【レビュー】ヘッドセットはBOSE Bluetooth headset Series 2が最強!長時間運転でも全く耳が痛くならない!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

最初にお断りしておきます

ヘッドセットを使っての運転は、自治体によっては禁止されておりますので、各自治体の条例等を良くご確認の上、ヘッドセットを用いた通話を行ってください

岩手県は、ヘッドセットを使っての運転中の通話が禁止されておりませんので、紹介させていただいております

さて、今回購入したと言っても、実際に買ったのは2015年5月だったが、今は10月2日なので、もう使って4ヶ月経っている

長期使用レビューとなるが、ご覧いただきたい

BOSE Bluetooth headset Series 2の外観!

BOSE Bluetooth headset Series 206

これが、BOSE Bluetooth headset Series 2である。

非常にコンパクトで、オシャレなヘッドセットだ

もちろん、BluetoothでiPhoneと接続する

マルチペアリングに対応しているので、MacBook Pro 15インチとも同時につなぐことが可能だが、自宅でこれは使わないのでマルチペアリング機能は使っていない

BOSE Bluetooth headset Series 201

箱はこんな感じだ。マジでかっこヨス!

BOSE Bluetooth headset Series 208

真ん中に、「周りの音を感知する」センサーが付いていて、その向こうに「StayHearチップ」がある。コレのために購入したと言っても良いくらいの装着感の良さには脱帽だ

BOSE Bluetooth headset Series 210

StayHearチップはこのような形で、BOSE SoundTrue IE IPと同様の装着感だ

【レビュー】BOSE SoundTrue IE IPを4ヶ月使ってわかった8つのこと〜外の音を聞く必要がある人に最適〜
【レビュー】BOSE SoundTrue IE IPを4ヶ月使ってわかった8つのこと〜外の音を聞く必要がある人に最適〜
ワイヤレスヘッドホンを追加で購入した こちらの記事もぜひ、どうぞ! 〜以下、公開時本文〜 こんにちは。部長ナビ(@...

BOSE Bluetooth headset Series 211

本体下部は、電源スイッチがある。

今は赤い部分が見えるが、コレが電源オフの状態だ

コレをスライドさせると電源が入る。非常に分かりやすいボタンだ

BOSE Bluetooth headset Series 212

裏面には、マイクロUSBの端子がある。ここで充電を行う。モバイルバッテリーで充電できるのはありがたい

BOSE Bluetooth headset Series 213

上面から見えるのは、銀色の真ん中の丸い部分だ

ここで、周りの音を感知して、自動で耳に入る音量を調節するのだ。コレが秀逸なシステムである

勝手に音量が変わるので、非常に聞きやすい

BOSE Bluetooth headset Series 214

ちょっと、黒に黒なので見づらいが、右側が通話ボタンで、ここを押して通話が開始、終了となる。長押しでペアリングモードになるのも普通のヘッドセットと同様だ

左側には、音量の調節ボタンがあるが、正直これは使わない。自動で音量調整ができるからだ。

iPhone本体で音量を調整したら、後は、BOSE Bluetooth headset Series 2に任せるのが基本だ

BOSE Bluetooth headset Series 215

大きさを比べてみると、ヤクルト、Apple Magic Mouseと比べても非常にコンパクトなのがよくわかる。かなり小さくて無くしそうなくらいだ

VoyagerLegendと比べてみた

以前使っていた、VoyagerLegendと比べてみた

BOSE Bluetooth headset Series 202

左が、BOSE Bluetooth headset Series 2、右がVoyagerLegendである。

いかに、BOSE Bluetooth headset Series 2がコンパクトかわかるだろう

BOSE Bluetooth headset Series 205

裏面を見れば、その違いは一目瞭然だ。全く違うイヤーピースが、装着感の違いに直結している

秋田までの2時間半ロングドライブで使ってみた

私は過去に「密閉性の高いイヤーピース」を使ったイヤホンで、耳の痛みを訴え、売却すると言う事をしている

それくらい、要するに「通常タイプ」のイヤーピースは痛みが出て、とってもじゃないが実用的とは言えない、特殊な耳をしている

VoyagerLegendは素晴らしいヘッドセットだったが、どうしても秋田に行くと痛みが出た

しかし、StayHearチップを採用しているBOSE Bluetooth headset Series 2は、全く痛みが出ない。何時間でも装着できた

後のテストで、6時間連続使用でも全く問題無かった

耳がすぐに痛くなる私が効果抜群なので、普通に人にもお勧めのヘッドセットであることは間違いない。

音質も全然違う。

全く違うと言って良い。BOSE Bluetooth headset Series 2は、まるで、音楽用イヤホンのような素晴らしい音質で声や音楽を提供してくれる。

コレを片耳に装着し、運転しながら会話も当然だが、音楽を聴くこともできるのだ。コレは素晴らしい。

当然のBOSEサウンドはバランスがいい仲でも低音がしっかりと聞こえ、BOSE特有の「長時間聞いても疲れないバランス」が素晴らしい

結論

耳が痛くならない人は基本的に何でも良いと思うが、私のように、長時間の着用で耳に痛みが出る人には本当にオススメのヘッドセットである

BOSEファンじゃ無くても、コレは素晴らしいので、ぜひ、検討して欲しい。それくらい、StayHearチップの出来は素晴らしいモノがある

長時間イヤホンを使う方は、装用感も、音質も優れているBOSE Bluetooth headset Series 2がかなりオススメだ!

BOSE SoundTrue IE IPとあわせてBOSEサウンドの質の高さを楽しんで欲しい!

使ってよかったランキング10位「BOSE QuietComfort25」2015年1〜7月
使ってよかったランキング10位「BOSE QuietComfort25」2015年1〜7月
というわけで、たくさんモノを買ったり、使ったりしてきましたので、連載形式で、上半期じゃないんですけど、210...

なお、超絶私が勧めているいる「BOSE QuietComfort25」についてもヨロシク!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索