【iPad神デバイスへの道 追記】その4「DTCP-IPのムーブと再生」

追記4「DTCP-IPのムーブと再生」

さて
過去に紹介した
最強の録画番組ムーブアプリである
Media Link Player for DTVであるが

【過去記事リンク】iPad神デバイスへの道「Media Link Player for DTV」

コレがあるおかげで
iPad Air 2は神デバイスと化する

しかし
読者の皆様から質問があった

「Media Link Player for DTVの
フリーバージョンもありますが
何が違うのでしょうか?」

いい質問だ

ちなみに
私も同じ質問をたけPにしたのである

結論はこうだ

「Media Link Player for DTVの無料バージョンは
DTCP-IPがムーブしての再生ができない」

コレがかなり大きい

というか
この機能が無ければ
全く意味をなさないアプリとなってしまうのである

DTCP-IPというのは
簡単に言うと「コピーガード」処理のことであり
通常の番組はコレに対応しているらしい

よって
レコーダーから
このDTCP-IPの番組をiPad Air 2にムーブした場合
有料バージョンじゃないと、再生ができないのだ

有料バージョンは
ちゃんとDTCP-IPに対応している

スカパー!も、地デジも
基本的に全てのデジタル番組は
DTCP-IPと言っても過言ではない

よって
自宅で別画面で見る分には無料版でも問題無いと思うが
ムーブして外で見たい場合
(と言うか、そのためにこのアプリを入れるのだと思うが・・・)
有料版を購入しないと意味が無いのである

気をつけて欲しい

無料版をインストールして
「何だよ、再生できないじゃん」ってなっても
それは仕方ないのである
そういう仕様なのだから・・・

ちゃんと有料版を購入して
快適なiPad Air 2ライフを過ごして欲しいモノである

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索