突然の「SpotLightアワードノミネート」にビックリ

昨日アップした、結構良い出来の記事

28年前、小学校でいじめられていた私を救った母の一言
アワードノミネートされました!

これが、先ほどメールが来まして、「SpotLightアワード」にノミネートされました。これで3本目のノミネートになります。

前にお話ししたとおり、受賞するのは週に3本しかないので、まあ、それは無理なんですけど、この「ノミネートされる」ってのが非常にポイントで、また、この記事もSpotLightのトップページとカテゴリ「コラム」のトップページに載りますので、アクセスが大変なことになります。2~3日で5桁のアクセスになることが十分に予想されます。

まあ、評価されたのは嬉しいので、喜びたいですね。

手応えのある記事がこうやってノミネートされ「Amebaみんなの編集局認定のオススメ記事」として紹介されるというのは励みになります。

今朝書いたとおり、「海外のニュースを紹介」とか「コーデをとにかく毎日アップ」とか、そういう記事と戦うつもりは全くありません。上位に入らなくてもいいんです。

ただ、私の書いた「熱いメッセージ」がですね、一人でも多くの方に届いてくれるのが嬉しいんです。そのきっかけとして、SpotLightというのは、非常に多くの人が読む可能性のあるメディアですから、そのオススメに認定されるというのはとても嬉しいんです

これによって、ハッキリ言って、アクセスも、感想や問い合わせのメールも先週から今週にかけて大変なことになっているのは事実です。とんでもないです。

昨日、ほとんど記事をあげずに、挙げ句の果てに寝落ちするという失態をしてしまいましたが、それでもアクセスはとんでもないことになってますから、情熱系の記事をコンスタントに(週2本くらいかな?)アップしていけば、順調に見てくれる人も増えると思うので、頑張りたいと思いますね

繰り返しになりますが、毎週3000~5000字の学級通信を出しているわけですから、情熱系のネタに関しては全くネタ切れがありません。全然無いです。毎日書けます。

でも、これ系の記事はですね、非常に長いんですよ。で、伝えたいことを正確に伝えるために、レビュー記事と比べて、校正(読み直し)の回数も多いです。ですから、時間がレビュー記事よりかかるので、そんなに毎日書くわけにはいかないんですよね。

だから、プロブロガーになると良いんだよね(笑)

でもね、プロブロガーになると授業ができなくなるので、情熱ネタが無くなるんですよ。ただのレビュワーになっちゃう。それもつまらないですよね。

昨日も70人相手にデカい部屋でガイダンスを50分やってきましたけど、熱く語ってきましたからね~。任せてください。そういうの。何分でもしゃべれます(笑)。

だから、色々とバランスを見ながら、レビューはレビューでちゃんとやりますけど、情熱系記事も今のところ「コレはいい記事書けた!」ってヤツは、2本中2本オススメ認定されてますので、方向性は間違ってないと思いますので、今後ともSpotLight様、Amebaみんなの編集局様、よろしくお願いします(笑)

他のライターの方とは違う切り口の記事なので、ちょっと評価が難しいかもしれませんが、頑張って毎週記事アップしていきますので、今後とも見てくださいね~

以上、昨日アップした、「いじめから救ってくれた母の一言」がAmebaみんなの編集局認定のオススメ記事になり、SpotLightアワードノミネートされましたという報告でした!

ページビューが楽しみだなー

また報告しますね。

ちなみにね、今、大変なことになってるページビューをお伝えしますと

私がどれだけセブンイレブンを愛しているのか、その理由を書いてみようか
28675PVです。スゴいよね。オススメ認定にはなってません

高校教員から見た「子供を褒めるコツ」。10のうち、良いことがたった1つの時でも、それをちゃんと褒めていますか?
34081PVです。Amebaみんなの編集局オススメ記事認定でSpotLightアワードノミネート記事です

今日の授業「円で最も大切な特徴」が言えますか?さあ、みんなで考えよう!
62144PVです。Amebaみんなの編集局オススメ記事認定で、SpotLightアワードノミネート記事です

95キロから20キロの減量。糖質制限ダイエットの実践報告と、統合失調症と、休職の記録
47702PVです。オススメ認定はされていません

ね?PVがヤバいでしょ?これ、数日でこんなにいくんですよ。恐るべし「オススメ認定」なんです。でも、認定されなくても、5桁行く記事もあるので、よくわかりません・・・。

あら。もう仙台付いたので、記事更新はちょっとストップです。早いなー。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索