長期連載6「Apple Watchの真実〜宮城からの報告〜」

Apple Watch iPhone 704

スポンサーリンク

第6回「宮城からの報告」

彼は「おこP」と言った

彼は、宮城の当ブログスタッフ

ブロガーでもなければ、SEでもない。カメラマンでもなければ、プログラマでもない。そうだ。彼は何でも無い

そんな彼が月間55万PVの当ブログスタッフである理由、それは、誰にも真似のできない「買い物」だった

頼んでないのに買う、紹介した瞬間に買う、記事をアップして5分後には買ってる

それが、おこPだった

彼は「ボンバー師匠」と呼ばれ、その後「キングボンバーマン」に昇格した

宮城の誇る変態、それが、おこPだった

岩手に無くて、宮城にあるモノ、それはApple Storeだ

正確に言うと「Apple 仙台」から、彼の興奮気味の報告が送られてきた

予約して、Apple Watch Series 2の試着をしまくるおこP

スタッフにはチラッと話したが、Nike+モデルを購入「した」とは言って無かった。

だが、おこPは、その独特の嗅覚で何かを感じ取り、新発売となるNike+モデルの試着を試みたのだ

アイキャッチ画像にある通り、彼が試着したのは「ブラックバンド」のモデルだった

ホワイトのかっこよさと、ブラックの「穴のシルバーの主張」に揺れる僕

上の写真をよく見て欲しい

ブラックバンドは、穴の部分がシルバーなのだが、僕は「主張が強い」様に見えた

黒がメインのはずなのに、シルバーの色が前面に出て見える気がした

「コレ、思ったより、シルバーが強いな・・・」

そう思った僕は、おこPの写真に打ち抜かれた

IMG_4754

これだ

よく見て欲しい。「奥にあるホワイトバンドモデル」が思ったよりカッコいいのだ

実物を見ないとわからないこともあるのだが、ホワイトバンドは、基調がシルバーで、穴の部分がホワイトだ

普通に、日中でも使いたいと思っていた僕にとっては、こっちの方がさりげないデザインでカッコいいような気がした

僕は決断した

この写真が送られてきてから、僕は、即、ブラックを予約キャンセルし、ホワイトを予約し直した

だが、この時点では、前言った通り、長期連載にはならない

この決断の数日後、とうとう彼が動き出すことを、まだこの時点で、誰も知るよしなど無いのだ

 

秋の風に揺れる木の葉は、季節の変わり目で葉の役目を終え、枝先から落ちるかどうかのギリギリの部分で踏みとどまりながら、風が吹くまま、踊るように舞っていた

僕も、1枚の写真で、簡単に決断を変え、木の葉のような軽さで、自分の買うモデルを変更した

当然だが、この変更は、記事にしなければ誰も知ることはなかった

だが、敢えて記事にしたのは意味がある

 

全ては、夜空に光る星だけが知っていた

次回、物語は急展開を迎える

 

〜次回予告〜

動き出す「彼」とは誰なのか?

新しい「主役」が登場するのか?

全ては次回、明らかになる

気になる最新第7回は明日の更新を待て!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索