「SpotLightアワード」に記事がノミネートされたことと、ブログとの違いと楽しさ

昨日お伝えしたとおり、私が昨日の18時台にアップしたSpotLight用の記事が、直後に「SpotLightアワード」にノミネートされました。

高校教員から見た「子供を褒めるコツ」。10のうち、良いことがたった1つの時でも、それをちゃんと褒めていますか?
渾身の記事です

まず、「編集局オススメ」と言うことで紹介されることにより、とんでもないページビューになっております。

現在、SpotLightの「オススメ記事アワードノミネート」ページに私のこの記事が掲載されております。これでも、かなりページビューが集まっております

オススメ記事アワード – Amebaみんなの編集局
ノミネート記事一覧

そして、SpotLight自体のトップページにもリンクが貼られています。

Spotlight(スポットライト)- 心うごかす、新発見を
トップページにも載ってます

基本的にSpotLightは「キュレーションメディア」と呼ばれるサイトで、

「ウェブ上のコンテンツを、人の手によってある特定のテーマや切り口でまとめ、編集・共有・公開するサービスやウェブサイトの総称」

と紹介されています。
ニュースサイトの1つではあると思うんですけど、「公式ライター」でないと記事が投稿できないという仕組みです

私は、「承認されて」Ameba公式ライターという肩書きをいただき、記事を投稿させて頂いていると言うことになります。

ですから、この記事を見て「俺もSpotLightに投稿したい」と思っても、2週間程度かかる編集局の審査を通過しないと、ライターになることがまずできないという仕組みです。私は1~2日で審査結果が来たんですが、人によっては数回、編集局から問い合わせが来たりする場合もあるみたいです。

んで、まとめ記事にもありますが、「過去記事で人気のあるモノ」をメインに投稿していたわけですけど、ハッキリ言って、ページビュー(記事ごとのページビューがマイページで出る)は全く伸びませんでした。今、ウチのブログのアクセスは5000~7000くらいアクセスがあって、ユニークユーザー(訪問者数)は2000ほどです。しかし、SpotLightに投稿した、過去の超人気記事(Google検索でも上位に来る記事)は、驚きの2桁のページビューでした。

でも、最初はまあこんなもんだろうと思って、色々と適当にアップしていたんですね。メインはこっちのブログなわけで、SpotLightはコピペで出しているだけだったので、特に重視していなかったんです

話が変わったのは「セブンイレブンをどれだけ愛しているか」の記事を投稿した1日後あたりでした。

私がどれだけセブンイレブンを愛しているのか、その理由を書いてみようか
驚異のページビューを稼いだ記事

この記事を出した1日後、メールがバンバン来るので、何事かと思っていたら、Amebaみんなの編集局からでして「○○ページビューを達成したので○○ポイントが追加されました」みたいな感じであれよあれよという間にページビューが伸び、結論から言うと

この記事一本だけで5桁のページビュー

となりました(24時間経たずに)

スゴいですよね。ブログ全体で、多い日でも6000とか7000とかなのに、たった1つの記事で5桁のアクセスを1日で稼げるんです。もの凄い威力を感じましたし、「何じゃコリャ・・・」と思ったのも事実です。

ちなみに、この記事は「編集局オススメ」にもなってないし、セブンイレブンのTwitter、Facebookでも一切紹介されていません。SpotLightのトップページにも載ってないし、検索しても出てきません。なぜアクセスが膨大に集まったのか不思議なんですけど、「長期連載系」は全くページビューが伸びずに、こう言うのがページビューを集めることに驚きました

先日お伝えしたとおり、始めた翌日にライターランキングで48位、一昨日で12位、昨日で10位まで順位が上がりました。

ページビューに応じて、ポイントが加算され、そのポイントでランキングが決まる形式です。何人ライターがいるかわかりませんが、繰り返しになりますけど、審査を通った人だけがAmeba公式ライターとして記事を投稿できるので、ある程度のブログアクセスと、記事の内容を書ける人じゃないとライターにならないはずです。そういう人達がひしめき合う中での競争になりますので、それで3日後に10位ってのは結構スゴいよなーなんて思っていましたし、段々「1つの記事でアクセスを集めることの楽しさ」みたいなモノを感じたのも事実です

