「糖質制限ダイエット」のまとめ

95キロから20キロの減量。糖質制限ダイエットの実践報告と、統合失調症と、休職の記録(SpotLight提供記事)

2014年4月の段階で181センチ95キロだった私は、「超絶デブ野郎」として、ウチの学校に君臨していた。生徒には「デカいですね」と言われ、笑われ、昔の知り合いには「大きくなったね」と言われ、健康診断では、血液検査でほぼ全ての値が基準値を超え「精密検査」を余儀なくされる、見た目もそうだが、健康的にも危険な状態に追い込まれた

原因は、2011年2月に発症した「統合失調症」による服薬であることは明らかだった。統合失調症により、半年の休職に追い込まれ、その時点で73キロまで体重が落ちた。181センチの身長において、標準体重が71~72キロ程度であることを考えると、通常の体重のように思えるが、半年の休職で一気に10キロ以上落ちたので、もちろん「健康的」ではない減量だった。

というか、この「休職期間」の記憶はほとんど無い

症状が出始めた時点で、素早くカウンセリングを受けたのが功を奏し、症状が悪化する前に精神科を紹介され、「今すぐ休職が必要」と判断されたのが始まりだった

教員という仕事だったが、人前に出れない。何を話せば良いのかわからないという、今では考えられない症状が突然出た。

2011年秋に復職したのだが、ブログを読んでいる方にはおわかりの通り私は「テンションが高い」人間である。しかし、その私の「売り」は一切なりを潜めた。「メリハリ」の効いた授業をすることはできず(というか、自分がどういう風に授業をしていたのか思い出せなかった)、笑顔を作ることができなかった。そして、それがストレスになり、「こんなはずじゃない、こんなの自分じゃない」という思いと、抗不安薬、精神安定のための薬の副作用で食欲が急激に増し、1~2年で20キロ太ってしまったのだ

私の友人で、小学校から付き合いのある数学科教員がいる

彼のおかげで私は中学校生活を「不良への道」から引きずり出してもらい、盛岡三高というそこそこの進学校に入ることができた。塾も彼から勧められた。全て彼のおかげである。そんな彼は千葉大、私は家庭事情で岩手大へと進み、数学を学んで、同じ高校教員として教壇に立つことになる(私は一回民間就職をしているが、それは別記事にて紹介しよう)

久しぶりに私を見た彼が「オマエ、その体はヤバいだろ・・・」といわれて勧められたのが「糖質制限」というダイエット方法であった。彼もこの方法で10キロ落としたというので、私も試してみることにした。

そもそも、私が急激に体重が増えた原因が「仕事の後、すき家に寄り、「大盛り牛丼」を車で食べた後、帰宅して、ご飯おかわりして夕食を普通に食べていた」であることからわかるように「夕食時の糖質取り過ぎ」であることは明白だったので、1週間程度ですぐに効果が現れた。

この、「糖質制限」というのは、その名の通り、「糖質」を「制限」するものであるが、先日、テレビ番組で「ドクターも自分で行っている体重管理法」として紹介されていたので、健康上問題があるのであればテレビでドクターが紹介することはないだろうから、私もそれを聞いて始めることにしたのだ

ウチのブログで絶賛オススメしている「加圧ウェアを購入しての加圧トレーニング」も取り入れ、2014年に95キロだった体重が、2014年9月には75キロになっていた。思っていたより、加圧も効果があり、「細マッチョ」になっていた。鋼のような体になり、体も軽くなり、血液検査も精神科でやるのだが、一気に正常値になった。

しかし、糖質制限ダイエットを成功させた私から1つアドバイスがある。それは「ビタミン、ミネラル」をちゃんと取ることである。これをちゃんとしないと、「痩せたけど疲れやすい」とか、「日中ダルい」とか、痩せる以前に、健康上問題がある状態になってしまう。これは避けなければならないので、私が取り入れたのが「ザバスウェイトダウン」というダイエット用のプロテインと、DHCのサプリである「亜鉛」「ビタミンBミックス」であった。これらを取り入れることにより、劇的に疲労感は軽減された。特に「亜鉛」の効果は素晴らしかった。私の周りの「疲れやすい」という方にもオススメしているが、かなりの確率で効果が現れているので、ぜひ試して欲しい

糖質の制限方法については、私はプロのトレーナーではないので、紹介は控えたいと思うが、「糖質を全て制限」という方法をとっていた。それだけ紹介しておこう。

夜に沢山食べてしまう方は私と同じ状況にあると思うので、「筋トレ」と「ビタミン、ミネラル摂取」をしっかりすれば、確実にダイエットは可能である。

2014年9月から今まで、プラスマイナス2~3キロで推移しているので、無事に体重の維持はできている。今は「半糖質制限」である。夜に糖質をなるべく控える生活を送っている。健康のためにダイエットをしなければいけない方もいらっしゃると思うが、運動と併用した糖質制限はオススメできる方法なのでは無いかと思う。もしよろしければ、参考にしていただければ幸いである。

なお、統合失調症は、現在は「安定期」に入ったと言われており、完全に、発病前のテンションに戻っている。仕事も楽しく、充実した毎日を送っている。統合失調症がきっかけで色々なことを考えさせられたが、私にとって、多くのことを教えてくれた「前向きな」病気だと思いたい。

神様は乗り越えられない試練は与えないと言うが、息子の交通事故や、耳の手術など、かなり色々なことがあったが、なんとかかんとか、今こうやって暮らしている。全てが「今」のためにあると思えば、つらいことも少しは乗り越えられそうだし、こういう経験が、悩んでいる生徒のために役立つこともある。

さあ、今日も生徒が待っている。素晴らしい一日の始まりである。頑張ろう

★SpotLight用に書いてみました。どうなるか、お楽しみに!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索