【レビュー】BOSE QuietComfort35、全てが最高。音質、ノイズキャンセリング、ワイヤレス、高評価間違い無しのヘッドホンだ!

こんにちは。BOSERの部長ナビ(@nabi_1080)です。イェア!

大好評のウチに幕を閉じた、熱い男達のドラマ「男達のBOSE」から一夜明け、興奮冷めやらぬ中、BOSE QuietComfort35のレビューをお届けしたい

なお、我らが師匠g.O.R.iさんはすでにナイスなレビューをgori.meで掲載!絶賛している!

実は、「自分らしいレビュー」のために、g.O.R.iさんのレビューはまだ見ていないのだ。まっさらな状態で私のレビューを感じたままに書きたいと思う

なお、当ブログのレビューは、同時購入したプロデューサー「たけP」のレビューも入る。いつも通り、写真だけの投げっぱなしジャーマン野郎だが、無理矢理そこから文章を起こしてあなたのハートに刺さる記事をブチ込むので、4万円の準備を今からヨロシク!んじゃ、行くぜ!いつも通り、無駄に長えぞ!

スポンサーリンク

外観

BOSE QuietComfort35-1-03

届いたBOSE QuietComfort35は、もちろんシルバー。当然だ。チームgori.meたるもの、ホワイトに近い色を選ぶのが鉄則!

と思ったら、たけPはブラックを購入!そうだ!1つの記事で、2色の写真を見ることができるのだ!これはステキ!たまらんわ!

BOSE QuietComfort35-1-02

BOSEのノイズキャンセリング技術は、多くの方から絶賛されている最高峰という評価のものだ

確かに、以前BOSE QuietComfort25を使っていたときも、まさに別次元のノイズキャンセリングだと思ったが、他のヘッドホンでノイズキャンセリングを聞いたことがない(岩手だと、試聴できる高級ヘッドホンってあまり多くないのだ)ので、BOSEが普通なのかと思っていたが、全然違うらしい。とにかく、BOSE QuietComfort25は衝撃だった。BOSE QuietComfort35にも期待大だ!

一番の特徴は「ワイヤレス」になったということ。

そもそも、以前使っていておこPに売却したBOSE SoundLink around-ear Wireless headphone Ⅱは、「ワイヤレスだから」という理由が一番の購入の動機だった

まさかあれから1年で(いや、秋だったから、1年経ってない)、BOSE QuietComfort25がワイヤレス化され、BOSE QuietComfort35になるとは思ってもいなかった。

それくらい、ワイヤレスというのは扱いやすく、使いやすく、毎日使うアイテムとしてはこれからスタンダードになるものだと思う

そもそも、今年出るiPhone 7が「ヘッドホン端子廃止」と言うことで散々言われているので、BOSEが対応したと言うことなのだろう。タイミング的には完璧と言わざるを得ない。iPhone 7の噂を、BOSEが「確定」したとも取れる発売時期、内容だと感じた

開封!

BOSE QuietComfort35-1-06

相変わらずステキ過ぎる内箱

BOSEのクオリティは、Apple製品に慣れている私にも十分に突き刺さる。デザインセンスは製品だけにとどまらず、箱にまでにじみ出ている

この段階ですでに鳥肌が立つレベルだとだけ言っておこう。しかし、まだ物語は始まったばかりだ

BOSE QuietComfort35-1-04

いつも通り、ケースに入って登場

個人的には、シルバーなので、ケースもシルバーかホワイトが良かったが、ブラックも悪くは無い。許そう。ああ。BOSEを私は許そうじゃないか。大事なのはヘッドホンだ。

BOSE QuietComfort35-1-05

ハイ、来ました

もうね、この段階でヤバすぎる

マジでヤバい。音が悪くても買って良かったと思わせるこの質感、色、そして、配置(しまい方)。計算され尽くした角度、折り曲り方、ぶっちゃけると、BOSE QuietComfort25と変わらないのだが、それにしたって、シルバー、ステキ過ぎる

