JAWBONE(ジョウボーン)の「UP2」+グリシンで快適な睡眠を!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

★2016/03/21追記
現在は、睡眠ログよりも「日中の活動ログ」に重点を置き、総合的に管理できるFitbitのCharge HRをWS-50という体重計と組み合わせて使っております。睡眠ログ中心ならUPですが、活動ログ中心ならFitbitです。お好きな方をお試し下さい

Fitbit Charge HRとヘルスケアを連携するためのアプリ「Sync Solver」を紹介
Fitbit Charge HRとヘルスケアを連携するためのアプリ「Sync Solver」を紹介
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です サンプル提供いただき、絶賛使っているFitbitのCharge HRですが、実はこれ、ヘ...
【レビュー】WS-50は、Wi-Fi接続でFitbitと連携するCharge HRと相性抜群の体重計だ!
【レビュー】WS-50は、Wi-Fi接続でFitbitと連携するCharge HRと相性抜群の体重計だ!
こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です 今回、WithingsよりWi-Fi体重計「WS-50」をサンプル提...
★2015/08/23追記
AppleWatchのホワイトスポーツバンド購入に際し、UP2が黒だったので、バランスの悪さにちょっと悩んでいたんですが、たけPにUP2を買い取ってもらえることになりましたので、私は、「深い眠り」「浅い眠り」「レム睡眠」の3段階の睡眠を計測できる「UP3」に移行しました。詳細は記事をご覧ください

JAWBONE(ジョウボーン)の「UP3」+グリシンで快適な睡眠を!
JAWBONE(ジョウボーン)の「UP3」+グリシンで快適な睡眠を!
と言うわけで、JAWBONEの活動量計「UP3」のご紹介です! はい、買いました(笑) んで、UP2はすでにたけPの自宅に到...
長期連載16「男達のAppleWatch〜ホワイトスポーツバンドの真実〜」
長期連載16「男達のAppleWatch〜ホワイトスポーツバンドの真実〜」
Apple Watchの5ヶ月使用レビューもどうぞ! 第16回「ホワイトスポーツバンドの真実」 私は、gori.meを毎...

~以下、公開時本文~

6月19日新発売の活動量計、JAWBONEのUP2でございます!

動画レビューをアップしましたので、ご覧ください

活動量計というのは「運動状況や、睡眠状態の把握」を目的としたリストバンドでして、AppleWatchと連携して、色々と便利なことを調べてくれるものです

今回購入したJAWBONEのUP2は、新発売なんですけど、「睡眠の質」についてデータを取ってくれるというのが非常に素晴らしく、もちろん、活動量計ですから、歩数や運動に関してもAppleWatchと連携して、ヘルスケアアプリで管理可能です。

もちろん、UP2独自の「UP」というアプリもありまして、UP2と連携して、色々なことを管理することができます。

まずは、開封と装着について紹介しますね

image

これが、箱になります。睡眠状態を把握することにポイントをおいていますので、右の方に「月」にマークがありますよね?これが、他の活動量計と大きく違うところです。私、睡眠の「質」にもの凄くこだわりたいので、早起きってのもありますけど、今回色々調べて、これを購入し、AppleWatchと連携させることにしました。ちなみに、AppleWatchは睡眠の質に関しては統計を取ってくれません(WatchOS2で変わるかもしれないけど・・・。電池の持ちを考えると、ちょっと無理かな?)

image

裏面がこんな感じです。ハッキリ「睡眠」って書いてあります。「寝てるのに、疲れが取れない」とか、「日によって、目覚めがスッキリしない」なんて方は特にオススメですよ。私、すでに1週間使ってますけど、かなり良い感じですね~

image

最初は左に付けて、AppleWatchと一緒に使おうと思いました
右側の黒いのがUP2です。ほとんど活動量計ってわからないですよね?

たけPの「UP2+Apple Watch」の配置〜片手で両方使うコツ〜
たけPの「UP2+Apple Watch」の配置〜片手で両方使うコツ〜
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 先日、ガスト会議が開かれ、部長、たけP、マネさんが勢揃いしました ...

↑たけPは片手に両方着けておりますので、そちらも参考にどうぞ

image

裏がこんな感じになりますが、これ、やめました。なぜかというと、「AppleWatchのボタンを長押ししてしまって、Siriが起動してしまう」ためです。ネットには、「左手にAppleWatchと両方装着する」という記事も多数ありましたが、私はちょっと無理だと感じました。

image

現在は、右腕にこのように普通に着けています。左腕がAppleWatchですね。手首の骨よりちょっと上側に着けております

image

逆がこんな感じです。バンドをスライドさせて止める形ですぐに外せます。風呂入る時は外します。薄いですが、JAWBONEという刻印があります。これで、歩数から睡眠、アクティビティまで全部管理してくれるんですね

image

これがアクティブモードを示す表示です。2回タップするとこれが光、バイブで振動して教えてくれます。この時に睡眠モードの部分を長押しすると、「これから寝ますので睡眠を調査してください」という「睡眠モード」に変わります

image

これが「睡眠モード」で、月のマークが出ます。起きたら、ここを2回タップして、月のマークを表示させ、アクティブモードの部分を長押しすると、アクティブモードに変わり、「起きました」と言うことで睡眠の質の調査、管理が終了し、iPhoneのアプリにデータが送られます。

