長期連載1「iPad神デバイスへの道〜iPhone6とハンズフリー〜」

第1回「iPhone6とハンズフリー」

全ては「ハンズフリー」の悩みから始まった

私は
毎日帰りにあやかぜとマー坊に電話をかける

毎日かけるので
「ヘッドセット」は必須である
もちろん、帰りながら車でかけるので
普通の携帯での通話はもちろん警察に捕まる
岩手は
ヘッドセットがオーケーなので
プラントロニクスのVoyagerLegendを使っていた

しかし
iPhoneを手にするようになって
私の思いは次のように変わっていった

「iPhoneの素晴らしい音質の音楽を
車でも聞きたい
ついでに、ハンズフリーで通話もできないのか」

iPhoneのミュージック再生は
思った以上のクオリティである
まさか自分が「スマホで音楽を聴く」
なんて日が来るなんて予想もしていなかった

でも
現実として
毎日iPhoneで音楽を聴いているのである

しかし
車でVoyagerLegendを使うと
通話に関してはもちろん最強であるが
いくつか問題が見えてきた

★音楽を再生すると、片耳しか聞こえないし、音質が悪い

コレは仕方の無いことだとあきらめていたが
あきらめたくないことでもある
通話に限定して考えると
確かに片耳でのヘッドセット使用は仕方ないのであるが
音楽を聴きながら運転したいという
私の要望は日に日に増していくばかりである

★ずっとVoyagerLegend着けてると耳が痛い

コレは深刻な問題であった
決して耳にやさしいモノではないので
秋田に行くときに2時間とか着けていると
マジで耳が痛い
通話どうこうよりも、不快で外してしまうのだ

秋田には結構頻繁にいくので
コレは深刻な問題であると感じた

以上から
本格的に
「音楽を聴けて、通話もできるモノ」を探した
そこで出会ったのが
MDR-EX31BNである

ワイヤレスで音質もよく
SONYで、しかもノイズキャンセリング
さらに、通話も可能であり
とどめにマルチポイントである
(同時に複数台接続可能)

しかし
この「MDR-EX31BN」は弱点があった

★両耳装着のノイズキャンセリングなので運転中は危険

コレは当たり前のことだが
盲点であった。
こんなにノイズキャンセリングが
周りの音が聞こえなくなるなんて予想外だった
運転中にコレを着けるのはあまりにも危ない
運転中に「通話」と「高音質での音楽再生」を両立する
MDR-EX31BNをチョイスしたつもりだったが
運転中に使うのは完全にアウトである
失敗した・・・

★本体がクリップ留めなのだが、服によって付かない

コレも盲点であった
Yシャツを着ていると問題無いが
私服のうち
Vネックっぽいヤツ(いつも動画で着ているタカキューの服)は
大丈夫だが、タートルネックが無理である。
この間スタバに行ったとき、衝撃を受けた
「だ、ダメじゃねえか・・・」
って感じである
せっかくワイヤレス買ったのに、何の意味も無い

なぜなら、服に付かないのだ
タートルネックだから、首にも付かない
仕方なく、有線の純正イヤホン使った
何のためのMDR-EX31BNなのか・・・

まだMDR-EX31BNはメルカリに出してないが
もう、ほとんど使ってないという現実がそこにある

ハンズフリーで通話でき
高音質で音楽が聴ける

そんな都合の良いモノがあるのかないのか
よくわからず
別の用事でヤマダ電機行ったとき

SONYの丸いスピーカーに出会ったのだ
それは
「Bluetoothスピーカー」であった

何とコレ
Bluetoothでつながって
スピーカーなのでiPhone6の音が出せる
そして
通話ボタンがあったのだ

コレは、ひょっとして・・・

ネットで調べたら
何と、通話もできることを知った

こんなモノがあるのか・・・

もう、コレは買うしか無いだろ
そして、車に置いて
iPhone6の音楽を流しながら、
ハンズフリー通話もすれば良いじゃないか!

そう思って
私は仕事帰りにケーズデンキ盛岡南店に行ったのだ

しかし
ここから私の運命は大きく動き始める・・・
そう

「iPadが神デバイスになる」

その始まりはケーズデンキだった
全てはここから始まったのだ

いつも通り
始まりはいつも雨

風の冷たい3月の夕暮れであった・・・

~次回予告~

ケーズデンキ盛岡南店でBOSEと出会った俺は
たけPと色々相談してある決断を下すことになる

しかし
その決断が私の運命を大きく変えていくきっかけになることを
誰も知らない

明日の21時を待て!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索