OneDrive、動画のバックアップに最適です

現在、結構多くの動画をYouTubeにアップしているわけですけど、MacBook Proは実はSSDの容量が256Gしかなくて、無音でメッチャ早いのは良いんですけど、あっという間に動画で一杯になってしまうんですね。

ですから、動画の保存というのは非常に大きな問題だったんですけど、先日お伝えした「OneDriveに保存」と言うことを最近ずっとやっておりまして、これが快適です。

基本、iCloudDriveは「MacBook Proと共有」しますので、iCloudDriveに動画を保存しても、共有するので、MacBook Proの容量は減らないんですね。これ、覚えておいてください。共有しない、クラウドストレージに保存する必要があるわけです

んで、
私が選んだのが「OneDrive」です。これはMicrosoftのサービスですけど、私、Office 365 Soloを年間契約しておりますので、なんと、「1TB」という驚異の容量が無料で使えるようになっております。自宅のパソコンでOffice 365 Soloを使う場合は、OneDriveを使わない手は無いです

ちなみに、普通に保存すると、iCloudDriveと同じで、MacBook Proと共有しますので、いつでもアクセスできるんですが、MacBook Proの容量は減りません。ここで、ポイントがあります。

OneDriveは、ブラウザから開いて、OneDriveにログインすると、「フォルダごと」に「パソコンと共有するかどうか選べる」機能が付いているんですよ。

ですから、WordやExcelのファイルは同期する設定にしてますので、MacBook ProからOneDriveのフォルダを開くと、MacBook Proに保存されているような感じで見ることができます。しかし、動画のフォルダは、見えないんですね。ブラウザからOneDriveにアクセスしないと見れません。これがポイントなんです。

過去動画なんて、絶対見ませんから(笑)、でも、取っておいた方が良いので、問題はどこに保存するかでした。外付けHDDを買おうかとも思いましたが、OneDrive、全然良いです。早朝作業中であれば、アップロードも快適に行きますので、ガンガンアップロードして、バンバンMacBook Proから消してます。素材動画もそのようにして、全てOneDriveに保存しております。1TBが一杯になったら、外付けHDDを買う予定です。

皆さんも「同期しない」という設定で動画フォルダを作成し、ブラウザからアクセスすることで、ぜひ、動画ファイル、写真ファイル等をOneDriveでバックアップして見てください。オススメですよ~

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索