UP2は1週間電池が持つので、風呂以外は着けっぱなしです。風呂入ってる間充電すると、いつ確認しても「残りバッテリー8日間」と表示されます。

★2015年6月29日追記

では、UP2で睡眠のログがどのように表示されるのか紹介します

image

このような感じで、「浅い眠り」と「深い眠り」の時間を計測してくれます。難しいことは何もなく、UP2を着けたまま「睡眠モード」にして寝るだけです。何もしません。

上の写真だと、5時間34分寝ていることになってますけど、深い眠りは2時間18分なので、もう少し深い眠りを増やした方が良いと言うことがわかります。なお、これについても、アプリの方で「運動を増やした方が良い」とかアドバイスをくれます。睡眠時間の目標値も自分で設定できるのが良いんですよね。

ちなみに、なんで3:30に起きてるかって言うと、「4:00に起こしてくれ」という設定をかけているのでプラスマイナス30分で、「浅い眠り」のときに、UP2が優しくバイブ振動して、「起きてください」と起こしてくれるんですね。ですから、3:30以降で浅い眠りであれば、いつ起きても同じというわけですね。深い眠りは脳が休んでいるようなので、その時は起こすことはしません。優秀です。

image

これは、スパッと起きれたときです。深い眠りがさっきより多いのがわかります。「寝た時間」もそうですけど、「深い眠り」というのが非常に大切だと言う事が分かりますよね。普通の活動量計では睡眠のログは取ってくれないようなので、UP2は体調不良の方にはピッタリなんですよ。原因が睡眠かもしれませんからね。

image

これは、夜中起きてしまったときの睡眠です。真ん中より右が浅い眠りになっているのがよくわかりますよね?夜、起きてしまって、そのあとグダグダしているとこんな感じになります。やっぱり、運動や食事って大切なんですよね。コレを見ると反省させられます・・・。ちなみに、この日はあまり歩きませんでしたね。加圧もやっていません。

image

これ、なんだと思います?
実はこれ、「マー坊が隣にくっついてきて、眠りづらかった」日なんです。何度も暑さと寝苦しさで起きましたが、こんな感じになります。ハッキリ起きているわけではないんですけど、ほとんど浅い眠りなので、6時間半も寝ているのに、寝た気がしないんですよね。脳が休まってないって証拠なんです。もちろん、マー坊にとっても良くないので、今は別々に寝るようにしました。こう言うのも、UP2買わないとわからなかったことです。特に、アレです。「赤ちゃんがいて、常に起きなきゃと感じているママ」は、こういう状況だと思うので、寝ているようでも眠りが浅くて、脳の疲れが取れないんですよね。注意力が下がったり、ミスが出たりするのは、ママのせいではないんです。眠りが浅くなるのは仕方が無いと言うことと、旦那さんが仕事休みの時は、ママになるべく思いっきり寝かせてあげて欲しいってことを、「産休、育休」中であっても「どうせ休みなんだろ?」じゃなくて、旦那さんはわかってあげるべきなんじゃないかと感じました。

image

これ、オレンジが一回ありますよね?どうやって測っているのかよくわからないんですけど、確かに、明け方一回起きたんですよ。そうなると、どうしても眠りが浅くなります。んで、もう一回寝たんですよ。「もう一本更新したら、ちょっと休みます」ってヤツね。んで、休んだのがこれ

image

わかります?全然脳の疲れが取れてないんですよ。寝ているようでも、浅い眠りがほとんどなんですね。ですから、やっぱり「夜の眠りの質を上げる」ってのが非常に大切です。そのためにはアプリにも散々言われているんですけど、「運動」です。確かに加圧やったあと寝ると深い眠りが多いように感じますので、どんなモノでも良いので、運動してから寝るというのは大切ですね。あと食事。ちゃんとカロリー計算を行って、糖質は夜に取り過ぎないようにして、睡眠時間をある程度確保するということが大切みたいです。

★2015年6月30日追記

今朝、3:30に起きたんですけどもの凄く目覚めがスッキリしていて、なんでだろう?と思って、いつも通り、UPのアプリ見たんです。

image

アレ?
なんでこんなに深い眠りが多いんだ?だからスッキリしていたのか?
と思ったらですね

image

これ。
昨日出張で、メッチャ歩いたんです。歩数が9000歩くらい行ってました。普通は5000歩程度だったんですけど、これが原因だと思います。

やっぱりね「運動が睡眠を改善する」ってのは本当ですね。歩くだけでもこんなに違うんだってくらい違いました。ですから、「ウォーキングから始めよう」なんて言いますけど、これ、本当なんですね。ぜひ、皆さんも「歩く」ことから始めて、健康的な、質の良い睡眠を取ってくださいね。敷き布団も、枕も大切ですけど、運動、メッチャ大切ですねー。ちなみにUPのアプリは、運動についても色々アドバイスしてくれます。使えますので試す価値はありですよ~

このように、非常に使える活動量計UP2ですので、ぜひ、皆さんも試してみてくださいね!

