長期連載7「男達のiPad Pro〜iPad Air 2の行方〜」

iPadPro_Lifestyle-SplitScreen-PRINT

第7回「iPad Air 2の行方」

話は盛岡に戻る

私は、iPad Air 2をどうするか悩んでいた

間違いなく、iPad Proは、Apple Pencilを使うことで業務効率のアップが見込めると感じたし、iPad Air 2をほとんど使っていない現状で、iPad Proに機種変更することによる利用頻度増加は目に見えていた。

とにかく、瀬戸さんの動画が衝撃だった。

Apple Pencilのあれ程の追従性は、まさに純正スタイラスならではと感じずにはいられない

授業メモで「立って持って書く」ことには多少の不安は感じていたが、重かったらバンカーリングを付けるなり何らかの工夫はある

それよりも、「iPhone 6s Plusにその座を奪われた」といっても過言では無い「YouTube」「Kindle」「ネット閲覧」「SNS」、これらが、iPad Proによってどう変わっていくのか、大きな興味があった

スポンサーリンク

問題は残債

問題はiPad Air 2の残債であった。

2月からの契約で8ヶ月経っているので、月々サポートが無くなることを考えると、5万円近くの残債があることになる。コレをどうにかせずに、iPad Proの契約はありえなかった

とりあえず、知り合いに聞いてみた

マネさんや、LINEメンバーにとりあえず聞いてみた。

「iPad Air 2、docomoのセルラー、128Gを買い取っていただけませんでしょうか?」

返事は思ったようなものではなかった。まあ、当然だ。

やはり、iPad Proへの道は遠いのか・・・。

次に、若い体育の先生(バスケ部)、若い数学の先生(野球部)、に聞いてみた

若い数学の先生(野球部)は「iPad Air 3を買います」ということだった。ま、そう言っていたので、仕方ない

若い体育の先生(バスケ部)が反応した

「一晩考えさせてください」

この時、すでに私の目の前には、Apple Pencilの決済画面があった。もう、Apple Storeでカートに入り、SmartCoverも購入寸前だった

しかし、「良い値段で売れる」という確証が無ければ、iPad ProにGOサインを出すことはできない

まだ、私は「注文を確定する」を押せずにいた

さらに、LINE@メンバー、Messenger、TwitterDMでも聞いてみた

超常連さんを始めとした、ほぼ毎日やり取りをさせていただいているメンバーに、片っ端からiPad Air 2の下取りについて聞いてみた

すると、事件が起こった

みるみるうちに上がっていく入札価格

常連さん達の動きは速かった

「どうせ、部長さん、買うんですよね?部長さんからなら・・・」ということで、数人の方がiPad Air 2の下取りに興味を持ってくれたのだ

そして、続々と着信があり、あれよあれよという間に、入札価格が上がっていく

そして、決済

決まった。

若い体育の先生(バスケ部)が一晩考える間もなく、常連さんに売れたのだ。iPad Air 2がかなり良い値段で売れた。

あっという間の出来事であった。

そこからの私は早かった

Apple Storeにおいて、Apple Pencilを速攻で購入

入荷が怪しいと言われ続けているApple Pencilをまず購入した。到着は先になるが、まず、コレを注文しなければ意味が無い

残債がクリアされるとわかった今、もう私には目の前の決済画面でGOサインを出すのはたやすかった

IMG_3011

この時は、バッグの中にWi-Fiモデルが入っているが、この時は、瀬戸さんの動画を見て、Wi-Fiモデルでも良いかなと思ったのだが、docomoにとりあえず電話してみて、月々サポートを引いた金額でセルラーの方が何かと都合が良いかと思っていた。

やはり、MacBook Pro 15インチは便利は便利だが、常にモバイルルータを持ち歩いて、接続にワンクッションあるのは、ハッキリ言ってストレスだ

それを考えると、iPad Air 2のセルラーは快適そのもの。いつでもどこでも一発でネットにつながることの快適さを一度知ると、Wi-Fiモデルに戻ることはできないと感じた。

通信料は確かにかかるが、月々サポートを考えると、docomoのセルラーで良いかと思った

さらに、Wi-Fiモデルは、納期がだいぶ先になる。コレでは使い物にならない。

年末までに記事を書き上げることを考えると、納期は大切だ。

iPad Air 2が残債ごと片付いた今、ポイントはdocomoShopだ。とりあえず翌日電話して、在庫を確認し、なるべくdocomoでセルラーで買おうと思った。そうだ。機種変更と言うことになる。

ということで、Wi-Fiモデルはバッグから除外

Apple Pencilと、SmartCoverを先に購入した

もう、後には戻れない

全身の毛穴が開く

誰も知らないこの展開をどうやって伝えようか、それだけを考えていたが、私は大切なことに気付いていなかった

それは、iPad Proが「出荷台数を絞っている」という噂通り、在庫が僅少であるということだった。

衝撃の事実が私を待つことを、この時点で私は知らずに、アホみたいに浮かれて、勢いだけでApple Pencilを注文していた

そうだ。私はアホだった。

 

しかし、この日、私の睡眠ログは驚異的なデータを見せる。Apple Pencil効果とでも言おうか

iPad Air 2が瞬殺で売れた快感と、Apple Pencilの期待感、そして、ほどよい疲れが混じった最高の夜を一瞬だけ過ごすことになる

 

〜次回予告〜

docomoShopに問い合わせる前に、私はdocomoOnlineShopにアクセスすることにしたが、機種変更についてよくわかっていなかったので、とりあえず、docomoShopの実店舗に問い合わせることにした

そこに、思いがけないドラマが待っているとも知らずに・・・

衝撃の第8回は明日の夜を待て!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索