長期連載7「iPad Air 2でブログ打ち〜恐るべしTextWell〜」

過去記事リンク「iPad Air 2でブログ打ち」記事まとめ

第5回「恐るべしTextWell」

この原稿を書いている段階で、すでに複数の方から「どうやって、あの記事の体裁をiPad Air 2で打っているのか?」という質問が来ています。

今、この記事も、実際にiPad Air 2で打っておりますが、何も問題なく打つことができます。ただ、それには幾つかポイントがありますので、それを今回はあげていきましょう。

アプリのリンクや、細かい見た目の修正は後でMacで一気にやります。リンクももっとキレイに追加したいし、画像も入れたいのでね。その辺、「iPad Air 2でなんでもできる」わけではないので、Macとセットで使うことで非常に快適になるということを先に言っておきます

まず、Macで記事を書く

まずは、普通にMacで記事を書きます。これがポイントです。体裁を考えた、写真入り、リンク入りのものをキッチリ作ります。それを最初にやらないとダメです。ですから、「凝ったブログ記事の装飾」というのは、基本的に「パソコンで作る」と考えてください。

アメエディタは必須

TextWellは素晴らしいアプリですが、これは「テキストエディタ」ですので、Amebaにアップロードはできません。ですから、Amebaに記事をアップロードできるアプリである「アメエディタ」は必須です。これも、あとで、Macで追記するときに、一気にリンクを貼っていきます。今は時間がないので、とりあえず文字だけ

TextExpanderを使うとさらに最強

この、「小見出し」なんか、TextExpanderで一発なんです。これもあとで紹介します。TextExpanderはTextWellには対応しておりますが、アメエディタには対応しておりません。よって、「TextWellで原稿作って、アメエディタでアップ」という図式になります。アメエディタでも「テンプレート」を使えば結構簡単にタグ打ちはできますが、TextExpanderが最強すぎるんです。ヤバイです

Macで作った記事を「編集」して、タグをコピーする

Macで「テンプレート的な記事」を作ったら(例えば、睡眠ログの最初と最後って同じですよね?あれ、一回作って毎回コピーしてるんですよ。このコピーの仕方もあとで紹介します。こっちはMacの技です)Amebaの編集画面で「記事の編集」を選んで、該当記事を表示し、「HTML表示」させます。

これで、タグが出てくるので、毎回同じ記述をする最初の部分をコピーします

TextWellで「スナップ」する(Macでの作業)

次に、TextWellを起動し、さっきコピーしたものを貼り付けます。そして、「Control」+「S」を押します。これで、「スナップ」されます。スナップというのは、「その文章をTextWellが記憶し、iCloudに保存する」ということを意味しますので、これで、MacでもiPhoneでもiPadでも同じ文章を「スナップ一覧」から見ることができます。これはいくつでも保存できるので、たくさん保存しましょう

なお、「画像のタグ」も保存できることがわかったので、一回画像を貼り付けて、大きさを調整して、で、HTML表示でタグをコピーすると、それを貼り付けるだけで、毎回同じ画像が、同じ大きさで出てくることがわかりました。要するに「同じ画像を毎回探さなくてもいい」んです。これは、Macでももちろん使えますので、そっちはあとで記事にします

TextWellで記事を作る

スナップから選んで、画像、リンクの埋め込まれたタグを記事の最初に持ってきます(雑談の画像とか、まとめ記事のリンクとかね)

で、あとは普通に記事を書いて、アメエディタにコピーしてアップすると終了です。

Macで最初にTextWellにスナップ処理をしておくと、ものすごく快適に「Macと同じ」環境を作ることができます。iPadでは、Amebaの「新エディタ」が使えないんですけど、既存のシリーズものを書いたりする場合は、iPadで十分です。

ただ、TextWellも、TextExpanderも有料アプリなので、投資は必要ですね。その辺は各自ご検討ください

では、次回は、「TextExpanderがいかに最強か」をお伝えしましょう。iPad Air 2でブログ打ち、イケます!

【iPad Air 2+Apple Wireless Keyboard+iOS標準IME+アメエディタ+TextWell+TextExpanderで作成】

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索