BOSE QuietComfort35-1-07

取り出すと、もう、EOS 70Dのシャッターを押す指が止まらない

最高の被写体に出会ったカメラマンは、きっとこういう気持ちなのだろう

全体のフォルム、絶妙なシルバーメタリック感は「オールホワイト」のBOSE SoundLink around-ear Wireless headphone Ⅱと比べ、高級感に溢れる

なぜ、ホワイトでは無く、シルバーをBOSEは選択したのか、少しわかった気がした

BOSE QuietComfort35-1-08

BOSEはこのようなボタンを全てのイヤホン、ヘッドホンで統一して採用している(と思う)

真ん中が再生ボタンで、2回押すと次の曲、3回押すと1曲戻る。いつも通りだ。

ワイヤレスなので、Bluetoothや、充電状態を示す部分も搭載されている

BOSE QuietComfort35-1-09

充電はMicroUSBで、これも他のワイヤレスヘッドホンと同じ

付属のケーブルじゃ無くても安心して充電ができるのは嬉しい。

BOSE QuietComfort35-1-11

当然、通話にも対応しているので、マイクが見える

実際、BOSE QuietComfort35を装着した状態であやかぜと話したのだが、ノイズキャンセリングがとにかくヤバい。ワイヤレスとは思えない通話品質だ

通話にすら集中できる、そんなヘッドホンがBOSE QuietComfort35だと言えよう。最高。

BOSE QuietComfort35-1-10

イヤーカップの中には規則正しく並んだ穴がある

BOSE SoundLink around-ear Wireless headphone Ⅱにもある穴だが、何か特殊な意味があるのだろう。継続採用だ。

BOSE SoundLink around-ear Wireless headphone Ⅱと比較!

おこPが「比較写真を撮ってから送ってもらえれば良いですよ」と言ってくれたので、2つ並べて撮ることができた。紹介しよう

BOSE QuietComfort35-1-12

左がBOSE SoundLink around-ear Wireless headphone Ⅱ、右がBOSE QuietComfort35だ

見ての通り、デザインはほとんど同じマイクの位置が微妙に違うが、両方ワイヤレスヘッドホンなので、ボタンや充電端子の位置も同じだ。

BOSE QuietComfort35-1-13

重ねてみるとわかるのが、電源ボタンの「方向」だ

BOSE SoundLink around-ear Wireless headphone Ⅱは「上」にあげると電源が入るのに対し、BOSE QuietComfort35は「右」に動かすと電源が入る

最初、この違いに戸惑ったが、3日目の今朝、もう慣れた。特に問題は無いだろう

さて、イヤーカップは何か違うのか、と、見てみた

BOSE QuietComfort35-1-14

何と、サイズ、形状、デザイン、同じだったのだ

全く同じ感じで「ノイズキャンセリング」タイプと「通常ヘッドホン」が選べるということになる。しかもBOSEの高音質ワイヤレスだ

前にも述べたが、今回、BOSE SoundLink around-ear Wireless headphone Ⅱを下取ってくれるおこPは「ノイズキャンセリングが苦手」とハッキリ言っているので、安心して売却できるが、一度、この2つを聞き比べると、ほぼ全員がBOSE QuietComfort35を購入することになるだろう。それくらい、「全然違う」のだ。次元が違うとはこういうことを言うのだろうと実感できるヘッドホンだ

BOSE QuietComfort35とBOSE SoundLink around-ear Wireless headphone Ⅱの違い

購入したBOSE QuietComfort35はノイズキャンセリング、BOSE SoundLink around-ear Wireless headphone Ⅱは通常のヘッドホンだ

では、その違いを部長ナビ目線で皆さんにお届けしよう

1 着けた瞬間、静寂があなたを包む

BOSE SoundLink around-ear Wireless headphone Ⅱは、通常ヘッドホンなので、多少、イヤホンよりは外音が遮断されるかなという感じだが、BOSE QuietComfort35は全く違う。全然違う。マジでヤバすぎる

