長期連載6「部長GO!〜SHOW CASE秋葉原は東野店長、ハセさん、はるちゃんの魅力に萌えキュン!〜」

私は秋葉原にいた

そうだ。この日、私は最もお世話になっている「部長ナビのサンプルレビュー」を作り上げていただいたiPhone関連アクセサリ取扱企業「KODAWARI」の実店舗「SHOW CASE」に向かっていた

忘れもしない2015年5月

当時、部長ナビのページはAmebaで運用し、たけPと二人で色々記事の打ち合わせをして、好き勝手なことを書いていた

たけPが、iPhone 5sに使っていた「Alloy X」と言うアルミバンパーのiPhone 6版を取り扱っていたのが、秋葉原に実店舗SHOW CASEを持つ株式会社KODAWARIだった。

私は、Alloy Xの写真を見て「これ、イヤホンジャック大丈夫か?」と直感で感じたのだ。ギリギリな気がした

そこで、KODAWARIに直接電話をしたのだ。多分、この時に対応していただいたのがハセさんだろうと思う。たぶんだが

そして、色々話をしていく中で「レビューをしていただきたい」という風になり、気付けばサンプル品が送られてきて、そこから先はご存じの通り、もう、KODAWARI取扱商品をいくつレビューしたかわからないくらいだ

しかし、当時「サンプル送付」なんて知らなかった私に提供を申し出てくれたのがKODAWARIだったのだ。この出会いが無ければ、今の私は無い

この「部長GO!」における様々な方との出会いは、今の私を形作っていただいたいわば「奇跡」の出会いの物語なのだ

連載の最後のブチョストップが秋葉原だったのも、何かの運命だろう。満を持して、私は秋葉原駅で降り立ち、Googleマップを片手に、SHOW CASEへ向かったのである

そうだ。

ハセさんに「ありがとう」を伝えるために、私は秋葉原へGO!したのだ。

「部長GO!」クライマックスの瞬間だった

スポンサーリンク

SHOW CASEに到着!

SHOW CASE01

ここが、「部長ナビの発祥の地」と言えるSHOW CASE秋葉原店だ

SHOW CASE02

店内は、見慣れた商品がズラッと並ぶ

ITG PRO Plusやアルミノシリケートも全商品が満載状態だ

SHOW CASE03

セール品も所狭しと並ぶ

左奥には、iPad用のITG Plusが見える

SHOW CASE04

逆サイドはMINIOTを中心としたケースが並んでいた

SHOW CASE05

カラフルなケースもたくさんある。よりどりみどりだ

SHOW CASE06

AndMeshもあった。

佐藤さん(クライマックス佐藤)も喜んでいるだろう

SHOW CASE07

これは、SQUAIRだ

これも、DAQの商品なので、佐藤さん(クライマックス佐藤)も喜んでいるだろう

修理が、SHOW CASEの1つの大きな売りだ。その技術、最高級。でも、技術だけじゃ無い「売り」がそこにあった

SHOW CASE14

SHOW CASEの業務として「iPhone修理」というモノがあり、これが、非常に質が高く、人気を博している

ちなみに、私が取材で訪問している間も、ひっきりなしに修理を依頼するお客さんが来ていた

とんでもねえ。ああ。とんでもねえぞ

なんでこんなに修理の客が来るんだ?その秘密を考えてみた

SHOW CASE08

もちろん、その作業に抜かりは無い

最高級の技術、手際で、全ての修理が素早く、確実に進んでいく

見ていて、惚れ惚れする作業を目の前で見学させていただいた

SHOW CASE09

力作業も必要なようだが、軽々と行うその様は、男の私から見ても惚れる寸前だ

なぜこんなに良い感じなのか、じっくりと観察することにした

SHOW CASE10

見よ、このボディを!

店長の東野さんは、この鍛え抜かれた肉体で、力仕事も軽々とこなしていた

こんなにタンクトップが似合うiPhone修理店長が他にいるだろうか?ああ、東野さんだけだと断言できるだろう

では、その魅力にクローズアップしてみよう

SHOW CASE11

これだ

この筋肉がSHOW CASEの大きな魅力の1つ

まさに、萌えキュンだ!

SHOW CASE12

このネジの小ささがわかるだろうか?

修理に必要なのは筋肉だけでは無い。繊細さも必要だ。東野さんは両方を持ち合わせているスーパー店長だ

私なら、くしゃみで一発でネジを無くし、速攻クビになることだろう。ああ。萌えキュンだ!

SHOW CASE13

iPhoneのパネルを外すところなんて、初めて見た

スゴいとしかいいようが無い。詳しくはわからないが、手際の良さと集中力は特筆すべきだ。そりゃお客さんがひっきりなしに来るはずだ

SHOW CASE15

何をしているのか全くわからないが、黙々と作業は続き、あっという間に修理は完了した

しかし、伝説はここから始まるのだった

はるちゃん登場!はにかんだ表情に萌えキュン!

SHOW CASE28

もう一人、修理を始めたスタッフが現れた

その名ははるちゃん

この、繊細な指先からは感じられない、安定した手さばきで修理を行っていた

SHOW CASE29

女性ならではの優しさで、隣の東野店長とは対照的に、優しい微笑みが、修理を依頼した人に安心感を与える

東野店長の力強さ、そして、はるちゃんの細やかな作業にもちろん、萌えキュンだ!

ハセさん登場!部長ナビをレビュアーにしてくれた恩人に、アルミノシリケートを貼ってもらったぞ!

