悔しいがビルケンシュトック

昨日発見したミズノウェーブですが
ビルケンよりも疲れないという記事を求めていろいろ検索して見ました
ところが、
調べれば調べるほど、「ビルケンシュトックは疲れない」という記事にたどり着くばかり
しかも、革靴に関しても
今は生産されていない「レバークーゼン」そして、定番だという「ポツダム」が
非常に疲れず、長持ちして最高の履き心地という書き込みが多数…

ああ・・・。
俺はどうすればいいんだ…

失意の中、なんとなくレターケースを整理していたら
中から百貨店で使えるJCBギフトカード5000円分が出てきまして
アレ?これって川徳で使えるな・・・と思い
そういえば、ミズノウェーブ、川徳にもあったなということで
今日、あやかぜが帰ってきたら、川徳行って靴屋で革靴も見てくることに決定しました
ミズノウェーブのサンダルは、鼻緒があるようで
ソックスを5本指にしなければならないようですが
ちょっとそれが抵抗があります・・・。(というか、5本指は履きたくない)

12月の修学旅行を控え、ハッシュパピーを結構履き続けていることもあり
5000円のギフトカードもあるし、ここいらでビルケンの革靴を本格的に検討し
良ければ思い切って買ってみるのもいいかなと思い始めてしまいました

とにかく、私、足が疲れる人なので
外出がおっくうなんですが、ビルケンのサンダルと出会って変わりました
今は、数年前に買ったナイキの「ルナグライド」というランニングシューズを
ジャージや、半袖短パンの時は履いているんですが、27.5センチ買ったんですが
これが親指の爪あたりが長時間履いていると痛くなるんですよね
先日の安比がそうだったんです・・・

確かに
ビルケンのサンダルで川徳行っても足疲れないな…
ああ…。どうすりゃいいんだ。俺は…。

えーと、まとめますと(笑)

1 革靴は、ビルケンのポツダムかミズノウェーブのどちらかを買ってみる
2 ランニングシューズ(スニーカー)を秋冬のジャージ用に買う。多分ミズノウェーブ
3 学校で履くサンダルは今のまま、ビルケンで様子を見る

こんな感じでしょうか?
これをすべて一か所で解決してくれるのが川徳なんです

ということで、今日の午後から夕方にかけて、
あやかぜが帰ってきたら川徳へJCBギフトカード持ってGOですね
さて、果たして私の靴事情がどうなるのか
皆さんのご期待に添えるように(なんじゃそりゃ…)
頑張ってきたいと思います(何をがんばるんだ…)

スノトレも欲しいんですよね。
エスハイ君のあるマンションの屋外駐車場は、基本、除雪マイセルフですから
(あやかぜの停めているマンション内の駐車場は屋内なので、そもそも雪が積もらない)
朝、革靴で行くと、速攻靴下濡れるんですよね
ですから、ハイカットの革靴ってなかなかないので
黒いスノトレが欲しい所なんですよ
去年は安いスノトレを買ったんですが、
当たり前ですが長時間履くと私には疲れすぎて歩けなくなります
ビルケンにはそういうラインナップがないので、
冬用にやっぱりモンベルか?でもハイカットのブーツだと、ゼビオでもトレッキングシューズがあるな。
モンベルのハイカットブーツは完全に登山用で3万以上とかビルケンの革靴より高いしな…

今日、川徳で買ってしまうってのもありだし、うーんどうしよう
春、夏、秋はビルケンかミズノウェーブの革靴で
冬は何かしらのハイカットブーツのちょっといいやつにしようかなと思ってます
んで、
夏のプライベート外出はビルケンのサンダル
春、秋はミズノウェーブのランニングシューズかな?
問題は冬だな。冬のプライベート外出(ジャージ着用)の足元が問題だ
とにかく、駐車場の雪が問題なんですよね
ジャージはいいんだけど、ランニングシューズだと濡れるので、冬は無理
ジャージに合うハイカットのブーツと考えると
やはりトレッキング系か?
そうなると、ゼビオが強いか?ティンバーランドみたいなハイカットもあるけど
さすがにジャージには合わないだろうし、ジャージ以外着る気もないし(笑)
ウーム。冬の雪対策のジャージ用(仕事用含む)ハイカットシューズは
12月中旬くらいに考えることにしよう。ちょっとまだ買うのは早い

とにかく、記事が長いので(笑)
この辺でやめておきますが、思わず「靴」というカテゴリを作りました
それくらい、靴にはこだわっています。
買うときは一気に買います(なんでもそうだけど…)
足疲れない人は、金かけなくても安物で全然いいと思いますが
私はもう本当に足がダルくて何もできないくらい疲れるので
(初任校がそうだった。集会が堪えられなかった…)
ビルケンを信じて、川徳に行ってきます。後、ミズノウェーブの試し履きね
店員さんがなんて言うかですね
夜の記事更新をお楽しみに!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索