BOSE QuietComfort25を使っていたのは1年前だが、1年使ってないと衝撃を受けるレベルの静寂さが着けた瞬間から訪れる

「サー」というホワイトノイズも無い。完全に「無音」が訪れるのだ。これがBOSEのノイズキャンセリングだといわんばかりの実力にまず驚く。曲をかけなくてもこのノイズキャンセリングだけで、集中して作業に当たれることは間違い無しと断言できるだろう

BOSE QuietComfort35の電源をオフにすると、装着した状態でもエアコンの風の音がわかる

ノイズキャンセリングが、いかに効果があるか、すでに私はBOSE QuietComfort35の虜だ。ああ。LOVE・ノイキャン

2 明らかに「低音のシャッキリ感」が違う

これ、ビックリしたのだが、低音のシャッキリ感と、BOSEらしい低音の響きが明らかにBOSE QuietComfort35の方が上だと感じた。

何度も付け替えて確かめたので間違いない

ちなみに、この低音のシャッキリ感と迫力は、購入初日、3日前にMessengerでg.O.R.iさんとすでに確認済だ。g.O.R.iさんも同様の感想を持ったらしく、いや、これはそうだろ、と感じた。

私の場合、手元に同じBOSEのヘッドホンがあったので、その違いは歴然だった。

シャッキリしているのに、うるさくない。響きすぎることも無い。何度も私は言っているが「BOSEはバランスが良く、長時間装用に長けている」事がまた証明された。ただ、低音を強調するだけのヘッドホンだと、疲れるのだ。頭痛すらする。BOSEはそのバランス良さの中で、シャッキリして心地いいビートを「静寂の中」で一音一音脳に入れてくれる。

簡単にいうと「たまらない」ということだ

ああ。買わない理由が無い。なぜ、買わないのか、その理由がわからないヘッドホンだ。3年は使えるだろうから、年1万ちょっと、月でいうと1000円で買える。安いとは思わないだろうか?

3 それでいて、高音は優しく透き通るクオリティ

低音がハッキリシャッキリしていると、どうしても高音の伸びや透明感が弱くなる

しかし、BOSE QuietComfort35は無敵だ。特に感じたのは西野カナとKANA-BOON。西野カナの繊細な歌声とビート、そして、KANA-BOONの「シルエット」においてはバランスがもう最高すぎて涙が出るレベルだ。

ただ、ハッキリしている高音では無く「優しく、そして、ハッキリ」聞こえるから不思議だ。まさにワンダーランド。夢の国にでもいるかのようだ

4 気付くと、作業に集中している。それくらい集中力が違う

気付くと記事を数本書き終えているくらい、作業に没頭できる

今は外して書いているのだが、窓を開けると外から車の走るロードノイズが聞こえる。音が当然車によって違うので、気になる人は気になるだろう

しかし、BOSE QuietComfort35を着けると完全に「無」の状態で作業に没頭できるのだ

そして、音質は最強で最高。比較対象のBOSE SoundLink around-ear Wireless headphone Ⅱが可哀想なくらいだと感じる。

外の音がノイズキャンセリングで消えることがこんなに集中力に差が出るのかと実感させられる3日間だ。恐るべしBOSE

たけPはブラックを購入!

