長期連載8「男達のAppleWatch〜部長のAppleWatchレビュー〜」

【レビュー】Apple Watchを5ヶ月使ってわかった14のこと〜生活に欠かせない機能満載〜
【レビュー】Apple Watchを5ヶ月使ってわかった14のこと〜生活に欠かせない機能満載〜
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 2015年5月にApple Watchを購入し、5ヶ月使い倒した!今だからこそわかっ...

Apple Watchの5ヶ月使用レビューもどうぞ!

第8回「部長のAppleWatchレビュー」

今日(5/2)午前にたけPとガストで会い

実際にAppleWatchを触ってきた
触った者でしか分からない
あの、なんとも言えない感覚を
何とか文章でレビューしたいと思う
動画も考えたのだが
名前が表示されてしまうのと
色々通知が出てしまったときに
モザイクかけたり編集するのが
大変かなと思って写真だけ撮ってきた
まず
一つずつ、その特徴を見ていこう
1 外観
たけPのモデルは
42mmのアルミモデルだったが
正直、思ったより、大きくは無かった表示項目は選べるので
私のミラネーゼが届いたら
自分なりにカスタマイズして
またその情報をお届けしたい
たけPのチョイスは
時刻の他に「日付」「曜日」
「カレンダー」「気温」
「アクティビティログ」
「東京の時刻」となっている
わたしがどうカスタマイズするか
楽しみにしていて欲しい

{9414A9F2-D71F-4025-AB12-E16810862AE2:01}
私の愛用している
SEIKOの電波ソーラーと比べて
それほど大きさが変わらないのに驚いた
もっと大きいと思っていた

{14DA3391-2881-4CE4-9853-C7C778303536:01}

実際に着けてみると

こんな感じで、
実はSportsのバンドも
黒であればスーツ、ワイシャツに
問題なく溶け込むことが分かる
コレは大きな発見であった
2 装着感
Sportsのバンドは
「フルオロエラストマー」というゴム
であり
たけPとは結局1時間半くらいいたので
装着時間は1時間弱だと思う
店内はそれほど暑くは無かったが
AppleWatchを外してたけPに返すとき
汗ばんでいて、
バンドがやや濡れていたのを見て
夏はこのバンドは
汗かきには厳しいと感じた
不快では無いが、濡れたままにすると
バンドにも手にも良くないだろう
なお
すでに情報としては

かなり出回っている

「自分の方に手首を向けるとオン」
「手首がこちらを向かないとオフ」
というのは想像以上に正確に働く

ビックリである

3 通知

バイブで通知が来ても
自分の方をむけない限り
AppleWatchは表示を行うことはない
ただ、バイブ通知のみをして
あとは、手首を返すのを待っているのである
もちろん、iPhoneのバイブは鳴らないので
AppleWatchのバイブは絶対に他人にはわからない
よって、
仕事中であっても
問題無く、ポケットにiPhoneを入れておいて
通知はAppleWatchで受け取ることが可能となるただ
「電話」に関しては
今日、たけPと実験したのだが

電話の場合のみ
AppleWatchとiPhone5Sと両方バイブが来た

なんでそうなのかはよくわからないのだが
電話だけは両方バイブが鳴る
もちろん
iPhone5Sからでも、AppleWatchからでも
通話は可能であるので
ちょっとで済む場合は
AppleWatchで通話を済ませてしまう
もしくは
「今、AppleWatchで受けてるので
iPhoneに切り替えますから少々お待ちください」
と言いながら電話出来る場所
(ウチの学校だと、更衣室)
に移動して、
iPhoneに通話を切り替えるなんて事が出来るようになる

今までは
「机の上でiPhone6がバイブ通知をしているのに気付かず
そのまま仕事をしていて着信を取り損ねる」
と言うことが何度もあった
しかも
ここ数週は「取り損ねてはいけない」電話が多く
実は、ポケットに入れていても、
歩いているとバイブ通知は意外と気付きにくいのである

それが
AppleWatchで通知を受け取ることによって
近くにiPhone6さえあれば、確実に
あの独特のバイブで通知を受け取れることになる
コレがどれだけストレス解消につながるか
想像しただけで、早く欲しいと痛切に感じる

たった1時間弱しか触っておらず
しかも、LINE、電話しか通知は見ていないが
たったそれだけで十分に可能性を感じられる
それがAppleWatchであるのだ

4 活動量計としての機能

AppleWatchは
アプリと連動して
様々な活動量計としての役割を担うらしい
コレについては
今日は時間がなくて全部試せなかったので
実際にミラネーゼが到着してから
レビューをあげていきたいと思うが
通知だけでかなり使える要素満載なのに
これに、健康管理も自動でしてくれる機能が付くとなると
もう、たまらないデバイスとなる事は間違いない

