長期連載8「部長GO!〜東京まとめ〜」

g.O.R.i01

最終回の今回、岩手県民が東京に行った時、どんな感想を持ったのか、すでに関東で仕事をしている高校の同級生、たけPも気付いていない、盛岡と東京(特に新宿)の違いをまとめてみたいと思う

スポンサーリンク

1 看板がデカい

そんなにデカい必要があるのかってくらいデカい。仙台でも十分デカいが、新宿の看板のデカさは岩手県民からすると異常

「見えるっつの」と言いたくなる。で、岩手サイズの看板を発見し、g.O.R.iさんに「アレが岩手の普通の大きさですよ」と教えると、g.O.R.iさんはもれなく「小さい!」と驚く。そうだ。関東在住の方は岩手サイズの看板が小さくて仕方ないらしい

が、逆に、「なんであんなに大きいのか」疑問でしかない。半分以下でも見えるだろう。その分、スペースを有効利用して、複数の看板に使った方が良いと思うのは私だけだろうか?

2 ヤマダ電機が近すぎ。ヨドバシカメラも近すぎる。とにかく、ホテルと大型店舗が異常なほど近い

岩手県の場合、大型店舗はだいたい「郊外型」と呼ばれ、街の中心部には無い場合が多い。だから、ホテルから徒歩3分でヤマダ電機とか、意味がよくわからないし、車をどこに置くのか不思議だが、電車があれだけ走っていると、駅の近くに全て集めるのが良いのだろうと感じた

盛岡は大型店舗は全て郊外だ。よって、地下鉄もなく、電車も少ないので、車必須となり結論として、郊外型店舗が岩手にはジャストと言うことなのだ

3 新宿駅はだいぶ慣れたが、それにしたって迷路

一番ビビったのは、西口から出た時の「こっちに行くとこれがありますよ」という駅の看板のわかりにくさ

まず、看板が多すぎる。そして、表示されているホテルとか名所が多すぎて何が何だかわからない

ホテルに着いたら「東口からの方が当ホテルは近いんですよ〜」とかお姉さんに言われ、GoogleMapも間違える新宿駅の意味不明さを物語っていた

ちなみに、新宿駅は、南口、そして、東南口もあるのだが、2日目は、東口のロッカーに荷物を置いていたので、東口から出ようとしたら、南口の近くだった

東京の方はよくわかると思うが、南口近辺から、東口に出るには、一旦階段を下がり、ホームに出て、そこからまた下がることをしなければイケない

しかし、岩手県民の私は、ホームの先にまた下り階段があり、そこが通路で、東口に通じているとは全くわからず南口近辺で20分ほどウロウロした

意味が全くわからないのが、新宿駅だ

ホームはゴールじゃない。新宿駅の名言だと思う

ただ、今では慣れたので、私をぜひ、新宿駅マスターと呼んで欲しい。西口から南口まで、30分もあれば、軽く行くことができるだろう。岩手県民であれば「光の速さ」と言えるレベルだ。それだけ、新宿駅は迷う。

4 横断歩道、横に広すぎ

新宿駅西口から「ガード下」を通る交差点を歩いたのだが、横断歩道が横に広すぎて理解できなかった

なんで、あんなに横に広いのか、工事する時、ペンキ代がかかって仕方ないだろうと余計な心配をしてみた

5 電車がやたら涼しい

思った以上に電車が涼しくて驚いた

「弱冷房車」とか、意味がわからない。常にクライマックスな冷房を効かせて欲しい。

6 外国人が多すぎる

これも、岩手では絶対あり得ない状況だ

電車に乗ると、とにかく外国語が聞こえてくる

ホテルに行けば外国専用のチェックインカウンターがありエレベーター、レストランは外国語のオンパレードだ

とにかく、外国人が多い。メチャクチャいる。

こんな環境で育てば、語学もそうだが、文化の違いを受け入れられるような柔軟な人間になるのだろうと普通に思った。岩手県民は外国人が珍しいので、話しかけるどころか、警戒さえしてしまう。そんな自分を恥じた。ああ。これからはもっと積極的に話しかけようと思った

それにしても、多かった

7 おじいちゃんのスマホ、タブレット率がやたら高い。本よりもスマホ、タブレット

電車で日中は移動して仕事していたわけだが、ビックリするくらい、スマホ、タブレットの高齢者利用率が高かった

タッチペンもお手の物で、とある日は斜め前に立っていたサラリーマンの方がiPadだろうか?10インチくらいのタブレットでずっとFacebookをやっていた。デカくて重くないのか、不思議だったが、タブレット率がやたら高いのが驚いた

