「プチプラ」記事の強さ

さっきですね、SpotLightのマイページにアクセスしてみました。

相変わらず、昼、夜関わらずにメールが来ます。「○○ページビューを達成して、○○ポイント獲得しました」というメールですね。

結構古い記事でも読まれたりしておりまして、ヘーって思うんですけど、見たらですね順位がやっぱり落ちてるんですね。まあ、アップしてなかったので、そんなもんかなーと思ったんですけど、ビックリしたのは、「ランキング上位陣のポイントの伸びが異常」ってことです。

スゲーなと思って、上位陣の記事一覧を見てみました。Amebaみんなの編集局はですね、記事ごとのページビューを簡単に見ることができるので、誰がどんな記事でページビューを稼いでいるのかが一発でわかります。

んでね、衝撃を受けました

「プチプラ」って知ってます?「プチプライス」の略みたいですが「金をかけずにコーデ」という意味みたいです。さっき初めて知りましたが、この記事が圧倒的なページビューをほこっていたんですね。

具体的に言うと、「1記事で10万ページビュー超えなんてザラ」なんです。スゴいよね

だから、上位陣の方は「毎日プチプラ記事アップ」って方もいるんですよ。その一つ一つがとんでもないページビューになっているので、ポイントが加算され、上位にいるというわけなんですね。

コーデですから、店に行ってお気に入りのヤツを見つけてアップできるみたいで、更新頻度も上げれるようです。それを「パト」と言うみたいですね(ユニパト(ユニクロ)、しまパト(しまむら)みたいな感じです)。

この「プチプラ」がもの凄い人気記事になっているという状況ですので、Amebaみんなの編集局から送られてくる「記事を書くコツ」みたいなメッセーにもそういう方向性で書いた方が良いみたいに書かれています

が、
私は、「センスがない」ので、「プチプラ」無理です(笑)。「タカパト(タカキュー)」ならできますが、誰も見てくれないと思います(笑)。イヤー、そういう「ニーズと自分の記事の方向性が合っているか」というのも、キュレーションメディアでは重要なんですね~。

方向性としては、頻度は落ちますが、今後も「教育系」の記事をSpotLightには提供していくつもりなので、まあ、地味ーに頑張ります。

それにしても、プチプラすげ~。ビックリしますよ。あのページビュー。

Amebaでも、やっぱり、ランキング上位の方って、「コーデ系」多いですもんね。そりゃそうだよな。毎日のことですもんね。それが安くあがるのなら、参考にしたいですよね。うーむ。納得。

というわけで、勉強になりました。私みたいな「コアなライター」もですね、メールでの反響を見ると、少なからず需要はあるようなので、チョコチョコ記事はアップして、見てもらえるように頑張りたいと思います

では、また、SpotLightでお会いしましょう!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索