Safariの「再起動時に、同じタブをまた開く」という設定が出来たのでやってみた

Safariって
再起動すると、タブが全て閉じられるんですよ
ですから
また、同じ検索をして
同じページを開かないといけないんですよ
コレが結構ストレスでしてね・・・

何とかならないかなーと思って見たら
設定ありました!

よっしゃーということで
即設定したのでお知らせしておきます

まず
システム環境設定の
「一般」を開きます

「アプリケーションを終了するときにウィンドウを閉じる

というところにチェックが入っているので
コレを外します。
コレでオーケーです。

これで、
再起動しても
同じタブが開くようになりますので
超絶便利です

これ、
Safariの再起動って
いつ使うかというとですね
Appleデバイスの必殺技である
「写真の共有」機能ですが
アメブロを更新するときは
Safariからアメブロにアクセスして
「画像をアップロードする」というボタンを押すんですが
これね
「写真」のアプリで共有されていても
Safariで反映されないときがあるんですよ
そういう時は、
Safariを再起動すると
iPhone6で撮った写真が表示されるようになるんですね

ですから
結構頻繁にSafari再起動するんですけど
コレがね、大変なのよ
調べ物とかのサイトが全部消えますので
メモ取ったりとかしなくちゃいけなくて大変だった

でも、
これで同じタブが開くようになるので
非常に快適になります

ぜひ、Mac野郎の皆さんは
この設定を使って快適なアメブロライフを送ってくださいねー

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索