長期連載5「部長GO!〜次のブチョストップは歌舞伎町の有名焼き肉店!メチャクチャ熱いAndMesh佐藤さんは、株式会社DAQ副社長だったぜ!〜」

スポンサーリンク

第5回「次のブチョストップは歌舞伎町の有名焼き肉店!メチャクチャ熱いAndMesh佐藤さんは、株式会社DAQ副社長だったぜ!」

私は夜の闇をさまよっていた

仕事で疲れ果てた体に鞭を打って、夜でも昼のようなTOKYO・新宿

盛岡は朝晩は涼しくなり、非常に過ごしやすい。しかし、TOKYOはそういうことが無い。朝も晩も暑いのだ。ああ。ムチャクチャだ

しかし、人が賑やかで、いつでも明るい雰囲気はなぜか嫌いになれなかった

そんな街、新宿の西口奥に「歌舞伎町」という街があった

佐藤さんオススメの有名焼き肉店がある歌舞伎町で待ち合わせ私は、疲れているにもかかわらず、非常に楽しみで期待に胸が躍った

なぜなら、佐藤さんの熱さは、Messengerでよくわかっていたからだ。

【レビュー】AndMeshはこだわり抜いた持ちやすさのオシャレな国産iPhoneケースだ!
【レビュー】AndMeshはこだわり抜いた持ちやすさのオシャレな国産iPhoneケースだ!
こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です AndMeshより、「AndMeshケース」をサンプル提供いただ...

↑この記事で書いた通り、私は、商品そのものもそうだが、広報や企業の方の「心意気」みたいなモノを非常に大切にするブロガーだと思っている

無機質的なレビュー記事を書くのではなく、その会社ごと好きになって欲しい、買い物をするというのはそういうことだと思っているので、私は、広報の方とのやり取りに非常に気を遣うのだ

そんななか、当然、g.O.R.iさん、AppBank Store村田さん共に熱くて熱くて仕方のない人達ばかりだが、この「佐藤さん」も群を抜いた熱さを持つ。みんな先生やったら良いのに、と教員の私は思うほどだ。それほど皆さん、熱いし、情熱のかたまりだ

その中でも、特に熱いのが、この佐藤さん

焼肉と言う事もあったが、私は佐藤さんとどんなお話が出来るのか、非常に楽しみだった

部長GO!ブチョストップの焼き肉店に到着!待っていたのは佐藤さん!

実は、g.O.R.iさんにお会いした時「佐藤さんって副社長ですよ」って教わっていたので、マジか!と思って、聞いてみた

佐藤さん「ハイ!そうです!よろしくお願いします!」

来た。私の人生における法則がここでもまた炸裂

偉い人ほど謙虚という法則だ。絶対この人、やり手で、頭もキレて、企画力もあり、人望も厚いんだろう。でも、決して偉そうじゃ無い、それがスゴい。やはり一流の人はスゴい。みんな謙虚だ

部長「スイマセン、連載用の写真撮って良いですか?アイキャッチになるんで、カッコよく」(アイキャッチってのは、トップページにでる、記事イメージを表す小さい写真のこと)

佐藤さん「わかりました!」

DAQ AndMesh03

ブハハハハハハハハハハハハ!

わかってねえ!この人、わかってねえ!

アイキャッチになるって、オレ言ったのに、絶対わかってねえ!

今までの「部長GO!」のアイキャッチ達

1 g.O.R.iさん

g.O.R.i16

うーんステキ。さすがg.O.R.iさん

2 AppBank Store村田さん

AppBank Store02

DELLだけど、ステキ!(DELLは社内事情のため、仕方ない)

3 一応、俺

IMG_4446

まあ、そこそこでしょ。g.O.R.iさんから、シールとTシャツいただいたので、記念撮影しました!

4 DAQ副社長・佐藤さん

DAQ AndMesh03

ブハハハハハハハハハハハハ!

絶対わかってねえ!

でも、スゴいのよ、この人

とにかく、情熱がすごい。こんな人、初めて見たってレベル

佐藤さんはカメラ向けるとお茶目な表情で笑わせてくれますが、この人、スゴいです

ブチョストップで美味しく肉をいただくはずが、あまりにも話が盛り上がって、店員さんに「このペースだと、お料理全部出し切れなくなるので、スイマセンが急いで食べてくださいますかと怒られる始末。人気店なので、次の予約もあるらしく、とにかくヤバかったが、この方とお話ししていると「食べるのなんかどうでも良い、とにかく話したい」そう思わせる人なのだ

普通、私が話をすると、だいたいの人は耳を傾けてくれる

しかし、佐藤さんは、燃えたぎる私の「部長トーク」をも上回る熱さと情熱で、さらに「ナヌー!」という話を展開してくるのだ。これはスゴい!ビックリした。さすが副社長!

