【レビュー】Alfred 3で検索、アプリ起動が一発!ブログ用写真処理がラクラク!

Alfred

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

Alfred 3が正式にリリースされました

ランチャーアプリ「Alfred 3」、スニペット機能を搭載し、「メガサポーター」向けに始動!
ランチャーアプリ「Alfred 3」、スニペット機能を搭載し、「メガサポーター」向けに始動!
こんにちは。超絶Alfred野郎の部長ナビ(@nabi_1080)です Alfredの記事を出すと言って、もう半年くらいほったらかしにして...

↑パワーパック等の説明はこちらから!

スポンサーリンク

Alfred 3は、有料プラン「パワーパック」を購入して、真価を発揮する

とりあえず、パワーパックは高いですので、必要に応じて買ってみて下さい。カード払いですね。ユーロです。

g.O.R.iさんが紹介していて、試しに使ってみたら、もうヤバくて、今ではマジで毎日必ず使うアプリですね

今回は、紹介すると言っていて先延ばしになっていたAlfredの部長的な使い方を紹介します

まずは、起動のショートカットを決める

スクリーンショット 2016-05-21 6.04.00

私はg.O.R.iさんと同じ設定にしているので「Control」+「Space」にしています。USキーボードなので、キーボードの設定で、CapsLockをControlに変更していますので、JISと同じ場所で使えます

検索するときなど、単体でAlfred 3を起動するときはこのショートカットを使います。当然ですが、ショートカットキーはお好きな組み合わせでどうぞ!

次に、選択したファイルに対して、Alfred 3が起動するようにショートカットを決める

スクリーンショット 2016-05-21 6.12.25

左から2番目のメニュー「Features」にある「File Search」にある設定で「Actions」というものがあるので、その一番下に「File Selection」を「Commandのダブルタップ」に変更します。

これがマジで超絶便利。

仕組みを言うと、ファイルを選んで、Commandを2回押すとAlfred 3が起動するという感じです。マジ神

写真アプリから写真を選んで、Photo Bulkに入れるのが一発

スクリーンショット 2016-05-21 6.09.33

普通は、このように、写真アプリを開いて写真を選ぶと言う事は無く、Photo Bulkを起動して、Openを選んで、写真ファイルを選ぶと思いますが、Alfred 3は違います

まず、写真アプリで適当に写真を選びます。

Photo Bulkは、ブログ用に、写真の大きさ変更やウォーターマークを入れてくれる超絶便利なアプリです

【Macアプリ】MarsEditと連携させるべき7つのオススメアプリ
【Macアプリ】MarsEditと連携させるべき7つのオススメアプリ
↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ! 部長ナビ(@nabi_1080)がWordPressでブログを更新するために欠...

↑MarsEditと連携させるべきアプリにもちろん入っています!最強ですよ!

で、写真アプリでPhoto Bulkに突っ込みたい写真を選んで、Commandを2回タップするんです。すると・・・

スクリーンショット 2016-05-21 6.09.40

これが出てきます

Alfred 3が起動するんです

ちゃんと「3 files selected」と3つの写真が選ばれていることがわかります

で、Enter一回で「Open with・・・」が選ばれ、アプリでこの写真ファイルを開くことが選択されます

スクリーンショット 2016-05-21 6.09.49次に、どのアプリで開くかの画面になるので、「p」と打ちますと、「p」から始まるアプリ、「p」が含まれているアプリがダーッと並びますので、Photo Bulkを選択してEnter。これで終わりです

メッチャ爆速

スクリーンショット 2016-05-21 6.09.58

イェア!起動!(σ´∀`)σ

最強だぜ!

イメージオプティム(写真圧縮アプリ)も一発

スクリーンショット 2016-05-21 6.10.08

写真選択して、Commandを2発でAlfred 3起動、Enter一発でここに来ますが、イメージオプティムはデフォルトでよく使うアプリに入っているらしくて、下一回でアプリ選択できます。超絶便利。

フォルダ検索も一発

基本的に「Control」+「Space」でAlfred 3は起動するので、最初の何文字かを打つとフォルダなんて一発で出せます

スクリーンショット 2016-05-21 6.33.55

Alfred 3が起動したら、フォルダ名の最初の何文字かを入れます

今回は「MacBook 12インチ」の写真をイメージオプティムで圧縮して、flickrにアップロードしたいので、「macb」と打つと、このように、この文字列が含まれるアプリやフォルダが表示されます。本当は、「mac」とか「ma」でも表示されますが、余計なアプリも表示されるので、ここまで打ちました

とにかく、この「先頭の何文字かを打つと勝手に検索して表示してくれる」のが爆速で、マジ神です

これでフォルダが開くので、いちいちFinderから開くとか、日が暮れます。

これを一度でも味わってしまうと、二度とAlfred 3から逃れられない体になります。ああ。神よ。Alfred 3なんて危険なアプリをなぜ作ったのか・・・。とマジで言いたい。それくらいハマる

んで、フォルダ開いたら写真選んでCommandキー2発でAlfred 3呼び出して、イメージオプティム突っ込んでやれば、あっという間にflickrにアップできます。ステキ過ぎる。

サイト内検索も一発

メチャクチャ使う「サイト内検索」

過去記事リンクとかを貼るときに使いますが、これもAlfred 3で一発

スクリーンショット 2016-05-21 6.05.17

この「Search URL」で、「nabi1080.com」の部分を自分のサイトアドレスにしてみてください

この通り打って、Alfred 3起動して、「nabi」とか打ち込むと「自サイト検索」が出てくるので、後は「MarsEdit」とか適当に打てば、ウチのブログの中の記事でMarsEditに関係のある記事が普通に検索されます。Alfred 3だけでいけるのがマジスゴい。ヤバすぎます。

まとめ

ブロガーの方はマジで使った方が良いと思います

半年使ってますけど、本当にヤバいです。これ無しで写真の処理とか、もう考えられませんからね

爆速過ぎて泣けるので、涙で画面が見えなくなりますが、うれし涙は良い涙なので、流しちゃえよ!

じゃ、ステキなAlfred 3生活を!アディオス!

PS

ちなみに、gori.meでは、さらに詳しく、設定方法が載っていますので、次のリンクからAlfred関連の記事も読んでみて下さい!

「Alfredの使い方やTips」に関する記事まとめ | gori.me(ゴリミー)
Mac用のランチャーアプリ「Alfred」の便利な使い方、設定方法、便利なTips、知らないと損する機能、作業効率が向上する設定など、「Alfred」に関する記事まとめ。 Spotlightでも十分便利だが、キーボードから手を離さずにファイルの操作を行いたいという人にとっては「Alfred」は欠かせない便利ツール。

↑ここからGO!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索