PhotoBulkはMarsEditに欠かせないブロガー必須のウォーターマーク挿入・リサイズアプリだ!

PhotoBulk

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

毎日のブログ作業に欠かせないアプリとして「MarsEdit」が挙げられます

WordPress用オススメブログエディタ「MarsEdit」の使い方、ショートカット紹介
WordPress用オススメブログエディタ「MarsEdit」の使い方、ショートカット紹介
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 毎日のブログ作業に欠かせない「ブログエディタ」である「MarsEdit」の使...

↑MarsEditの使い方はこちらから

【Macアプリ】MarsEditと連携させるべき7つのオススメアプリ
【Macアプリ】MarsEditと連携させるべき7つのオススメアプリ
↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ! 部長ナビ(@nabi_1080)がWordPressでブログを更新するために欠...

↑MarsEditと連携させるべきアプリはこちら。PhotoBulkも入っています

MarsEditはブログエディタですが、WordPressでは「印象的な写真」の挿入が欠かせません

しかし、挿入する写真は「適切な大きさ」「軽く」、かつ「無断転用を防ぐ」事が大切だとg.O.R.iさんに学びました

それをかなえてくれるのが「PhotoBulk」というMacアプリです

毎日使っているヘビーローテなアプリで、後にアップする予定の「Alfred」と組み合わせると、マジで最強なんですけど、今回は純粋に「PhotoBulk」の使い方をお伝えします

スポンサーリンク

設定その1「ウォーターマーク」

PhotoBulk01

起動すると、こんな感じでウィンドウが開きます

一番上の「Drop images here」というところに写真をドラッグアンドドロップすると「スタート」というボタンが出て行けるわけですけど、設定が必要ですので、説明していきます

まず、ウチのブログの写真の右下には「nabi1080」という青いマークが入っています

これを「ウォーターマーク」と言います

私のような弱小ブログではありませんが、g.O.R.iさんのようにプロブロガーや、一般ブロガーでもかなりのPVを持っている場合、アップした写真が無断で他の場所で使われることがあるそうです。コレを防ぐために「コレは私が撮った写真ですよ」という証明となるのが「ウォーターマーク」です。

私はまだ、ウォーターマークを入れるべき立場では無いと思いますけど、「入れるとかっこいい」という理由でガンガン入れています。ブロガーであれば、ぜひ入れたいですよね?

ちなみに、この「nabi1080」は当ブログプロデューサーのたけPに作ってもらいました。自分で作る必要がありますので頑張って作りましょう

g.O.R.iさんは、おなじみの「g.O.R.iマーク」で正方形の中に丸いマークです。

上の赤枠の中にある「width」は「幅」、「height」は「高さ」です。

右の丸い黒い○は「ウォーターマークの場所」になります。ここを微妙に調整すると、良い感じで場所を決めることが出来て、一度決めると覚えてくれるので毎回同じ位置にマークを挿入することが出来ます

その下の「opacity」というのは「透明度」になりまして、「40」が私はベストだと思っていますが、人によって「もっと薄い方が良い」とか「濃い方が良い」という好みがあると思うので、実際に写真を書き出して、色々調整してみてください

設定その2「画像の大きさ調整」

PhotoBulk02

これは、g.O.R.iさんの設定をそのままパクってます

横幅が「1466」というのが、Retina対応の大きさのようです。gori.meを読んで、この値にたどり着きました。

設定その3「圧縮」

PhotoBulk03

圧縮機能も付いていますが、私、コレで圧縮したときに、実際にアップしてブログ上で見てみたら、「アレ?ざらついているな?」と言うことがありました

これ、圧縮率がかなり難しいと私は感じたので、私はこのアプリでは圧縮をしないことにしました

圧縮は自動でイケる「イメージオプティム」を使っています。

上の「MarsEditと連携させるべきアプリ」に入ってますので、そちらをご覧下さい

あくまで、「PhotoBulkでは、ウォーターマークとリサイズ」をやっているという感じです

設定その4「ファイル名」

PhotoBulk04

撮影した写真は、普通「image0001」みたいなファイル名が付いた状態だと思います

自分的に「コレは良い写真だろう」と思ったヤツというのは、「Google画像検索」の対象にもしたいものですが、当然「image」から始まるファイル名だと、検索対象になることはありませんよね?ですから、ここのファイル名は、「検索されるであろう」キーワードを入れることがポイントです

右の方の「00」というのは連番設定が「2桁」で表示されることを意味しています。特にいじることは無いと思います

ファイル名だけちゃんと考えてもらえればオーケーです

設定その5「写真をブチ込んで保存先選んでスタート」

設定が終わったら、写真をブチ込んでスタートを選ぶと、保存先を聞かれます

私は「書類」というフォルダの中に「ブログ用写真」というフォルダを作り、その中に、「レビュー用」とか色々フォルダを作って細かく名前付けて管理しています

このフォルダをバックアップ取れば、仮に写真がなくなっても、ここから再アップすれば良いので万が一にも対応可能です

LightRoomとかの絡みもありますが、とりあえずPhotoBulkは毎日必ず使うアプリであるので、使い方を知ることにより、爆速で使えるようになりますのでぜひお試し下さい!

Alfredとの連携はマジで最強です。後で紹介しますので、そちらもおたのしみに!

↑WordPressブロガーにはマジでオススメ、そして、必須のPhotoBulk、ぜひ導入を検討してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索