長期連載4「男達のiPad Pro〜偽ミッキーの思惑〜」

iPadPro_Lifestyle-SplitScreen-PRINT

第4回「偽ミッキーの思惑」

そこにいたのは、偽ミッキー

「ハハハー」と、心のこもってない笑いを私に送りつけて、自分勝手な計画をぶちまけ、でも、プロデューサーなので逆らうことも出来ない

そう、ヤツの名はたけP

私の同級生にして、「P」の称号を持つ、当ブログの総合プロデューサーである

スポンサーリンク

常連さんからのアドバイスをグループトーク「P」で報告した

「もう、iPad Proの話は終わりだ。買わないことにした」

常連さんからのアドバイスで「いくら何でも、ガジェット持ちすぎ」という話があった事により、私は決心していた

確かに、今年私は、次のような感じでガジェットを次々と買い換え、もしくは、新規購入をしていた

2015年の部長のガジェット購入、買い換え遍歴

★iPhone→2月にiPhone 6をdocomoで契約し、9月にiPhone 6s Plusに機種変更。iPhone 6は下取り。持ち出し有りだが、悔いは無し

【関連】男たちのiPhone

★iPad→2月にiPad Air 2をdocomoで契約

★Mac→2014年12月にMacBook Pro 13インチを購入、2月にMacBook Air 11インチを購入も返品

その後、MacBook Retina 12インチを電撃購入

結局、夏にMacBook Pro 13インチ、MacBook Retina 12インチを両方売却し、MacBook Pro 15インチを購入

このような形で、私は買っては売り、打っては買いを繰り返し、今の状態を築きあげたわけだが、全てが長期連載シリーズになるくらい、それぞれにドラマがあった

確かに、常連さんからすれば「出れば買う」といった状況の私に、さすがに歯止めをかけなければ行けないと思ったようで、皆さん、口を揃えて、「部長、ちょっと待って」と言ってくれたのだ

それを、グループトーク「P」で話したら、偽ミッキーはこう言った

グループトーク「P」における、偽ミッキー(当ブログプロデューサー)の発言

たけP「えー」

いやいや、「えー」じゃねえよ!

しかし、ここから、怒濤のたけPの情報操作、すなわち、「リンク爆弾」が炸裂する

情報操作その1「ソフマップ買い取り額提示」

即だ、即ヤツはソフマップの買取額を提示した

しかも、俺が、「iPad Air 2、シルバー、docomoセルラー、128G」であることを熟知している。当たり前だ。この構成での購入を助言したのは他でもない、たけPなのだ。詳しくは、「iPad神デバイスへの道」を読んで欲しい

衝撃の買い取り金額

マジか・・・。想像以上の買い取り金額が提示されていた

まさかの高価買い取りに、私の心はグラッと来た

情報操作その2「docomoOnlineShopにおける、iPad Proの在庫確認」

頼んでないのに、docomoOnlineShopに勝手にアクセスし、iPad Proの在庫を確認するたけP

そして、ほどなくして「シルバーの在庫があるみたいだね〜、ハハハ〜。運命かな〜」と、完全に他人事だ。

そうだ。ヤツはトスを上げていなくなる「無責任セッター」なのだ。私がスパイクを打ち込むことなど、ヤツには興味ない。トスだけ上げて、サッといなくなる。そして、ヤツは何も買わない。ああ。いつもそうだ。ヤツはいつもそうだ。

しかし、ヤツのリンク爆弾は危険すぎる。

完全に私はヤツの術中にハマりつつあった

「高価買い取り」と「在庫確認」によって、私は、危うく、即決しそうになった

でも、私もそこまでアホでは無い

ちゃんと残債を計算し、相殺できるのか確認し、在庫に関しても流動的であることから、しっかりと全て確認してから行動に移すべきだと感じていた

特に「下取り」に関しては細心の注意を払うべきである。むやみやたらにGOサインを出すべきでは無い。

私が取った行動

私はとりあえず、下取りに関して、数人に当たりを付けて聞いてみることにした

店に売ったり、メルカリ等のフリマアプリを使った場合、何かあった時にもの凄く面倒なことになることを私は身をもって知っていたので、特に、精密機器に関しては、知っている人に売った方が良いと思っていた

だから、当たりを付けて聞いてみた。

まあ、安いモノではないので、ソフマップ以上の値は付かないだろうと思っていたが、ここから、物語は風雲急を告げることになる

 

〜次回予告〜

はたして、私は偽ミッキーの思惑通り、事を運んでしまうのか?

また、iPad Air 2は無事に誰か購入者が見つかるのだろうか?

謎が謎を呼ぶ第5回の更新を心待ちにしながらApple Pencilでも予約せよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索