とにかくヤバかった

話の内容は多岐に渡るが、特にDAQが扱っている「AndMesh」「SQUAIR」については、とにかく熱かったし、「え?そんな話が裏にあるの?」ってくらい、商品作りに心を込めて、それこそ「命をかけて」良い商品を作り、お客さんに届けようとしていたのだ。ビビった。ああ。マジでビビった

一応、肉紹介

話が盛り上がりすぎて、なに食べたのか忘れたが、一応紹介しておこう

EOS 70D取り出す暇もスペースもなく、iPhone 6s Plusで撮影してきた

DAQ AndMesh05

付け合わせのナムル。食べなかった(笑)。話盛り上がりすぎて・・・

DAQ AndMesh04

ユッケ

ウマかった気がするが、話が面白くて、味など覚えていない

DAQ AndMesh02

これはヤバい。マジでヤバかった。さすが新宿・歌舞伎町。ヤバい店だ

この厚さで、溶けるような柔らかさ、ジューシーなのにしつこくない。さすがだ

DAQ AndMesh01

たくさん肉が出てきて、説明もしてもらったが、時間がなくて、次々食べたので、よくわからなかった。が、ウマいことは間違いないが、佐藤さんと行くなら、間違いなく、個室のチェーン店の居酒屋だ。間違いない。話が盛り上がりすぎて、コースとか頼んでる場合じゃ無い

もしくは、公園だ。公園は良いかもしれない。無限に話ができる。そうだ。次は公園にペットボトル持参で会うことにしよう

それが良い。だって、こんなに熱い話、途中で切られたら、たまったもんじゃ無い

まとめ

実は、この後、2次会も行った

そこで、衝撃的なサンプルを取材し、後でレビューすることになったので、お楽しみに!

とにかく熱い佐藤さん、最初から最後までクライマックスというのは、電王の「モモタロス」の名言で、私の授業ではよく使っているセリフだが、私以外で、この「最初から最後までクライマックス」という言葉がピッタリに合う人に私は人生で初めて会ったかもしれない。私に会ったことのある人はわかると思うが、この佐藤さん、私と同じ熱量を持つと言えばイメージしやすいだろう。ぜひ教員になって欲しいと強く思った。絶対人気教師になれる。

それくらい、佐藤さんとの出会いは衝撃だった。

部長GO!、まだまだ熱は冷めない。夢も覚めない。新宿の熱い夜はますますヒートアップ!

次回も、さらなる大物との出会い、そして、まさかの遠征があなたの脳を直撃する!

もう一度繰り返すが、佐藤さんは、株式会社DAQの副社長だ。情熱のある、私の大好きなタイプの人間で、また是非会いたいと心から思った

Messengerでお礼と共に、再会をお願いしてみた

部長「マジでスゴい楽しかったです。また東京来れたら、お会いしたいのですが」

DAQ AndMesh03

佐藤さん「喜んで!」

ああ。スマン。ネタだ。面白かったから。佐藤さん、ゴメンナサイ。(問題があれば、記事を修正します)

 

〜次回予告〜

第6回は、場所を大きく移して、ブチョストップの聖地に足を踏み入れることになった俺氏

まさかの展開に、どうなる部長?無事、盛岡に帰ることは出来るのか?気になる次回は近日公開!

純日本製iPhoneケース | SQUAIR(スクエア)公式サイト
純日本製の金属製iPhoneケースブランド「SQUAIR」公式サイト。最高級スマホケースとしてテレビや雑誌に多数掲載の「The Slit」をはじめとして、全モデルがデザイン、製造、組み立てまでの全行程を日本国内で完結された「最新伝統工芸」を世界中に展開 しています。

↑こちらが、SQUAIR公式サイト

iPhone 6s ケース ブランド | AndMesh
日本製エラストマーを採用した、純日本製iPad Air 2 ケース / iPhone 6s Plus ケース / iPhone 6s ケース ブランド「AndMesh(アンドメッシュ)」

↑こちらが、AndMesh公式サイト、両方のブランドを統括するのが株式会社DAQ、佐藤さんは、そこの副社長だ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索