あ、そうそう。前にも言ったと思いますけど、たけPみたいに「ランニングを定期的にする」ような人は、それ専用の活動量計の方が良いですよ。私は「睡眠」にターゲットを定めているので、これ一択です。(UP3って上位モデルもあるけど、まだ発売されていない)たけPはNikeのヤツが良いんじゃないかな?でもアレは、睡眠のログは取れなかったような気がします。ま、人それぞれですのでね、よろしければお試しください

★2015年7月3日追記

夜、目覚めてしまうことがあるので、何か良い工夫はないかと思って調べていたら、「グリシン」というサプリに出会いまして、ダメ元で買ってみました

んで、おととい、昨日と飲んでから寝てみました

image

おととい。
これ、オレンジが最初にあるのは、ソファで寝ちゃって、「あ、21時の記事更新しなきゃ」って起きて、作業してからまた寝たんですよ。これさ、よく「あ、この人起きてるな」ってわかるよね。どうやって測ってるんだろう・・・。サッパリわからないけど、スゴいです。

んで、グラフ見て分かるとおり「明らかに深い眠りが増えている」のわかります?グリシンヤバいです。マジで夜起きなかったし、朝までグッスリだった。本当にヤバいです。こんなサプリがあるんだねー

でもね、1日じゃ、たまたまかもしれないので、昨日も計測しました

image

これ、昨日、やっぱりね、深い眠りが増えてます。明らかに夜起きないし、スゲーグッスリ眠れます。っつーか、グリシンって何なの?(笑)。スゴいんですけど(笑)。これ、全員買った方が良いです。海外からの直送になるので、時間かかるんですけど、ダメ元で買って試してみてください。夜目覚めちゃう人は効果てきめんですよ。

次回の追記は、AppleWatchの挙動と、他のアクティビティについてどんなデータが取れるのかお伝えしたいと思います。お楽しみに~

スポンサーリンク

深い睡眠

深い眠りは体温の上昇と脳の活動低下を伴います。

他の睡眠段階と比べ、眠りが深くなっている間は外部からの刺激を受けることが最も少なく、眠りから目覚めることが難しくなります

深い眠りの間はヒト成長ホルモンが自然に分泌されます。免疫システムは強化され、筋肉、靱帯、傷が修復されます。また、深い眠りは記憶の正確性や脳の学習機能を促進します

レム睡眠

レム睡眠は急速な眼球運動、最小限の身体運動、または夢遊状態を伴います

脳は活発に動いているのに、筋肉は休止しているため、実際に体を動かすことなく鮮明な夢を見ることがあります

レム睡眠の最中は、脳が日中に起きた出来事を取り込み、神経結合が行われて記憶をより強め、セロトニンやドーパミンなどの気分を安定させる物質を放出します

眠りのしくみ-レム睡眠とノンレム睡眠
レム睡眠は記憶を固定させる ノンレム睡眠時には脳代謝量は低下し,脳温も下がって休息状態にありますが,入眠後の深い睡眠時に成長ホルモンが分泌されることから,能動的に組織の増殖や損傷に対する修復をはかって …
レム睡眠って重要なのね

この「深い睡眠」と「レム睡眠」が心身の健康を保つ上で非常に重要であるとの認識から、UP3のようなアクティビティトラッカー(活動量計)が発売されているわけです。

ただ、歩数とか、運動とかそれだけでは健康にはなれない、睡眠が大切だということですね。前にも書いた通り、運動メインの人は、これではなく、運動に特化した活動量計が良いと思います。あくまでUPシリーズは「睡眠」を重視したものであることをご理解いただいてからお使いください。

試しに買ってみたら、かなりよかった国産グリシン1kgは、寝る前にスプーンで1杯飲むと、夜起きなくなり、深い睡眠が増えます。ネットで検索するとすぐに出て来る「アミノ酸」ですので、グリシンは安全安心な「睡眠補助」グッズです。オススメですので、ぜひ、試してみてくださいね~

なお、「寝付き」はグリシンではありません。別のものになります。あくまでグリシンは「夜起きない」「深い睡眠を増やす」ものだと思ってください。寝付きが悪い方は別のものを取るとよいそうですが、使ってませんので、そちらは紹介しません。

追加ですが、「レム睡眠」を増やすというか「レム睡眠を減らす」原因がカフェインです。午後のカフェインをやめるだけで全然違うというのは私が実感していることです。深い睡眠は運動+グリシン、レム睡眠は午後のカフェインをやめる、これで、西川Airを組み合わせると最強だと思います(たぶん)

UPとグリシンの組み合わせは睡眠管理には最強だと思います。ぜひ、お試しあれ!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索