んで、昨日、色々記事をアップしましたが、やはりページビューが伸びない。ブログは固定客がいますが、キュレーションメディアであるSpotLightは、「その記事のみ」見て終わりという人がほとんどなので(ニュースサイトと同じ)、単発記事で面白いモノを書かないとアクセスが集まらないような気がしてきたんですね。

ですから、長期連載シリーズは、始めてしまった手前、一応やりますけど、ページビューは100も行きません。IDケース with 保存するメモ帳 EvernoteEditionも全然行きません。メール等での反響はもの凄くある記事ですが、SpotLightでは注目されません。

ブログで読まれる記事とSpotLightでページビューを集める記事は全く別物だと言うことに気付いてきたんですね。そこで、「じゃあ、どういう記事が読まれるのか」というのを調べてみると、「感情を動かす」というのがキーワードになっているみたいです。なるほど。「ガジェットレビュー」で感情は動きませんよね。確かにそうだ。だからページビューが伸びないのか。

というわけで、私の得意分野である「心を育てる」記事、すなわち「学級通信」をベースにした記事を昨日書いたんです。それが、冒頭に挙げた「褒めること」の記事です。これをアップしたら、あっという間に編集局の目に留まったようで、大きく紹介して頂けることになりました。ああいった記事はいくらでもかけるので(毎日生徒に話しているから)今後もこれベースで書いていこうと思いました。なんぼでも書けます。

そして、「感情を揺さぶるシリーズ」として、まだ、隠し球があります。いくつかあるので、ネタばらしはしませんけど、また、「オススメ」に選ばれたら紹介しますね。

こっちの更新もちゃんとやりますが、方向性が決まりました

「マー坊とゆっきー」はガジェットレビュー中心の記事

「SpotLight」は感情を揺さぶる記事

という棲み分けをしたいと思います。んで、こっちのブログに、SpotLightの記事のリンクを貼れば問題無いので、両方に同じ記事を投稿しないようにすれば良いですよね。SpotLightに今後投稿する記事は、「ただの人気記事のコピペ」じゃなく「読者のニーズに応える「感情系」記事」にしたいと思います。

色々とね、「こういう記事はどう評価されるんだろう?」っていうアイディアがあるので、試してみたいですね。ダメならダメで、それは別にダメージはないので(笑)、昨日の記事も20分くらいでサーッと書いたモノですからね。それでオススメに認定されるなんてスゴいことです。

んでね、最後に、なんか、やたら下のリンクの最初にこの記事が来るので、「コラム」というカテゴリをクリックしてみたら

コラム | Spotlight(スポットライト)- 心うごかす、新発見を
カテゴリの最初に来てる・・・

「コラム」のカテゴリの一番最初の紫の「超オススメ記事」に固定で紹介されてるんですよ。だから、やたら記事下の「他のオススメ記事」で表示されていたんですね。もう10時間経ちますけど、いまだに、この「コラムカテゴリの一番上」に表示されています。恐ろしいですね。

月間1600万人が利用するサイトですので、こういう記事をアップし続けると私は一体どうなってしまうのかよくわかりませんが、毎週4000~5000字の「感情系学級通信」をもう10年くらい出し続けていますから、ガンガンイケますね。

また、面白い展開になったら紹介しますね。ぜひ、この記事をご覧になって、「子供を褒める」ことをしてみてください。ビックリするくらい、子供って変わりますから。

でもね、
それは「その子の本当の姿」なんです。

決して驚くべきことではない。それを忘れないでください。

「認められたくない子なんていない。表現が上手じゃないだけ」なんです

全ての子供が「褒められることで」素晴らしい成長をすることを祈って、この記事を送ります

スイマセン。色々忙しくて、もう準備して出発します。昼、夕方以降の記事更新をお待ちください

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索