JAWBONE(ジョウボーン)の「UP3」+グリシンで快適な睡眠を!

image
と言うわけで、JAWBONEの活動量計「UP3」のご紹介です!

はい、買いました(笑)

んで、UP2はすでにたけPの自宅に到着しまして、睡眠ログを取り始めております。

私は、UP3で新生活をスタートさせました

まずは、動画からご覧ください

【動画】JAWBONEのUP3で睡眠ログをとって快眠をしよう!

コメント、チャンネル登録、概要欄、関連動画はこちらからどうぞ



動画のみご覧になりたい方はこちらの埋め込みプレーヤーからどうぞ

次に写真レビューでございます

image

こちらが箱でございます

色は「シルバークロス」で、上がシルバー、脇がグレーです

image
睡眠等に加えて、一番上の「心拍数」がポイントみたいですね
おいおい紹介したいと思います

image
計測できるものがズラーッと並んでおります

image
これは、UP2とあまり変わりませんね。色々計測できます

image
色々なセンサーを搭載しているようです
うーむ、どう違うのか、楽しみ!

image
箱から出しました。カッコいい!

image


裏面のセンサーは明らかにUP2とは違います。何を測るんでしょうか?

image
脇の部分のセンサーも明らかにUP2と違います。数も、迫力も、何もかもが違います

image
実際付けるとこんな感じです。マジでかっこいいです!普通にオシャレなブレスレットです

image
裏面の留め方はスライド式でUP2と同じです。

image
裏をAppleWatchと比べるとこんな感じです。黒から灰色になったので、良い感じでバランスが取れるようになりました

image
そして、表面です。

どうです?カッコよくないですか?マジ良いよね~

気になる睡眠ログ

早速寝て、計測してみましたので、ご覧ください

これが、UP3の睡眠ログです!

【2015/8/9夜】

image
深い眠り、浅い眠りに加え、セロトニン等を放出する重要な「レム睡眠」を計測します。さらに、「心拍数」を計測することで、心臓の健康状態も測れるそうです。スゴいよね~

私、てっきり「レム睡眠」って、ダメな睡眠だと思っていたんですけど、「深い睡眠」+「レム睡眠」の時間を増やすことが重要だって書いてあります。

ちなみに、この日は「深い睡眠」が少ないように見えますね。ええ。そうです

グリシンのみ忘れました(笑)。なんてこったい!

切ないですけど、仕方ありませんので、今夜はちゃんとグリシン飲んで、明日、追記を行いたいと思います。

【2015/8/10夜】

image
あれ?
グリシン飲んだのに、こんなもんか?

まあ、レム睡眠が増えているので良いか。

睡眠時間の総時間は減って、深い睡眠+レム睡眠が増えているので、良いことにしましょう!

最後に、深い睡眠、レム睡眠についての説明です

深い睡眠

深い眠りは体温の上昇と脳の活動低下を伴います。

他の睡眠段階と比べ、眠りが深くなっている間は外部からの刺激を受けることが最も少なく、眠りから目覚めることが難しくなります

深い眠りの間はヒト成長ホルモンが自然に分泌されます。免疫システムは強化され、筋肉、靱帯、傷が修復されます。また、深い眠りは記憶の正確性や脳の学習機能を促進します

レム睡眠

レム睡眠は急速な眼球運動、最小限の身体運動、または夢遊状態を伴います

脳は活発に動いているのに、筋肉は休止しているため、実際に体を動かすことなく鮮明な夢を見ることがあります

レム睡眠の最中は、脳が日中に起きた出来事を取り込み、神経結合が行われて記憶をより強め、セロトニンやドーパミンなどの気分を安定させる物質を放出します

この「深い睡眠」と「レム睡眠」が心身の健康を保つ上で非常に重要であるとの認識から、UP3のようなアクティビティトラッカー(活動量計)が発売されているわけです。

ただ、歩数とか、運動とかそれだけでは健康にはなれない、睡眠が大切だということですね。前にも書いた通り、運動メインの人は、これではなく、運動に特化した活動量計が良いと思います。あくまでUPシリーズは「睡眠」を重視したものであることをご理解いただいてからお使いください。

眠りのしくみ-レム睡眠とノンレム睡眠
レム睡眠は記憶を固定させる ノンレム睡眠時には脳代謝量は低下し,脳温も下がって休息状態にありますが,入眠後の深い睡眠時に成長ホルモンが分泌されることから,能動的に組織の増殖や損傷に対する修復をはかって …
レム睡眠って重要なのね

この「深い睡眠」と「レム睡眠」が心身の健康を保つ上で非常に重要であるとの認識から、UP3のようなアクティビティトラッカー(活動量計)が発売されているわけです。

ただ、歩数とか、運動とかそれだけでは健康にはなれない、睡眠が大切だということですね。前にも書いた通り、運動メインの人は、これではなく、運動に特化した活動量計が良いと思います。あくまでUPシリーズは「睡眠」を重視したものであることをご理解いただいてからお使いください。

非常にお問い合わせの多い、西川Airのポータブルですが、下に西川の方に質問した記事を載せますのでご覧ください。基本、普通の8cmでいいと思われます。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索