【連載】昨夜の睡眠ログ(2015/8/20夜)

どうも。部長ナビです。昨夜の睡眠ログです

image

昨日は、マー坊がブレスエアーで寝たいというので、私はベッドで寝たんですが、見事にグリシンの効果が出ていますね

寝てからの数時間は深い眠り目覚めの前はレム睡眠と、完璧な状態での睡眠じゃないでしょうか?2つ合わせて3時間20分を超えているので、眠りの半分以上が、有効な眠りということになります。良いんじゃないですかね?

やっぱり、「午後のノンカフェイン」と「グリシン」の合わせ技は最強ということがよくわかりました。ひょっとして、寝具よりも「午後のノンカフェイン」の方が大切かもしれませんね。でも、ホテルとか行って泊まると、絶対腰が痛くなるんだよな~。よくわからん・・・

寝具は深いですけど、ノンカフェインとグリシンはほぼ間違いないです。今、メッチャスッキリしてますからね。お試しあれ!

深い睡眠

深い眠りは体温の上昇と脳の活動低下を伴います。

他の睡眠段階と比べ、眠りが深くなっている間は外部からの刺激を受けることが最も少なく、眠りから目覚めることが難しくなります

深い眠りの間はヒト成長ホルモンが自然に分泌されます。免疫システムは強化され、筋肉、靱帯、傷が修復されます。また、深い眠りは記憶の正確性や脳の学習機能を促進します

レム睡眠

レム睡眠は急速な眼球運動、最小限の身体運動、または夢遊状態を伴います

脳は活発に動いているのに、筋肉は休止しているため、実際に体を動かすことなく鮮明な夢を見ることがあります

レム睡眠の最中は、脳が日中に起きた出来事を取り込み、神経結合が行われて記憶をより強め、セロトニンやドーパミンなどの気分を安定させる物質を放出します

眠りのしくみ-レム睡眠とノンレム睡眠
レム睡眠は記憶を固定させる ノンレム睡眠時には脳代謝量は低下し,脳温も下がって休息状態にありますが,入眠後の深い睡眠時に成長ホルモンが分泌されることから,能動的に組織の増殖や損傷に対する修復をはかって …
レム睡眠って重要なのね

この「深い睡眠」と「レム睡眠」が心身の健康を保つ上で非常に重要であるとの認識から、UP3のようなアクティビティトラッカー(活動量計)が発売されているわけです。

ただ、歩数とか、運動とかそれだけでは健康にはなれない、睡眠が大切だということですね。前にも書いた通り、運動メインの人は、これではなく、運動に特化した活動量計が良いと思います。あくまでUPシリーズは「睡眠」を重視したものであることをご理解いただいてからお使いください。

では、商品リンクです。よろしければどうぞ。

【日本正規代理店品】Jawbone UP3 ワイヤレス フィットネストラッカーリストバンド《心…/Jawbone
¥28,598
Amazon.co.jp

黒とシルバーがあります。部長モデルです!

【日本正規代理店品】Jawbone UP2 ワイヤレス フィットネストラッカーリストバンド ブ…/Jawbone
¥16,502
Amazon.co.jp

たけP使用モデルです。

グリシン100%ピュアパウダー 1ポンド(約454g) (海外直送品)/NOW

Amazon.co.jp

寝る前に小さじスプーンで2杯飲むと、夜起きなくなり、深い睡眠が増えます。ネットで検索するとすぐに出て来る「アミノ酸」ですので、グリシンは安全安心な「睡眠補助」グッズです。オススメですので、ぜひ、試してみてくださいね~

なお、海外発送品なので、私は到着までに1週間くらいかかりました。早めにご注文下さい(ただ、私は、必要量の3000mgを分かりやすくするために、次回から錠剤に変えるかもしれません)

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索