Dropbox Proの使い方・初心者講座と私が使う理由

7463062672_68298f2171_k

こんにちは。Dropbox野郎の部長ナビ(@nabi_1080)です

MacBook 12インチを購入し、快適に使っておりますが、ここで問題となるのが「15インチとのデータの同期」です

g.O.R.iさんと、ちゃぼPにアドバイスをもらって、Dropboxを使うことにしました。かなり苦戦しましたが、何とか使えるところまで持ってきましたので紹介します

スポンサーリンク

なぜ、今までDropboxを使わなかったのか

1 iCloudで良いと思っていた

iCloudに保存していたのは、2015年8月に購入したMacBook Pro 15インチのための、以前所有していたMacBook Pro 13インチのファイルだ。iCloudに保存しておけばまあ、問題は無かったので別になんとも思わずにそのままiCloudで使っていた

2 写真の枚数が少なかった

写真が増えたのは、2015年では無く、マクロレンズを買った2016年からだ

だから、急に写真の枚数が増えた

3 Officeの契約で1TB使えるOneDriveにしか、Officeのデータは保存できないと思っていた

Officeの保存先として「このMac」と「OneDrive」しかないので、他の選択肢は無理だと思っていた

Wordはほぼ毎日使うので、Dropboxという選択肢は私には無かった

Dropboxを使うことに決めた理由

1 g.O.R.iさんが「全部Dropboxに入れている」と聞いて、2台のMacのデータの同期に良いと思った

まあ、これが全てだが、MacBook Pro 15インチと、MacBook 12インチのデータ同期は思ったより大変なので、全部Dropboxに入れれば済む話だというのはその通りだ

2 OneDriveがハッキリ言って使えなさすぎるので、ちゃぼPに相談したら、Dropboxのフォルダに普通にOfficeのファイルは保存できることを知って愕然とした

これも衝撃だった

「このMac」という選択肢の中にDropboxが出てきて、その中に普通に保存できるというのだ

実際にやってみたら、本当に出来た

しかも、同期のスピード、ファイルの表示、ダウンロード、全てがOneDriveよりDropboxの方が上だ。ずっと、OneDriveを使ってきた私にはショックで失神するくらいの違いだった。マジでDropboxは快適そのもの。衝撃過ぎる

3 写真ファイルが「カメラアップロード」機能により、SDカードを挿した瞬間に勝手にアップロードされる

これは、マジで、これだけでご飯4杯はイケる機能だ

ビックリしすぎてうれション(犬)寸前だ。

4 Dropbox内のファイルからAlfred 3経由でPhotoBulkに普通にイケる

これも素晴らしすぎる。なんてナイス

5 スクリーンショット自動保存が神

これもご飯3杯はイケる機能だ。スクショ撮った瞬間にアップロードされる。スゴい。スゴすぎる

Dropboxを使うなら、有料プランの「Pro」を契約しよう

スクリーンショット 2016-05-27 21.26.21

↑月々1200円はかかるが、みんな使ってるProプラン。実際使うとマジでヤバいので、是非オススメ!

写真が多い人、複数台のコンピュータでデータ同期が必要な人にお勧めだ

スクリーンショット 2016-05-27 21.28.13

↑契約が終わるとこの画面になる。おめでとう俺。ありがとうDropbox

スクリーンショット 2016-05-27 21.29.11

良くわからんが、Gmail統合機能があるらしいのでチェックをした

スクリーンショット 2016-05-27 21.29.29

Gmailの作成画面にDropboxのアイコンが出て、Dropbox内のファイルを直接添付できるらしい。こいつぁスゲえや!

スクリーンショット 2016-05-27 21.24.22(2)

スクリーンショットが取った瞬間にDropboxにアップされるのがマジ神。超絶使える

スクリーンショット 2016-05-27 21.24.22

Dropboxのファイルは、実は以前にDropboxを使っている方からDropboxのリンクをメールでいただいてアクセスしてファイルをもらったことがある

これがDropboxの共有機能か・・・。なかなかやるなぁ

選択同期は必ずチェックしよう

OneDriveにもあるのだが、Dropboxにも「選択同期」というのがある

これは、「選択したフォルダのみ同期しますよ」ということだ。簡単に言うと、YouTube用に作った動画置き場のフォルダは同期しないという設定をすると、YouTube動画置き場は、「ダウンロード」しない限りファイルを開くことが出来ない。これが「同期していない」という状態だ

動画ファイルを全部同期するとアップロードして保存する意味があまりなくなるので、私もOneDriveでは動画フォルダは同期しない設定をしていたのだが、Dropboxもそれが出来る

これについては、話の中でg.O.R.iさんに教えていただいて、新しい情報で追記もしていた出したので、gori.meを参照して欲しい

Dropboxの「選択型同期」を利用する方法ーー特定のファイル/フォルダを同期可能に
「Dropboxに上がっているファイルをすべて同期しない設定があったら便利なのになあ」と常々思っていた。実はDropboxは各デバイスで同期したいファイルを選択することができる機能が用意されているのだ!容量の少ないデバイスを使っている人は活用するべし!

↑こちらの記事を参考に「選択同期」をぜひやってみて欲しい

アップロードを早くする技も

g.O.R.iさんにコレも教えていただいた

Dropboxのファイルアップロード速度を高速化する方法
あの手この手を駆使して気付いたらDropboxの容量が20GBもあるのだが、使用できる容量が増えればアップロードするファイルの容量も自然と増えてくる。大容量ファイルをアップロードはどうしても時間が掛かりがちだが、どうやら高速化することができるようだ。

↑コレをすると、アップロードの速度が上がって快適になるようだ。ぜひ設定して欲しい

まとめ

今では、PhotoBulkで作成した「ブログ用写真」も「対話型アクティブラーニング資料」も、「カメラ写真」も、全てDropboxに保存されている。素晴らしい!素晴らしすぎる!

特に素晴らしいのは、Word起動時のフォルダ表示の速さ。クラウドとは思えない素晴らしい速さだ。OneDriveはマジで遅かった

仕事にも使え、Alfred 3もバッチリ効く。Finderの一番上に表示されるので、アクセスも良く、SDカード差すと勝手に写真がアップロードされる。そうだ。写真アプリが不要になるのだ。素晴らしい!

最初は色々アップロードするものが多いので、待ち時間が長くて大変かも知れないが、最初をクリアするともう、それはそれは快適にDropboxを使うことが出来る

さらに、写真については、外付けのHDDを併用すればさらに安心できるだろう。写真アプリはなるべく使わず(もう6000枚とか言ってるので)、Dropboxに全部ブチ込んで、不要なヤツはHDDみたいな感じで外部に逃がす作戦をとっていきたいと思う

Dropbox Proは有料だが、ハッキリ言ってもの凄く快適だ

ブログもそうだが、Officeのデータ処理が非常に快適。Gmailとの連携も素晴らしい。添付が一発というのもとても嬉しい

使いまくりのDropbox、私だけではなく、g.O.R.iさん、ちゃぼPも使っているので、あなたも、最初は無料プランからぜひいかが?

全力でオススメしますぞ!

↑こちらから、Dropboxにアクセスしてみよう!Mac用のアプリもダウンロードできるぞ!

iPhone用のアプリもある!

iPhoneはApp Storeにアプリがあるので、それをインストールし、ログインすると、撮った写真が勝手にアップロードされるようになる

これもかなり便利なので、ぜひ使ってみて欲しい!

Dropbox最高!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索