男達のBOSEで、最終話において電撃購入したたけPから写真が届いた。いつも通り写真だけだが、何とかコメントももらったので紹介しよう

ブラックが好きな方は、ぜひこれを参考にして欲しい

BOSE QuietComfort35-2-03

EOS Kiss X7+24mmで撮影だと思う

ブラックはまさにブラック。黒好きな方にはたまらない色合いだろう。BOSEのロゴまで黒い。まさに松崎しげるモデルと言えよう。ああ。黒い

ちなみに、右奥にさりげなくiPad mini 4が置いてあるのがたけPのニクいところだ

頼んでないのにヤツはiPad mini 4をアピールする。超絶mini野郎のなせる技だ

【レビュー】iPad mini 4を3日使ってわかった6つのこと〜通勤、普段使いに超絶勧めるmini4の魅力をアナタに〜
【レビュー】iPad mini 4を3日使ってわかった6つのこと〜通勤、普段使いに超絶勧めるmini4の魅力をアナタに〜
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です たけPがiPad mini 4をゲットして3日使ったレビューが届いたのでお伝...

↑いつまで経ってもランキング上位のたけPの写真付きレビュー。どんだけこのレビューでiPad mini 4を購入した人がいるのかわからないくらい「買いました」というお便りを届く

全国のmini野郎の頂点に立つのがたけPかもしれない。んなこたぁねえか(笑)

BOSE QuietComfort35-2-02

角度を変えてみた

今度は後ろに何か写っているがボケていてよくわからない

たけPのポイントは「説明が無く、写真しか送られてこない」というところだ。ああ。コレを見て、今何となく記事を書く俺の身にもなってくれといつも言うのだが、ヤツは「わかった」と言って写真のみを送る耳と脳がつながってないのかもしれない。かれこれ25年の付き合いになるが、ヤツからまともな解説が届いたことは無い

今気付いたが、ケースはシルバーもブラックも同じブラックなんだね。でもやっぱりケースはシルバーモデルはシルバーが良かったなぁと思ってみるのは贅沢だろうか?

BOSE QuietComfort35-2-01

これ、後ろにハサミ写ってねえか?

オイ!ちゃんとよけてから撮れよ!と後で言っておくことにしよう。手前がステキな明暗なのに、後ろが残念すぎる。

罰としてキヤノン60mmマクロを買ってもらうことにしよう

4万のヘッドホンを将来のPerfumeが聞く。4歳、BOSEのノイスキャンセリングとチョコレイトディスコにハマる

BOSE QuietComfort35-2-04

これ、たけPの娘

ヤツからの唯一のコメントが「BOSE QuietComfort35を娘に取られたよー。チョコレイトディスコにハマって口ずさんでる」だ。

ああ。これしかコメントが無い。

でも、1つだけ言えることは、娘 with BOSE QuietComfort35 feat チョコレイトディスコステキだということだ

是非、将来、歌手デビューして、ウチのブログの宣伝をして欲しい。期待大だ。ウチの息子達はもれなく私のDNAを受け取り、小学生にしてすでに変態街道まっしぐらなので、ああ、色々な点で色々無理だろう。だから、たけPの娘に託そう

ちなみに、BOSE QuietComfort35はたけP家では、娘が占領し、たけPはほとんど聞けてないらしい。4歳児を虜にするノイズキャンセリング技術、そして、チョコレイトディスコ、全てが仕組まれたかのようなこのドラマに、全たけPが泣いた

まとめ

BOSE QuietComfort35-1-15

もう、何もかもが最高すぎて、何をまとめれば良いのかわからないBOSE QuietComfort35であるが、見ての通り、MacBook 12インチ、iPhone 6s Plus with エアージャケットクリアブラックとの相性も抜群だ。

カッコいいだけでは無く、ノイズキャンセリング、音質、ワイヤレス、全てが最高だと言えるだろう

安くは無いヘッドホンだが、何か1つイヤホン、ヘッドホンを勧めるとしたら間違いなくこのBOSE QuietComfort35を絶賛勧めたい

基本的にBOSEが置いてある家電量販店では試聴ができると思うので(岩手でも試聴ができる)、事前に店に問い合わせる方が確実だが、お店でこの威力を存分に味わって欲しい

一人でも多くの「BOSER」が生まれることを願って、レビューを終わろう

あなたにもステキな静寂が訪れることを祈って。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索