やっぱり今年は見送り?2017年のiPhoneアップデートが大変な事に?

gorim-logo-navy-512x512

当ブログ「部長ナビのページ」は、月間415万PVのニュースサイト「gori.me」のオフィシャルファンサイト認定を受けております!いつもありがとうございます!

【gori.me】まとめ
【gori.me】まとめ
この記事は、2015年8月17日に公開した記事を追記したものです こんにちは!「gori.me公認ファンサイト」の部長ナビ(@na...

今日も最新ニュースをお届け!gori.meニュースです!

スポンサーリンク

2017年、来年のiPhoneアップデートに衝撃的な要素満載!

iPhone、2017年に大幅刷新?!有機ELの曲面ディスプレイ採用、5.8インチモデル登場、ワイヤレス充電対応か
KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは曲面ガラスを採用した有機ELディスプレイを搭載するなど2017年にiPhoneのラインナップを大幅刷新する予定だと報じている!「iPhone 4」のように側面は金属製、ガラス製のフロントパネルとバックパネルで挟み込むようなデザインになる。

あくまで噂だが、有機ELの曲面ディスプレイ、5.8インチモデル、ワイヤレス充電採用と、とんでもないアップデートが2017年にあるのではないかという話だ

もし、これが全部実現するとしたら、とんでもねえ話であって、今年、iPhone 7 Plusにする理由があまりなくなる

今のところ、iPhone 7 Plusについては、「イヤホン端子廃止」「アンテナライン廃止」くらいじゃないの?

見た目もあまり変わらないって言うし、どうなんだろうね?iPhone 7 Plus、見送っても良いかなって本気で思っている私なのでした

iPhone SEに隠されたAppleの思惑とは?今年、iPhone 「7」というネーミングでなければ、3年スパンのアップデートの可能性も

まだ誰にもわからないが、1つだけ言えることは、4インチiPhoneからナンバリングが消えたということだ

今年出されるiPhoneについても、情報をいくら眺めても「6sのマイナーアップデート」にしか見えないのは私だけではないだろう

もっとグラグラ来るアップデートが来るのかと思っていたらそれは「2017年」すなわち来年という話が後を絶たない

ということは、Appleはすでに「2年でメジャーアップデート」というのをやめていて、「小幅にアップデートしながら、3年スパンでメジャーアップデート」という方向性を持っているのかもしれない

9月にならないとわからないところが大きいが、iPhone SEに関しても、iPad Pro 9.7インチに関しても、毎日ちゃんとgori.meを見ていれば、ほぼ、間違いなく「こうなるだろう」という情報は事前にわかる。リークも大きなニュースになるのがApple製品の特徴だ

今年、大きなアップデートがなければ、アクセサリ企業とも打ち合わせしますが、機種変更しない可能性が十分あり

6から6sは私の中で大きなアップデートであった。

3D Touch、Plusへの変更、自分にとってもチャレンジだったし、結果として大満足のiPhone生活を送ることができている

しかし、「7」で3D Touchはさらに進化するかもしれないが、それは「対応アプリが増える」と言うことなのでは無いかと思う。イヤホン端子廃止は大きなニュースにならない。Dラインも同様だ。カメラ機能が例えデュアルレンズになったとしても私はEOS 70Dで撮影するので、それほどレビューには影響しない。それらを総合すると、これ以上のこちらが驚くような進化がない限り、今気に入っているiPhone 6s Plusを敢えて変えなくても良いかなと本気で思っている。それくらい気に入っているのだ

だから、7というよりは、MacBook Pro 15インチの薄型化、バッテリー長持ちというのが私にとっては期待したいところなのだ。MacBook Pro 15インチはまだ進化する余地がある。

MacBook Pro 15インチのことを考えると、iPhoneというのは、ある程度行くつくところまで行き着いてしまったのかもしれない。Appleのみ知る、これからのiPhoneに少なくとも私は期待したいが、2017年の大幅アップデートと今年言われてしまうと、少し残念な気もして、不思議な感情に揺れるのだ

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索