【レビュー】BOSE Companion20を勧める4つの理由

この記事は、2015年8月31日に公開した記事を追記したものです

こんにちは。BOSERの部長ナビ(@nabi_1080)です

さて、gori.me公認ファンサイト認定記念に、gori.meで絶賛紹介されていた「BOSEのPC用スピーカー」を買おうとしていた私。

本当は、BluetoothのSoundLink miniを買おうと思っていたのだが、g.O.R.iさんが有線のスピーカーを使っているので、チームgori.meとして、無線はあり得ねえだろ!ということで、有線を探しに行った!

ケーズ経由PCデポで結局物理的問題 in BOSE〜切なさを隠せやしない〜
ケーズ経由PCデポで結局物理的問題 in BOSE〜切なさを隠せやしない〜
行ってきました!ケーズデンキ! 私、gori.me公認ファンサイトになった記念に、BOSEのスピーカーを買おうと思って...

ただ、問題が1つあった。それは、「ニトリの1000円テーブルに乗らない」ということ。コレを解決するために、何度も試聴しに行き、g.O.R.iさんとも熱いLINEのやり取りをさせていただき、Companion20を買おうとは思ったのだが、なんせ、テーブルに乗らない。

ということで、「自然な形で」テーブルを買い、「また買ったの?」って言われないように、慎重にテーブルを選んだ。ニトリのテーブルより一回り大きく、MacBook Pro 15インチとCompanion20が乗るテーブルがコイツだ!

「幅60cm」がジャスト!マジでジャストのはずと言うことで購入し、Companion20も買った!完璧だ!

で、実際に聞いたらもの凄くオススメできるスピーカーであることがわかったので、絶賛紹介したい!

スポンサーリンク

開封!

Companion2002

コレが箱!(笑)

Companion2001

思ったより、上下にはデカいですが、奥行きはそれほどない。コントロールする丸いヤツが付いているのがポイント!

質感、色が素晴らしい!

Companion2004

このシルバーが「MacBook Pro 15インチ専用」と言えるほどナイス。

マジで素晴らしい質感だ。

Companion2003

付属品を全て並べるとこんな感じ。「無線」なんて関係ないZE!時代は有線!それがチームgori.me!(でも、g.O.R.iさんは、iPhoneにつなぐイヤホン、ヘッドホンは無線だったりする・・・)

Companion2005

裏面。電源は片方に差し、もう片方とは専用ケーブルでつなぐ。HDMIみたいな端子は、コントロール用の丸いヤツにつなぐ専用のものである

コントロールする丸いヤツがヤバい!

Companion2006

↑コレがヤバい。BOSE特製のコントロールする丸いヤツ。

下の2つの穴は、左がここからイヤホン、ヘッドホンにつなぐ穴、右がiPhoneやiPadをケーブルでここにつなぐと、Companion20から音が出るという外部入力端子である。素晴らしい!

Companion2010

コレが画期的。今、コレ、電源入っているが、触るだけで、電源のオン、オフが変わるのだ。スイッチでは無くタッチセンサーである。スゴすぎる!コレが超絶使いやすいのだ!

Companion2009

この、横の黒い部分を回すと、音量が大きくなったり小さくなったりする。コレもメッチャ使いやすい!神仕様である。なんじゃコリャ!スゲーぞBOSE!

最強にMacBook Pro 15インチに似合う

Companion2011

これは、WiiUの部屋(ベッドのある部屋)での設置例である。もう、この時点でカッコよすぎる!音質どうこうの前に、見た目がヤバい!そして、BOSEなので、MacBook Pro 15インチとの親和性もそうだが、所有欲を満たしすぎる逸品である!たまらないぞ!

Companion2007

メインの作業部屋である「洗濯乾燥部屋」に設置!これまたヤバい!ヤバすぎる!

見ているだけでゆうにご飯3杯はおかわりできるヤバさである!もちろん大盛りだ!特盛りでも、メガでも、いや、ギガでもいいくらいだ!

Companion2008

もちろん、ブチョMacにも完全対応!

サーモスの真空断熱タンブラーまでが完全にマッチングした色合いで、純正品なんじゃ無いかと網くらい完璧なバランスである!

もう、失禁寸前である!

Companion2012

これが、新たに買った、地味なテーブルである。
完璧な幅である。今後、MacBook Pro 15インチ+Companion20を買う場合は、幅60cmのテーブルを買うとジャストなので覚えておいて欲しい!マジでジャスト!

思った以上に音質がヤバい

音質がいいことは試聴でよくわかっていたが、想像以上の良さに驚いた!

BOSE特有の「低音が強調されながら、高音がこもらない」音作りはさすがの一言!しかも、これもBOSEの特徴である、「長時間の試聴でも疲れないバランスの良さ」が耳を包む!

1万円台のスピーカーではやや高音がこもり、35000円のMusicMonitorは、やや「シャリシャリ感」があった。ずっしりとバランスがよく低音が響くのはまさにコレ、Companion20である!

特に、BOSE SoundTrue IE IPを聞いた後でコレに変えると、その差は歴然である。あまりのヤバさに記事を打つ気が失せるほどである。それくらい高音質。本当にヤバい!

嘘だと思うなら、自分のスマホをぜひCompanion20につないで視聴して欲しい。このヤバさがアナタにもよく伝わるだろう!

以上、絶対にオススメできるポイントを挙げたが、まさにCompanion20は「最高の環境で文字打ちをするための最高のスピーカー」である。有線とか、無線とか、そういう問題では無い。このスピーカーを使うこと自体に大きな意義がある。

BOSEは無線のスピーカーもあるが、正直買う気にはならない。Companion20がこれだけ高音質だと、他のスピーカーを買う気がしないのだ。

早朝はBOSE SoundLink around-ear Wireless headphone Ⅱ、外ではBOSE SoundTrue IE IP、自宅での通常打ち込みはCompanion20と使い分けが良いと思う。

どうせ買うなら、「良いものを長く」というのが私の考え方である。BOSEは少々値は張るが、長く使うことを考えると、安いものを短いスパンで買い換えるより、絶対経済的であると考える。

間違いなく万人にお勧めできるPCスピーカー、Companion20、アナタもこの音質の虜になって、チームgori.meに入ってほしいものである。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索