長期連載5「アメブロ書き方講座〜更新間隔と予約投稿〜」

過去記事リンク

長期連載シリーズ「アメブロ書き方講座」記事まとめ

第5回「更新間隔と予約投稿」

私の記事を元に
ブログを書き進めていくことになると
どうしても
「複数の記事を近い時間でアップする」
という状況が生まれる

コレはコレで悪くは無いのだが

経験上
記事のストックが複数ある場合は
「更新間隔」に気を配った方が良いことに気付いた

具体的にいうと
「記事アップと記事アップの間隔は
1時間~1時間半」
というのが一番良いような気がする

アメブロには「予約投稿機能」というのがあり
「未来記事」というのだが
指定した時間に記事がアップされるというのを
事前に予約出来るシステムがあるのだ

コレを上手に使うことで
たくさん記事を書きためておいて
「1時間に一個ずつ」みたいな感じで
間隔を開けて記事をアップすることが出来る

ただ
この「予約投稿システム」にも弱点がある
それは
「Twitter連携投稿」と「Facebook連携投稿」が使えないのだ
だから
自分のブログの更新情報を
ぜひ、TwitterとFacebookに載せたい私は
残念であるが、この「予約投稿システム」は使っていない

しかし
「始めたばかりでTwitterやってない」とか
そういう場合は、この「予約投稿システム」を使って
ちょうど良い間隔で次々と記事をアップしていけば

「昼に来る」→新しい記事がアップされてる

「夕方に来る」→新しい記事がアップされてる

「夜に来る」→新しい記事がアップされてる

「寝る前に来る」→新しい記事がアップされてる

となって
ドンドン訪問したくなるブログになるのである

よって
連携投稿が不要である場合は
ガンガンこの「予約投稿」をした方が良いと思う

短い間隔でたくさんの記事をアップしても
アクセスアップには正直つながらない
(私の朝の記事がそう)
しかし、連携機能を使うので、
仕方なく、そのまま書いてすぐアップしているのだ。
本当は予約投稿したいんだけどね・・・

まあ
その辺は連携投稿との兼ね合いもあるので
どうしようも無いのだが

例えば、
真っ昼間にガンガン記事をアップしている人がいても
それは
「仕事中に記事を書いている」わけでは無く
予約投稿の可能性が高い

そう考えると
昼休みにちょっとスマホでブログチェックなんて時に
12時に予約投稿するようにしておけば
自動でアップされるので
昼休みにアナタのブログの読者が
楽しい時間を過ごせることになるのだ

あとは、15時とか16時、17時あたりが良いのではないだろうか

んで
18時以降は
本格的な記事にして
夜は2本くらいアップ出来れば問題無いだろう

一日に4~5本の記事をアップするとしたら

朝2本(予約投稿で6時と9時)

昼1本(予約投稿で12時)

夜2本(予約投稿で17時、帰ってから書いて、21時)

こんな感じで良いのではないだろうか

朝、早めに起きて
記事を書きためておけば
あとは予約投稿するだけであるので
楽に仕事には入れるはずだ

朝、全部書けるのであれば
全て予約投稿にすれば
あとはほったらかしで大丈夫である

時間になれば自動でアップなので楽勝であるのだ

これで
「テーマ」「機材」「最後にアップする記事に力を入れる」
「Twitter連携」「更新間隔と予約投稿」となり
だいぶ記事を書く方向性が見えてきたはずである

一旦、この連載シリーズはコレで打ち切りたいと思うが
また、ネタを思いついたら、連載再開したいと思う

なお、
「小見出し」や「囲み枠」に関しては
他のアメブロからタグをコピーして使わせていただいてるので
ここでは紹介しない

「アメブロ 見出し タグ」などで検索をかけると
出て来ると思うので、それで対応して欲しい

コレにて、一応
長期連載シリーズ
「アメブロ書き方講座」終了である
初心者の皆さんの
熱いブログを紹介出来る日を
楽しみに待ってます!

お気軽に連絡ください!

2015年4月30日
部長ナビより愛を込めて

~明日の予告~

明日から新「長期連載シリーズ」がスタート!
中身は未定(笑)
果たして気になるその刺激的な内容とは!

明日の21時は要チェックだ!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索