OS X El Capitanの「標準IMEによるライブ変換」がヤバイらしいので使ってみた!思ったより全然賢い変換で、ちょっと気持ち悪いくらいライブで変換するぞ!こりゃ大変かも!

OS X El Capitan

みなさん、OS X El Capitan、楽しんでるかい?

今、ATOK野郎の俺が、なんと、OS X El Capitanの標準IMEで打ち込んでいる。しかも、なんと、ライブ変換という、打ちながら変換してくれるナイスでジョリーグッドな変換システムで今まさに何もせずにただ打ち込んでいるところだ!

ヤバい!

全く、一回もエンターキーを押していないのに、変換間違いが無いってどういうことだ?

これ、どうやって変換しているのか、全然意味がわからないけど、全く誤変換が無い上に、ワタクシのこの入力スピードについてきやがる!

しかも、変換してそのまま打ち続けると、次から次へと確定していって、どんどん新しい文章を打ち込んでいきながらガンガン確定していくのが気持ち悪い(笑)

これ、どうなんだろうか?

ちょっとよくわからないが、ATOKでの単語登録が全く活かせないのが痛いところだ。全て一から登録しなおし何だけど、普通にライブ変換で全く誤変換が無いのが恐ろしすぎる

今の所、一つも誤変換が無い。

皆さんはそのまま記事を読んでいると思うので、何のこっちゃわからないかもしれないが、打ち込んでいくと、文節を理解して、少しずつ漢字変換して行って、どんどん確定していくのだ

これ、ヤバいかもしれない・・・。

一度、変換して教えてやると、次からちゃんとそれで変換してくれるようになる

最初は、(笑)が、出なかったけど、一回教えてやると、次から、文章の最後につけると勝手に変換してちゃんとカッコ付きでいい感じで出る(笑)。ほら。出たでしょ。

スペース全く押していません。ここまで、エンターすらほとんど押していない。ヤバいぞこの精度。ヤバすぎる!

ちょっと、幾つかの記事を、このライブ変換で打ってみたいと思うけど、ライブ変換なので、多分ほとんど漢字変換のミスはないんだよね。っつーか、いちいち文節変換見ないで勝手に変換してくれるからスゲーいい感じかもしれない。

もう少し、記事を打ってみたいと思うので、これからしばらく、標準IMEのライブ変換でいきたいと思うのでヨロシク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索