューをしたことのある企業から、急ぎで発送したい場合にメールでは無く電話が来ることがままあるのだ。

だから私は、不信感満載だったが、電話に出た

私「はい、もしもし・・・」

相手「部長ナビ様ですか?」

私「はい。失礼ですが、どちら様でしょうか?」

相手「ドコモショップと申します」

 

なぬ?

ドコモショップ?

まさか、「売り切れました」ってことじゃないだろうな?なんだ?なんでかかってくるんだ?

ドキドキしながら話を聞いた

店員「iPad Proですが、先ほど、入荷しました!」

 

え?

えええええええええええええええええええええええええええええええ?

 

店員「昨日、即手配したら、深夜便で即来ました!お手続き、本日できます!

 

え?

えええええええええええええええええええええええええええええええ?

 

まさかの翌日入荷に軽く失神したが、ここは冷静に考えた

仕事を逆算し、ドコモショップへ行く時間をどうやって作るか考えた

答えはすぐ出た。私は急いで仕事に取り組んだ。昼休み返上で稼いだ。そして、夕方、パパッと仕事を片付けた私は、そそくさと職場を後にした。

安全運転でドコモショップに向かう私は意気揚々としていた

 

もちろん、盛岡には雨が降っていた

2日連続の雨は冷たかったが、私の頬を伝う雨は、なにか、新しい伝説の幕開けにふさわしい、そんな雰囲気を醸し出しているような、決して後ろ向きな雨では無かった

 

誰にも、何も言わずに私は車を走らせた

 

男達のiPad Pro、物語は核心へと進んでいく

 

〜次回予告〜

とうとう部長の下に、iPad Proが姿を現す

その余波は、たけP、ひこP、おこP、ちゃぼPに伝わっていくのだが、思わぬところで爆弾が爆発することを、この時はまだ誰も知らない

現物を手にした部長の抑えきれない喜びが爆発する次回は明日の夜の更新を待て!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索