向かいに座っている若い先生は西川のAirで寝ても眠いらしい(笑)

西川のAirを盛んに勧めて
私もとうとうクッションを買って
もう、その素晴らしさに触れてしまっているわけですけど
しばらく前に
「あー、眠い・・・」とぼやいていたのを見て

アレ?

西川のAirで眠りが激変したとか言っていたのに
眠いの?って思って聞いてみたら

「いや、眠りの質は確実に上がってますよ。夜中に起きなくなりましたから」

と反論されました
最近、彼、体の調子があまり良くないみたいで心配なところですが
西川のAirがなければ、もっと早く倒れていたみたいなことをLINEで言っていました

そんなに違うのか・・・

マジで違うみたいです。西川のAir
彼は、前にも紹介しましたが、店頭にあるネイマールのモデルでは無く(8万円)
もうワンランク下の4万円のハードタイプを使っております
それで十分なようです
2つの違いは厚みなんですけど
私の使ってるブレスエアーも、たぶん5センチ位の厚みのはずですが
寝る分には5センチで全然問題ないですね
座布団にするクッションだと、5センチだと底付きしたりしますが
西川のAirのクッションは5センチですけど、底付きしませんね~

んで
西川のAirの4万円の敷き布団(マットレス)は厚みが確か8センチなんですよ
十分すぎますよね
高い方は何が違うかって言うと、
体圧分散のためのポツポツの数が全然違うようです
でもですね
実際に、不眠症っぽい向かいに座っている若い先生が
4万円のハードタイプで十分に睡眠の質が改善されていますので
メチャクチャハードな毎日を過ごしているプロスポーツ選手ではないわけですから
我々は4万円のハードタイプで良いんじゃないかということになります
実際
たぶん4万円のタイプと同じポツポツの数のクッション使ってますけど
スゲー快適ですからね

ブレスエアーで十分満足していますけど
西川のAir、ちょっと欲しくなってきましたね

うーむ、どうしようかなー

まあ、春までは待ちますね。
今の睡眠に納得いってないわけではないのでね

でもねー
転勤のことを考えると
ポータブルタイプの西川のAirを買って
週末盛岡に帰ってくるときに持って帰ってきて
秋田行くときも持って行って
って考えると、結構それ、良い感じなんですよね
厚みが足りない分は、安い布団1枚買って下に敷けば良いだけなので
それも有りだなー

ポータブルっていくらするんだろう?
今調べたら32000円ですね
しかも3.5センチでした・・・
ベッドのマットレスにプラスするのは良いかもしれないけど
普通の布団にコレプラスしてもちょっとどうなんだろうなー

普通の西川のAirのマットレスが8センチで38000円だからねー

うーむ
困ったなー。

ま、今すぐ買うわけでは無いので、
もうちょっと考えますねー

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索