ミズノウエーブライダーレビューと、ルナグライドの衝撃的な情報

【レビュー】ルナグライド6+スーパーフィートで疲れ知らずの毎日が待ってる!
【レビュー】ルナグライド6+スーパーフィートで疲れ知らずの毎日が待ってる!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です アクセスの多い記事として君臨しているルナグライド6購入記事であるが、もう、購入して1年近...

こちらのレビューもあわせてどうぞ

〜以下、公開時本文〜

お昼にご飯を買いに
南イオンまで行ってきました
ただ、歩いていくと、ゼビオで服を見る時間がなくなるかなと思って
車で行きました

ミズノウエーブライダーを内側から撮ると
こんな感じです。結構かっこいいですよね

外側から撮るとこんな感じ
赤いラインがアクセントとなります

んで
まずは南イオンでお惣菜コーナーで
マー坊の寿司と私のエビとブロッコリー
その他数点を買い、車に戻りました

やはり、
クッション性はNIKEとは感覚が全然違いますが
歩いてみた感じではそれほど違和感はありません
もちろん疲れた感じもありませんでした
何しろ、足の親指が圧迫されないってのが
コレがかなりいい感じでしたね

その後
ゼビオスポーツへ行きまして
秋用のウェア(上)を見てきました
残念ながらNIKEではいいものはありませんでしたが
(デザインがいいのがなかった)
なんと、私の大好きブランド「OAKLEY」の
ジャージがあるじゃないですか!
ビックリしましたが、試着するとLLでピッタリ!
ただ、8000円以上するので(上だけで)
ちょっと保留にしてきました
その後、バスケコーナーに行って
長袖を見ましたが、いいのがなく
その後、ゴルフコーナーに行って
長袖を見ましたが、いいのがなく
ゴルフコーナーでもOAKLEYを発見し
コレがまたいい感じでしたが、10000円超え(上だけ)だったのでやめました
高すぎです・・・
今あるジャージでいいです
(下は去年買ったNIKEのがあるから大丈夫)

もう少し経つと、
バスケコーナーに長袖シャツ
(ジャージまでいかないロングスリーブの部活用シャツ)が出るので
それのNIKEのやつを買いたいと思います

30分以上ゼビオにいてウロウロしていましたが
足が疲れることはありませんでした
ただ
背中とお尻のあたりがちょっと張りましたね
これは、クッションが少し違うので
体が慣れてないからだと思います
ネット上でも、この靴を履いて膝が痛くなったとか
腰が痛くなったとかという記事は一切見ないので
体がNIKEのクッションからミズノウエーブのクッションに慣れるまでは
少し我慢して履いて見たいと思います

総じて、いい感じのファーストインプレッションでした
これからゆっきー迎えに行きますが
もちろん、ミズノウエーブライダーを履いていきたいと思います

帰ってきて
ネットで私が履いていたモデルをいろいろ調べたところ
「ルナグライド+2」というモデルの限定色ということがわかりました

更に、ショッキングなことが分かったんですが
NIKEの公式ショップで
「サイズとフィットについて」というリンクがあったので
クリックしてみると、
紙を壁につけて、つま先を鉛筆で書き
実際に長さを測って、それで靴のサイズを決めるという表があったんですが
私は、その表によると、NIKEのシューズのサイズは
なんと28が適正サイズでした
27.5のルナグライドは小さかったということになります
昨日のスポーツデポの店員さんが言っていた
「当たってますねーコレ」というのが全てを物語っていますが
それさえなければ、ルナグライドで全然履き続けられたので
今回のミズノウエーブライダーについては
結局はいい買い物でしたが
ゼビオの店員さんが28センチを勧めていてくれたら
今回の買い物はなかったということになります
難しいことですが、やはり、靴というものは
ちゃんと足のサイズを測って、適正サイズを買うべきですね
あと、合うかどうかは、1週間以上履いてみないとわからないというのも
靴選びの難しいところですね

今のところ、ハッシュパピーとビルケンは
私にはバッチリあってますし
ルナグライドもサイズが合ってなかっただけだったので
NIKEのランニングシューズも大丈夫ということになります
(ただ、現行モデルのルナグライド6はいいデザインがないので、買いたいと思わないのが残念!しかも6月に出たばかりなので、来年まで待つしかない)

さあ、ミズノウエーブライダー!
これから、私にどんなウォーキングライフを提供してくれるか
楽しみですね
とりあえず、今週末は、歩く外出をしたいと思います
そして、ミズノウエーブライダーをテストしまくりたいですね
またレビューしますね~

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索