長期連載6「iPad Air 2でブログ打ち〜iOS標準IMEの進化〜」

過去記事リンク「iPad Air 2でブログ打ち」記事まとめ

第5回「iOS標準IMEの進化」

前回までで、「そもそも文字打ちに何を使うのか」という話にそれてしまっていたが、今回から、ちゃんとiPad Air 2でのブログ打ちについて書いていきたいと思う

まず、スクリーンショットを見ながら、実際にどういう形でiOSの標準IMEがアップデートされたのか紹介しよう

image

これが、アメエディタの画面である
何度も言うように、iOSでのSafari使用ではアメーバブログの「新エディタ」がウマく機能しない。欄の下まで入力したときに、なぜかスクロールせずに、そのまま下の方にはみ出すのだ。意味がよくわからないがそういう仕様らしい。

よって、iOSでアメーバブログを更新するときは、基本的にアプリを使うことになるのだが、アプリがスマホにしか対応していないので、iPad版がないのだ。ムリヤリインストールもできるが、ただ引き延ばしただけなので非常に見にくい。よって、アメエディタを使うことになるのだ

【アメエディタ】



AppStoreに飛びます
iPad用です。iPhoneは基本的に、アメーバのアプリがあるので、それで十分です

ここで、文字打ちをするときに、外部キーボードを使うことになるのだが、前から話しているとおり、iOSの制限で、外部キーボード使用時は標準IMEしか使うことができない。すなわち、せっかく買ったATOKが使えないのだ。

今までは、この「標準IME」のその挙動に苦い思いを何度もしてきたのだが、今回、何となく使ってみたら、あら不思議、アップデートしてるじゃない、ということで紹介したいと思う。

さて、1枚目の写真だが「どうもみ」と打つと「どうも皆さん」のように変換予測が表示される。コレはコレでいい。何も文句はない

image

「どうもみなさん」と打って変換候補を出すと、下を押すことでかなり大量の変換候補が現れる。これも最初からこんな感じであるので、何も問題無い。問題なのは、この後であった

image

これ、ATOKでは当たり前の「Shift+矢印」での「文節の長さを変える」ことをすると、表示がおかしくなっていたのだ。例えば、この画面では「どうも」と変換候補が表示されていることからわかるとおり「どうもみなさん」の全変換状態から、Shift+←で「どうも」だけを変換するように変更したのだ。これをやると、「みなさん」が複数出てきたり、とにかく挙動がおかしくなった。思った文節で変換してもらおうとすると、それだけでこのIMEは拒否反応を起こしておかしくなっていたのが、何と直っている。何度やってもおかしくならない。アップデートされているのだ。まず、これにビックリ

image

次にこれ、iOS標準IMEの最悪な仕様であると感じている「変換確定後に次の入力候補が自動表示される」という機能である。全くいらない。全然使わないのだが、必ず出る。ここでのポイントは「左、もしくは、右の矢印キーを押すと、この「入力候補」の選択になってしまう」という仕様であった。これが使えなかったのだが、ビックリすることに、これ、直っていた。この状態で左右を押すことは良くあることだが、そうすると、下の変換候補が勝手に選択され、それが入力されてしまう。いつの間にか改善されていてビックリ

image

左キーを押すと、このようにちゃんと左にカーソルが動くのだ。これができなかった。素晴らしいぞ!この時点で、文字打ちに関して、「え?標準IMEでも全然行けるじゃんか」ということになったのだ。それで、この連載が始まった。

ちなみに、この「次の入力予測変換候補」は消すことができなかったのだが(だからやっかいだった。以前は、スペースを押して、この変換候補達を消し、Deleteを押して一文字戻ると言うことを毎回やっていた)なんと、アップデートにより「ESCキー」を押すことによって、この変換候補、消えるようになってるのだ!これもビックリ!やるなApple!

image

ちなみに、上か下を押すと、見事にこのように、変換候補を選択した形になってしまうので要注意。こうなると、一旦入力して、Deleteで消してということをやらないといけない。ハッキリ言って面倒であるので、上下のキーは押さないことを勧める

というわけで、アメエディタに限らず、Evernoteだろうが、Gmailだろうが、なんでもハードキーボードを使うと自動で標準IMEを使うことになるのだが、このように改善されているので、かなり文字を打つ私でも、単語登録さえしっかりやっておけば意外と普通に文字打ちできるようになったのだ。だから、私のように「沢山入力して、一度に変換」というタイプでなければ、十分にiPad Air 2というのは「入力デバイス」になり得るのである。

次回は具体的に「アメエディタ」の使い方について述べていきたい。使い方といっても、他のサイトで紹介されていることで十分対応できるので、そのサイトを紹介する形になると思うが、かなりブログ更新は楽になるので、iPad Air 2買ったけど、うまく活用できてない。重くてノートパソコンは持ち運びたくない、という方はぜひ、iPad Air 2+アメエディタでブログ更新を楽しんで欲しい

★当然だが、アメエディタは「アメブロ」のエディタである。よって、他のブログの更新は出来ない。他のブログサービスについてはわからないので、ご了承ください

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索