たけPも関東在住で電車ではiPad mini 4を使いまくりだ。そして、当ブログのランキングでも、iPad mini 4関連の記事は安定してPVを稼ぐ人気記事だ

やはり、関東ではタブレットの需要があるのだろう。あれだけ、電車で使っている人が多いと、確かに「そんなに良いのか?」と思ってしまうだろう

で、検索して、ウチがヒットする感じだろうか?岩手では見られない光景だった

ただ、本を読んでいた人がいないというわけではない。いるのだが、それ以上にスマホ、タブレットの利用率が異常に高く、普通に驚いた

8 渋谷スクランブル交差点、22時過ぎなのに盛岡さんさ踊りMAX並の人出

g.O.R.iさんと散策・食事に行った際、スクランブル交差点に連れて行っていただいた

22時過ぎていたが、ビックリするくらい、人がいて「え?今日はさんさ踊りの最終日か?」的な人の多さだった

盛岡で最も人が多いのがさんさ踊りの最終日。町は人でごった返すが、この状態が渋谷の22時で再現されていてg.O.R.iさんによると「曜日、時間によってはもっと多いですよ」とのことだった

これより多いのか・・・。と普通に驚いた

後でタクシーの運転手さんに言われたのだが、盛岡の人口が30万人行かないくらいだったはずで、東京は1200万人だそうだ。新宿・渋谷にも多くの人がいると言うことだったので、普通に考えて、あのくらい人がいるのは当たり前なのだという。

でも、アレはさすがに多すぎる。人疲れしないのだろうか?と思った

9 21時を過ぎてもどこの信号がピコピコにならない

これ、タクシーの運転手さんに爆笑されたのだが、東京は、21時を過ぎても信号がピコピコにならない

盛岡は速いところだと20時からピコピコになることもあり、まあ、交通量が少ないので何も問題無いのだが、夜でも普通に赤信号だとなんかビックリする。18時くらいの感覚になってしまうのだ。恐るべしTOKYO

10 Yahoo!乗り換え案内がないと、どこにも行けない

g.O.R.iさんに、事前に聞いていた「Yahoo!乗り換え案内」のおかげで、私は何とか出張を乗りきることが出来たと言える

アレがなければ絶対に無理だっただろう。ホームまで示してくれるので、超絶便利だ

マジで神アプリのYahoo!乗り換え案内、東京に行く時は、必須だと感じた

なお、外に出た時のYahoo!地図は残念ながらGoogleMapには勝てない感じだった。駅はYahoo!乗り換え案内、外に出たらGoogleMapというg.O.R.iさんオススメセットが良いと思った

11 汗がやばい。これが東京の夏なのかと痛感した

岩手は車社会なので、車に乗れば、基本涼しい

あと、朝晩は涼しい。これが決定的に東京と違う。

東京は朝から暑いので駅に着くまでに汗だくになる、で、電車で冷やされる。目的の駅に着くとまた歩く。また汗だく、これの繰り返しで、簡単に下痢になれるのだ

超絶下痢野郎の私は汗のせいで腹を下しまくった。マジで東京は無理だと感じた

駅ごとに着替えを準備するくらいじゃないと無理だが、接続が短く、すぐ次の電車に乗る必要があるので、それも難しい

とにかく、汗がやばくて大変だった。お陰様で体脂肪率がガンガン減ったくらいだ。東京に行くと痩せることができるが、下痢になる。難しい決断だ

12 g.O.R.iさん、村田さん、佐藤さん、ハセさん、みんな熱すぎて、温暖化の原因と感じた

g.O.R.iさんも、AppBank Store村田さんも、DAQ佐藤さんも、KODAWARIハセさんも、みんな熱い。熱すぎて大変だった

皆さん、口を揃えて「部長さんは記事の通りのイメージですね」と言って頂いたが、それはこっちも同じセリフで、皆さん、よく語る。熱く、情熱的に語る

私もそういうの大好きなので、つい話が盛り上がる感じだ。また会いたいと思うが、確実に東京の気温が3℃くらい上がっている原因になっているだろう

特に、佐藤さんはヤバかった。

13 萌えは逃げる

ハセさんに連れて行かれたメイド喫茶で事件は起きた

名言「萌えは逃げる」が炸裂し、私はメイド喫茶にハマった

その後の打ち合わせで、他の広報の方(特に佐藤さん)と、メイド喫茶に行こうじゃ無いかと無駄に盛り上がり、次、いつ東京に行けるかわからないが、多分私と佐藤さんは萌えキュンな時間を過ごすことだろう

ああ。萌えは逃げる。要注意だ。

まとめ

最高に楽しく、最高に良い思い出になった東京遠征だったが、強行日程だったため、かなり疲労も蓄積した。ま、でも、楽しかったので良しとしよう

今度行く時は、今回の遠征を踏まえた行動ができると思うので、もっとナイスに、もっと情熱的に良い感じで皆さんとお会いできればと思っている

今回残念ながら日程の都合でお会いできずじまいだった広報の方もいらっしゃるので、次回はぜひという思いもある

部長GO!、次回がいつになるのかわからないが、今回はこの情熱的な旅を、一旦幕引きとさせていただければと思う

本当に、g.O.R.iさんを始めとした皆さん、ありがとうございました。突然の遠征にもかかわらず、時間を作っていただきまして、光栄でした

次はちゃんとお土産持っていきます。手ぶらでスイマセンでした・・・。

これからも、部長ナビと、当ブログをよろしくお願いします。

 

2016年8月7日

部長GO!・完

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索