あー、早く届かないかなー

本気で今日はそう思った

秋田に来るときの車の中でも
容赦なく通知がガンガン来る

VoyagerLegendを付けているので
通知音はわかる
しかし
アプリの試用のために
フロントガラスに付けたアタッチメントに
iPhone6を装着しているので
通知の内容が見えない
LINEってのはわかるが、誰からのラインかわからない
すぐ返信が必要なのか、流して良いのか
全くわからない

Gmailに至っては、
件名しか通知されないので、内容がサッパリわからない
特に、中学校からのメールは
非常に重要なモノが多いのだが
「○○中学校 教諭 ○○」と言う件名が多いので
コレでは、メールの内容がわからないのである
もちろん
iPhone6を取り出してメールを見ていたら
危険極まりないので、それは不可能であるから
「大丈夫なんだろうか・・・」と思いながら
通知を見れる時をただひたすら待つしかない
それが
AppleWatchを身につけていれば
デジタルクラウンをちょっと回せば
メールの内容はだいたいわかるので
あとは、LINEはスタンプのみの返信だが
Gmailがどう返信なのかちょっと確認して
Apple純正のメールアプリであれば
例えば「音声入力で返信可能」と言うことなら
Gmailのアカウントをメールアプリに登録すれば
それで終了なので、その辺も確かめてみたい

保護者、生徒、教育関係機関とは
LINE、メール等様々な手段でやり取りをしているので
AppleWatchでの対応がどれくらい出来るのか
コレが非常に今後の私の仕事を左右する大きなモノである
できれば
LINEもスタンプだけではなく、
音声入力に対応してくれると非常に助かる

SiriもAppleWatchでは使えるので
たけPが私の目の前で
実際にメッセージを送信することを実演してくれた
コレは本当に便利である
(私も毎日あやかぜに電話をするが
それも、AppleWatchからかけることが可能であるし
電話がつながらないときは
AppleWatchからメッセージを送れるのは非常に便利)
子供達にも
iMessageをよく送るので
それがAppleWatchで完結するのは素晴らしいのである

と言うことは
音声入力に関しては
あとはサードパーティーに何とか頑張っていただいて
多数のアプリで対応してもらえれば
もっともっとAppleWatchが使えるデバイスとして
今後活躍の場を広げるのでは無いかと思っている

早く今月下旬になって欲しいが

まあ、はやる気持ちを抑えて
何とかSEIKOの腕時計で頑張っていきたい


SEIKOの腕時計
最近調子悪いんだよなー

もう、5年くらい使ってるのかな?
調子悪いです・・・

皆さんが思っているより
AppleWatchは便利です

ただ
通知がそれほどない人
(例えばあやかぜ)は不要かもしれませんが
あやかぜは、電話しても出ないことが多い人なので
(iPhone6をいつもカバンに入れている)
AppleWatchがあると、
とりあえず、誰から着信があったかはわかるし
それが、小学校や病院からであれば
走って職員室戻って、電話対応が可能になる

うーん

電話だけで考えても
やっぱり使えるな。AppleWatch。

今年のクリスマスプレゼントで
あやかぜにプレゼントしてあげようかな?

もちろん、ピンクバックルのアレね

ちょっと後で聞いてみようっと!

~次回予告~

次回は、ミラネーゼが到着してからの
私のAppleWatchの設定、注意点や
使用してみてわかったこと
活動量計の役割、使い勝手はどうなのか?

あたりをまとめていきたいと思う

よって、明日は「男達のAppleWatch」ではなく
別の長期連載シリーズをお届けする予定である
内容は未定なので
(実は今、水下痢でかなり腹が大変なことになってる)
ちょっと明日まで待ってください・・・

何とか、21時の記事はちゃんと書き続けるのでね

と言うわけで、明日の21時もご期待ください!

【レビュー】Apple Watchを5ヶ月使ってわかった14のこと〜生活に欠かせない機能満載〜
【レビュー】Apple Watchを5ヶ月使ってわかった14のこと〜生活に欠かせない機能満載〜
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 2015年5月にApple Watchを購入し、5ヶ月使い倒した!今だからこそわかっ...

Apple Watchの5ヶ月使用レビューもどうぞ!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索