【レビュー】BOSE QuietControl 30、比類なきノイズキャンセリング技術とワイヤレスが融合した至高のイヤホン

BOSE QuietControl 3008

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

新発売のBOSE QuietControl 30を手に入れることができたので、開封から、実際に使ってみたレビューを紹介する!激アツだぜ!

スポンサーリンク

外観!

BOSE QuietControl 3001

相変わらずカッコよすぎる箱は僕の心を捉えて離さない

BOSERである僕が、BOSERである所以の1つがこのデザインだろう。音だけじゃ無い。BOSEは箱にも妥協しない

BOSE QuietControl 3002

ノイズキャンセリングで不動の地位を築く、BOSEの技術

明らかに優秀なその能力は、BOSE QuietComfort 35ですでに実体験済だ!

【レビュー】BOSE QuietComfort35、全てが最高。音質、ノイズキャンセリング、ワイヤレス、高評価間違い無しのヘッドホンだ!
【レビュー】BOSE QuietComfort35、全てが最高。音質、ノイズキャンセリング、ワイヤレス、高評価間違い無しのヘッドホンだ!
こんにちは。BOSERの部長ナビ(@nabi_1080)です。イェア! 大好評のウチに幕を閉じた、熱い男達のドラマ「男達のBOSE」から一...

↑BOSE QuietComfort 35はこちらから

開封!

BOSE QuietControl 3003

外箱は観音開き、メッチャカッコいい

収まり具合もカッコよし

BOSE QuietControl 3004

本体の外観がこんな感じ

最強に最高。マジでカッコよすぎる

BOSE QuietControl 3005

内容物はこちら

何と言ってもイヤホンなので、外箱が小さいのが嬉しい

BOSE QuietComfort 35は外箱デカいので、かなりバックパックの中の容量を食うのだ

StayHearチップは、S,M,Lの3種類がある。僕はMを使っている

通称「首輪」を詳しく見ていこう

BOSE QuietControl 3007

BOSE QuietControl 30に採用された「首輪」は、賛否両論あるが、それについてレビューしよう

まず、外側のBOSEロゴがカッコいいので、もう、ステキ

BOSE QuietControl 3008

素材は思ったより柔らかいがフニャフニャでは無い

ヌメッとした感じと言えば良いだろうか。不思議な感覚だ。

BOSE QuietControl 3009

イヤホンコードはこれ以上伸びることもなければ、縮むことも無い

調節ができないのも1つの特徴だろうが、身長181cmの僕が使っても何の問題もないので、コードが短くて困る人はいないだろう

BOSE QuietControl 3010

ひっくり返すと、キャップがあり、microUSBで充電する

BOSE QuietControl 3011

電源ボタンは右の内側にある

コントロールスイッチも新しい

BOSE QuietControl 3012

普通に使う、今までの再生、音量、ボタンは変わらない

真ん中を2回押すと曲送り、3回押すと曲戻りはiPhoneの純正イヤホンと同じ。操作感に問題はない

BOSE QuietControl 3013

新しいのがコレ

たけPが実機を触って騒いでいた「ノイズキャンセルの調整ができる」というボタンだ

耳に着けた状態で「上」を押すと、より、ノイズキャンセルが効き、「下」を押すと、周りの音が聞こえる「通常イヤホン状態」になる。かなり細かく調整できるのがスゴい

全たけPが失神だ(なお、たけPはやたら高いスピーカーシステムを持ってる生粋のBOSER)

イヤホンもノイズキャンセリングの技術が詰まっている

BOSE QuietControl 3014

これが、BOSE QuietControl 30のイヤホンだ

外側の穴で、周囲の騒音を聞き取り、「首輪」の部分にあるチップでノイズキャンセリングを調整するのだろう

どうしても、高精度のノイズキャンセリングを「ワイヤレス」で商品化するには仕方のない選択だったのだろう

ただ、首輪のおかげで、イヤホンは小さく、軽い。

BOSE QuietControl 3015

StayHearチップはマジで疲れない、耳が痛くならない不思議なイヤーチップだ

コレのおかげで非常に快適に作業することができる

「BOSE Connect」というアプリがあるとスーパーナイス

BOSE QuietControl 3016

BOSE Connectというアプリを使うと、アプリ上で細かく色々と設定することができる。コレが便利

BOSE QuietComfort 35でも使えるのでオススメだ

BOSE QuietControl 3017

ノイズキャンセリングの強さもアプリで調整可能

BOSE QuietControl 3018

言語の変更もアプリから可能だ!

使用感とまとめ

音質

低音はしっかりと脳を突き抜け、そして、心地の良い中音、高音は決してこもることは無い

最強のBOSEサウンドをBOSE QuietControl 30は約束してくれるだろう

ノイズキャンセリングのイヤホンは「こもる」という印象があったが、僕が持っている曲の中で一番こもる「新宝島」も快適に聞くことができた

即ち、買いだ

首輪

数時間付けて作業しているが、全然気にならない

VENEXを着ているので、首に直接当たっているがかゆくなることも無く、特殊な素材を使っているのだろうと思う

もちろん、重さも感じない。大丈夫だ

ワイヤレス性、コンパクト感

BOSE QuietComfort 35をずっと使ってきて思ったのは「自宅では良いけど、外だと、デカいよなぁ」ということ

コレは、非常にコンパクトで、しかもワイヤレス。色んなことをちょっとしながら、動きながら作業ができるのは快適

着替えもこのままできるのもビックリ

ノイズキャンセリング

コレ、スゴいッス

BOSE SoundTrue IE IPは悪くないよ。悪くないけど、これ、ワイヤレスノイズキャンセリングが、コレだけの音質だと、もう、これしか使わない気がする

BOSE SoundTrue IE IPをとうとう卒業するときが来た

僕は、これから、自宅ではBOSE QuietComfort 35を使うけど、外では、BOSE QuietControl 30を使うことに決めた

それくらい、快適だ。音質も素晴らしい

今は、Spotifyを聞きながらこの記事を書いているが、洋楽流しっぱなしとか、マジ最高

首輪の見た目を許容できるのなら、イヤホン買うなら、コレ一択だ。高いけど、絶対3〜5年は使えると思う。高性能、高品質、高音質、そして、ノイズキャンセリング

BOSEの最高の技術が結集した、至高のイヤホン「BOSE QuietControl 30」をぜひ店頭で視聴してみて欲しい

 

静寂の中でBOSEサウンドが、あなたの脳天を直撃する

↑高いけど、長く使えること間違いなし。マジで至高のワイヤレスイヤホン、BOSE QuietControl 30の感動をあなたにも

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索