nexus5の「セルスタンバイ」問題

前の記事に書いた通り
ネットワークを「3G」に変えてみたんですが
どうしても電池の減りが改善されていないようなので
設定から電池のプロパティを見てみると
「セルスタンバイ」という文字があって
それが電池使用量の36%を占めていました

ん?

セルスタンバイ?

クロームで早速調べてみると
格安SIMカードによくある現象のようで
通話機能が備わっていないと
スマホがそれを「異常」と認識して
えー
よくわかりませんが、
セルスタンバイの状態(圏外時間100%)となって
待機か何かのために電池を異常に食うという形になるそうです

これは、かなりの確率で起こる現象のようでして
だから、3Gに変更しても、電池がスゲー減ってたわけなんですよね

んで
ネットで解決策を見てみると
「SMS機能付きのSIMカードを差す」だそうです
あー
OCNモバイルONEにはそういうカードもあったんだよ!
なんで先に言ってくれないかなー
たった数百円の違いで、こんなに電池の持ちが変わるのなら
そりゃ、SMS機能付きのSIMカードを買ってたよ・・・
本当に数百円の違いだったんですが
「SMSなんて使わないしな」ということで、
普通のSIMカードを買ったんですよ。いやーまいったな

あまりにも電池の減りがひどいようだったら
SIMカード買いなおします・・・
トホホな状況で3000円ほどをどぶに捨てたような形になりますが
まあ、仕方ないので、長く使うものですから
セルスタンバイ問題をちゃんと解決して、
3Gにして、電池を長持ちさせたいと考えております

っつーか
メールの確認をしてからだな。
今日明日でいつもみたいに突っ走って買ったりしません
契約書がちゃんと届いて、メールで写真が送れるか確認してから
新しいSIMカードを買うかどうか検討したいと思います

これから、2台持ちにする予定の方
SMS機能の付いたSIMカードを絶対に買ってくださいね
数百円の違いで痛い目見ますから…

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索