HyperJuice150Wの実稼働時間・MacBook Pro 15インチでテスト!

【レビュー】HyperJuice150W高負荷での実稼働時間を検証!MacBook Pro 15インチが1日使えるぞ!
【レビュー】HyperJuice150W高負荷での実稼働時間を検証!MacBook Pro 15インチが1日使えるぞ!
こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です 先日、サンプル提供いただいたHyperJuice150Wについて、さ...

↑150W高負荷での実稼働時間検証記事はこちらからどうぞ!

こんにちは。サンプルレビュアー部長ナビ(@nabi_1080)です

今回は、act2から提供いただいたHyperJuice150WのMacBook Pro 15インチにおける「実稼働時間」を検証したいと思う

スポンサーリンク

テスト内容

・100%残バッテリーから、3%になるまで普通に使う

・3%になったら、HyperJuice150Wを接続し、HyperJuiceがカラになるまで作業を続け、時間を計測・・・①

・HyperJuiceがカラになったら、また、そこから、3%になるまで時間を計測・・・②

・①+②がHyperJuiceの「実稼働時間」となる

使用アプリ、設定等

基本的に、100Wをテストしたときと同様とする

・「バッテリー使用時は画面を少し暗くする」をチェック

・バッテリー接続時も、手動で照度を調節し、バッテリー稼働と同様少し画面を暗くする

・ブラウザはChromeを使用

・Google Analyticsの常時表示はしない

・Premiere、Photoshopは使わず、通常のブログ作業、文章作成作業に使うアプリのみを使う

HyperJuice100WでMacBook Pro 15インチの実稼働時間検証
HyperJuice100WでMacBook Pro 15インチの実稼働時間検証
【追記】100%の状態から充電が必要な5%になるまでの時間を計測し、HyperJuiceの稼働時間がバッテリーのみの稼働時間に対してどのく...

この環境でやったので、過去記事も参照して欲しい

まず、100%→3%のバッテリー稼働時間テスト

4時間45分の作業が可能だった。コレは前回同様である。何回かテストしたが、平均を取るとだいたいこのくらいだ

3%→HyperJuice接続で、カラになるまで計測

HyperJuice150W実稼働時間03

HyperJuiceを接続して、充電されている間も、「稼働時間」となるので、この時に「照度が上がらないように、手動で設定」して、照度をバッテリー稼働時と同じにし、どのくらいの時間でどのくらいまで充電できるかを見た

結果:2時間23分でHyperJuiceがカラになり、3%→82%まで充電できた(79%分の充電)

最後に、82%→3%になるまで、作業をして、時間を計測した

すでに、HyperJuice接続で、2時間23分の稼働ができているわけだが、ここから、また3%に戻るまでが「HyperJuiceの実稼働時間」となる

複数回テストを行い、平均を取った

結果:82%→3%の稼働時間は4時間5分

まとめ

HyperJuice150Wによる実稼働時間:6時間28分

6時間半の稼働が可能であった。

普通に100%から3%まで作業をするのに、4時間45分使えるので、合計で11時間稼働できることになる。コレは完璧なんじゃ無いだろうか?

100Wと比べると、確かに300g重くなるが、それで、稼働時間がかなり延びることがわかったので、実際に使ってみて「精神的な安心感」がもの凄く増した感じがする

HyperJuice150W実稼働時間04

外で使うときに、絶大な安心感をもたらしてくれるHyperJuice150Wモデル

100Wでおさめるのも良いと思うが、私はどうせなら、150Wモデルを購入して、安心してMacBook Pro 15インチを使いまくりたいと思った所だ

重さは1.05kgと、MacBook Retina 12インチを超えてしまうのだが、キーの打ちやすさ、画面の広さ、拡張性、処理速度、全てが飛び抜けているMacBook Pro 15インチだからこそ、外でも使う価値があるのではないだろうか?

「バッテリーが持たないから、サブ機」と考えている人がいるのであれば、HyperJuiceという選択肢を思い出して欲しい

自宅で何もストレス無く作業できるあの環境が、バックパックを使うことさえできれば、出先でも同様の快適さが保証される。

11時間も稼働できるのであれば、よほどの人で無い限り、バッテリー切れになることは無いだろう。

私は、HyperJuice150Wをこれからも使い続けると思うし、非常に満足のいく結果となった

アナタがもし、MacBook Pro 15インチをメインで使っているのならば、外で長時間使う機会があるのであれば、どうせ持ち出すなら、MacBook Pro 15インチを持ち出したいと考えるのであれば、HyperJuiceはアナタの強い味方になるだろう

値段は高いかもしれない、重いかもしれないが、それを補ってありあまる魅力がHyperJuiceにはある

そう確信した実稼働時間テストであった

この記事が、一人でも多くのMacBook Pro 15インチユーザーの役に立つのであれば幸いである

最後に、このような素晴らしい比較検証の機会を与えていただいたact2に心からの感謝と敬意を表してレビューを終わりたい。HyperJuice最高!MacBook Pro 15インチ最高!

HyperJuice

HyperJuiceの公式ページはこちらからどうぞ!

ブログレビュー – HyperJuice 1.5 – act2,Inc - 株式会社アクト・ツー

HyperJuice公式サイトに、この記事が紹介されております!

アクト・ツー HyperJuice External Battery 1.5 - 150Wh MBP1.5-150
アクトツー (2013-01-22)
売り上げランキング: 34,912

↑部長オススメの150Wモデルはこちらから!

アクト・ツー HyperJuice External Battery 1.5 - 100Wh MBP1.5-100
アクトツー (2013-01-22)
売り上げランキング: 56,854

↑MacBook Airの方にはオススメの100Wモデルもどうぞ!

アクト・ツー HyperJuice External Battery 1.5 - 60Wh MBP1.5-060
アクトツー (2013-01-22)
売り上げランキング: 45,044

↑MacBook Retina 12インチに最適な60Wバージョンもあります!

↑部長使用のMagSafe2ケーブルはこちらからどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索