SHOW CASE32

はるちゃんの隣で、浴衣姿のハセさんが私のiPhone 6s Plusにアルミノシリケートを貼り付けてくれた

前のフィルムがだいぶ傷ついていたのでちょうど替え時と考えていたため、アルミノシリケート(ガラスなら、これがナンバーワン)を貼っていただくことに!

SHOW CASE33

AndMeshを付けたまま、私のiPhone 6s Plusに貼付作業をしてくれるハセさん

浴衣に萌えキュンだ!

SHOW CASE34

驚いたのはアルミノシリケート最大の売りである「ガイドピン」を使わずに貼付を行うのだ。Oh!なんてこったい!

スゴすぎるぞ!

SHOW CASE35

見事に貼付完了!

私のiPhone 6s Plusがアルミノシリケートに包まれた瞬間だった!

ラスト、東野のアニキのステキショットでお別れ!

SHOW CASE37

アニキいいいいいいいいいいいいい!

なんてステキ!まさに、萌えキュン!

ハセさんと会食へ。まさかの「秋葉原名物」メイド喫茶!

ハセさんが私を連れて行ってくれたのは、まさかの萌え萌え系メイド喫茶だった!

メイドさんの写真を撮ることはできないとのことだったので、できる限り可能な写真を許可をいただいて撮影してきた!

なお、ハセさんに無理矢理連れて行かれたので私は仕方なくメイド喫茶に足を踏み入れた。40歳にして初のメイド喫茶。全く乗り気じゃ無かった

SHOW CASE38

なんてことだ・・・

ビル全部が萌え系だ。こんな事ってあるのか・・・。どうなってんだ秋葉原!

萌えキュンになってしまうだろうが!

SHOW CASE39

ああ。そうだ

俺は乗り気じゃ無い

ハセさんが「どうしても」って言うから仕方なく行くだけだ

全然楽しみなんかじゃ無い

入店して頼んだのは、「みっくすじゅーちゅ」と「萌え萌えオムライス」だ!

SHOW CASE40

これが「みっくすじゅーちゅ」だ。ああ。「ジュース」ではない。「じゅーちゅ」だ

美味しくするために、魔法をかける

持ってきたメイドさんが私に言った

メイドさん「ご主人様、これから、お飲み物を美味しくするために、魔法をかけますので、ご主人様もご一緒に魔法をかけていただけますか?」

部長「喜んで!」

そこから、宴が始まった

メイドさん「では行きますので、手をグーにして、ほっぺのところに持っていって下さいませ」

部長「こ、こうですか?」

メイドさん「そうです!ご主人様!では、魔法かけますので、私に続いて言ってくださいね!」

部長「は、ハイ!」

勘違いするな。仕方ないのだ。イヤイヤやってるのだ

メイドさん「おいしくなーれの魔法」

メイドさん「萌え萌え」

ハセさん「萌え萌え」

部長「萌え萌え」

メイドさん「きゅんきゅん」

ハセさん「きゅんきゅん」

部長「きゅんきゅん」

メイドさん「おいしくなーれー」

ハセさん「おいしくなーれー」

部長「おいしくなあああああれえええええええええええええええええ!!!!!!!」

( ゚д゚)ハッ! 

しまった!

全力でやってしまった!

い、いけない!自分を取り戻さないと!

そして、萌え萌えオムライスが来た!

メイドさん「ご主人様、ケチャップで何を書きますか?」

部長「ヒ、ヒヨコで!」

メイドさん「わかりましたぁ!」

SHOW CASE41

ヌアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!

恐るべしメイド喫茶!

危なくハマるところだった!

ラストに萌えの真実を教わる

メイドさん「では、ご主人様、萌えが逃げますので、お早めにお召し上がりくださいね!」

部長「え?萌えって逃げるんですか?」

メイドさん「はぁい!萌え萌えは逃げちゃうんです。お急ぎください!」

部長「い、急いで食べなきゃ・・・!」

部長「モグモグモグモグ・・・。ブフォ!き、気管に入った・・・。ゲホッ!」

ハセさん「部長さん、じゅーちゅ!」

部長「ごくごく・・・。ふう・・・。」

ああ・・・

悔しいが、完全萌えキュン

たった一回の訪問で打ち抜かれた

恐るべしメイド喫茶。

最後にじゃんけんをしているお客さんもいた。何かのイベントだろうか?

秋葉原を満喫した俺氏、ハセさんと、メイドさんとの別れに涙

楽しかった東京遠征もこれにて終了

しかし、私は誓った

また、メイド喫茶に来ることを。ああ。絶対来る。

次はたけPと来よう。たけPにも萌え萌えの魔法をかけてやる!

ああ。Messengerでとりあえず報告しておくか

部長「メイド喫茶、ヤバかった」

たけP「萌え萌えじゃんけんは?」

えええええええええええええええええええええええええええええええ?

き、貴様、まさか・・・

PS

もらった「ご主人様認定カード」、家宝にします

あ、そうだ。メイドさんのQRコードをあるから、Twitterフォローしなきゃ

 

〜次回予告〜

次回は最終回、g.O.R.iさんからいただいたお土産紹介と、東京のまとめを行いたい

衝撃のメイド喫茶で幕を閉じた部長GO!であったが、非常に楽しく、充実した遠征であった

仕事の後の各広報の方との会食等は実際にスケジュール的にキツいところもあったが、それ以上に楽しかった。メッチャ楽しかった。

ああ。また来よう

そうだ。私は、また来るのだ。萌えキュンに!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索