【レビュー】Bluetoothスポーツイヤホンは思った以上に快適だぜ!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

今回は「ECTechnology」様にサンプル提供いただきました「Bluetoothスポーツイヤホン」をご紹介いたします!

 

最初に商品説明!

・最新のBluetooth 4.1規格を用いて、音楽再生5時間、連続通話時間最大約6時間を実現し、そして、遠距離でもクリア通話音質も可能します。

・Apt-X対応のCSR社製「CSR8645」チープを採用し、Bluetooth伝送中、遅延が少なくタイムラグもほぼがない、そしてCVC 6.0 ノイズキャンセルの仕組みで、外部の音漏れが少なく、周囲の人に迷惑をかけないで高音質な音を楽しむことができます。

・人間工学に基づいて作られた脱落防止の補強として独特のシリコン製イヤーフックも付属し、医学規格に即して非常に柔軟なシリコン材質でできたイヤーバッドを採用し、ぴったり耳にくっついて、外れにくい。安心して自分の世界に浸りながら運動をおこなうことが可能です。

・わずか17gの軽量化を実現し、携帯便利だけではなく、軽量安全設計でソフトな装着感に優れます。軽量なボディとスポーツに最適な機能が満載です。

素晴らしい!期待が持てるぞ!

ちなみにウチには、BOSEの有線イヤホンしかありませんので、無線のイヤホンは前に買ったSONYのMDR-EX31BNに続いて二つ目です。こちらとの違いもレビューしていきたいと思います!

 

開封!

到着して、すぐに開けてみました

スポーツWirelessイヤホン01

こちらが外箱になります。非常にかっこいいデザインですね〜。レビューするまでも無く、売れているようです!さらに、Amazonでもかなりの高評価のイヤホンです!楽しみ!

スポーツWirelessイヤホン02

中身はこんな感じで入っております。

黒と薄いグリーンのコントラストがカッコいい!センスを感じますね!

 

MDR-EX31BNとの違い

以前使っていたMDR-EX31BNは、ノイズキャンセリングのWirelessイヤホンでした。要するに、今回のBluetoothスポーツイヤホンと同じと言うことになります。

一番の違いは、「センターユニットが無い」ということです。

MDR-EX31BNを手放した要因として大きなものは、「センターユニットがクリップ留めでデカいので、タートルネック等の服を着ていると、挟むところが無くて使えない」と言うことでした。今回もWirelessと言うことで少し心配したんですが、「スポーツイヤホン」という名の通り、非常にスッキリしたデザインです。そして、MDR-EX31BNよりも金額は半分以下で買うことが出来ます。素晴らしい!

 

付属品をチェック!

付属品を見てみました

スポーツWirelessイヤホン03

このように、イヤーピースが付属しておりまして、大きさが微妙に異なりますので、どんな耳にもフィットすることが可能です。これが最初から付いているのは嬉しいですよね!耳の中でフィット感を増やすパーツもスペアが付属しております

 

取り出してみた!

では、取り出して外観をチェック!

スポーツWirelessイヤホン06

取り出してみました。

やはり、この色の組み合わせ、カッコいいです。目立つだけじゃ無くて良い感じ、特にスポーツする時には合いそうな色ですよね。

スポーツWirelessイヤホン07

外側には「ECTechnology」の文字が刻まれています。カッコいい!

スポーツWirelessイヤホン08

イヤーピースはカナル型と言うんでしょうか?耳の穴に密着してフィットするタイプです。付け心地は良好!良い感じでした!

スポーツWirelessイヤホン04

では、ボタン類を見ていきましょう。片側の上部分に、通話ボタンが見えますね?

これが電源ボタンを兼ねます。使い勝手は良いです!位置的にも押しづらさはありませんでした

スポーツWirelessイヤホン05

脇の部分に大きめの音量調節ボタンがありますが、これが、「次の曲へ進む」「1つ前に戻る」を兼ねています。大きさが電源、通話ボタンと全然違うし、カーブのおかげで触る感じが全然違うので押し間違えることはありません。とても分かりやすいボタン配置でスポーツの最中でも容易にアクセスすることが出来ます

スポーツWirelessイヤホン09

ゴムパッキンを外すと、マイクロUSBの端子が出てきます。ここで充電をします。汎用性の高いマイクロUSBは嬉しいですよね。

 

実際に着けてみた!

実際に着けてみた感じは次の通りです

1 大きめに見えるが、全然重くない

全く重さは感じませんでした。装着感はすこぶるよいです。見た目とは全然違いますね

2 走ってみたがズレることは無かった

これは、Amazonのレビューでも出ていると思いますが、走ってみてズレることはありませんでした。まあ、そんなに走ってませんけど、とりあえず走りながら使ってみたら大丈夫でした。問題なし!

3 ケーブルが絡まることが無く、快適!

MDR-EX31BNと違って、センターユニットが無いので、ケーブルを首の後ろの方に持っていくと、それで終了です。よって、煩わしい操作や、ケーブルがゴチャゴチャと絡まると言ったことが皆無でした。センターユニット無いのって、相当快適です!

 

音質、使用感はどうか?

色々と聞き比べてみました

1 BOSE SoundTrue IE IPと比べると、価格差があるので、当然バランスはBOSE SoundTrue IE IPの方が上だが、低音の響きはこちらのBluetoothスポーツイヤホンの方がズンズン来る。実際走りながら使うと、こっちの方が良いかもしれないと感じるくらいだった。BOSE SoundTrue IE IPは有線なので、走りながら使うのは不可能と考えた方が良い。iPodを腕に着けてそこからBOSE SoundTrue IE IPを使うなら別だが、そこまでしなくても半分以下の値段でこれが買えるので、ちょっとこれ、良いかもと思ってしまった

 

2 マー坊(小学4年生)にガストで宿題をやらせる時にこれを使わせてみた。iPhone 6とペアリングし、曲を聴きながら勉強をさせた。ノイズキャンセルの機能も付いているので、非常に快適に、高音質で使うことが出来たようで、マー坊が「これ、オレが欲しい」と言ったくらいである。線がゴチャゴチャになる有線タイプのものは絡まったりする可能性があって子供が使うのは危険を伴うこともあるが、このイヤホンが絡まることはまず無い。意外と小学生に好評であった。色もカッコいいと言う

 

3 Wirelessなので、電池の持ちが心配になるかと思ったが、基本的にモバイルバッテリーは持ち歩くので、使わない時に充電をしておけば何も問題無いことがわかった。

 

結論!

この価格にしては非常にコストパフォーマンスの高いWirelessイヤホンであると思います!

スポーツをする人以外でも、マー坊のような小学校高学年以上の子供にイヤホン使わせたいなって場合は、普通の有線イヤホン買うなら、同じかそれ以下の値段でこれが買えるので、これ、ちょっとオススメですよ。良いと思います

ちなみに、最初の数日は私がちゃんと装用テストをしておりましたが、ここ数日は、マー坊に完全に奪われました(笑)。特に、ガストではこれを着けて音楽を聴きながら集中して勉強できております。素晴らしい!

では、最後に商品リンクです。素晴らしい商品をありがとうございました

今回は、ECTechnology様にサンプル提供いただきました「Bluetoothスポーツイヤホン」のご紹介でした!ぜひ、ご検討ください!

EC Technology Official Website
As an Amazon Prime best seller, IEC Technology is dedicated to supplying best cheap electronic bluetooth devices/products/accessories online shopping, with high...
EC Technology Bluetooth イヤホン ランニング仕様 耐水 マイク内蔵 AptX対応 グリーン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索