【レビュー】TimeMachine用に「My Passport for Mac」が便利。つないで即使えるMac専用HDDだ!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

2015年12月に購入したバックアップ用HDDを2016年5月にやっと箱から出しました(笑)

TimeMachineもやってみたので、紹介します

スポンサーリンク

外観!

TimeMachine02

これが、今回購入したWDの「My Passport for Mac」だ。容量は2TB

半年ほど箱に入っていたので、状態が心配だったが大丈夫だった(笑)

TimeMachine01

実はこれ、見て分かる通り、メチャクチャ小さい。ビックリした

右にあるのは、iPhone SEだ。Plusじゃない。4インチiPhoneよりも小型のHDDなのだ。ビックリ。

USBも3.0対応で多分早いだろう(よくわかってない)。それよりも、大切なのは心意気であることを忘れてはいけない。

TimeMachine04

「for Mac」と思いっきり書いてあるが、そのままつないで即使えた。この辺の「フォーマット」の違いみたいなヤツはよくわからないので、後でちゃぼPに記事を書いてもらおう。私は使えればそれでいいのだ。だから「for Mac」を買った。専用品の方が良いんじゃ無いかと思って買ったら正解だった

容量も2TBということで、十分すぎるほどの容量がある。ま、これくらいあれば良いだろう

TimeMachine05

TimeMachine対応とちゃんと書いてあるので多分大丈夫だろうと思い、購入した。そう、だいたいだ。だいたいで決めるのが男の買い物だ

フィーリングを大切に「これだ!」と思ったら買う。これがポイント

開封!

TimeMachine06

ヤバい、超絶カッコいい

見た目大切。金額よりも見た目だ。長く使うモノだから、見た目にこだわりたい

そんな欲求を満たしてくれる、それがMy Passportだ。最高

TimeMachine07

裏面には、ちゃんと「for Mac」まで刻印されている。これがチョットビックリした

それが売りである製品らしい。まあ、でも、こっちからすると、よくわかっていないで買うので、こうやって書いてもらった方が親切というものだ

TimeMachine08

裏面にはこのように、ゴムの出っ張りがある

これにより、机に置いて滑ることが無い。チョットしたことだが嬉しい気配りだ

TimeMachine09

ケーブルはこの2口

右は普通のUSBでこれをMacBook Pro 15インチに差す

左はMy Passportにつなぐものだが、これが注意が必要

TimeMachine10

My Passportにつなぐ方は、チョットピントずれてしまっているが、こんな形だ

こんなの見たことある?これを本体につなぐので、これ、このケーブル無くすと終了というヤツかも知れない

これ、調べたら出てきた「Micro-B」というUSB規格らしい。珍しいのかわからないが、初めて見たぞ!

MacBook Pro 15インチに接続!

TimeMachine12

こんな感じになる

うーん、ステキ。

まず、スゲー小さい。最強に小さい。奥のApple Watchと比べるとどれくらい小さいかわかるだろう

そして、静か、かなり静かだ

メッチャ良い。もっと早く出せば良かった

TimeMachineとは?

初心者の方に簡単にいうと「バックアップ」だ

会社とか、重要なファイルを、例えばUSBメモリにコピーして、パソコン壊れても良いようにすることがあるだろう。あんな感じの事を「HDDをつなぐだけで勝手にやってくれる」機能がTimeMachineだと思えばいい。Macだけの機能だ。iPhone、iPadには無いので注意。

暗号化に注意

MacをTimeMachineでバックアップするとき、暗号化チェックすると、大変な時間がかかるぞ!
MacをTimeMachineでバックアップするとき、暗号化チェックすると、大変な時間がかかるぞ!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です TimeMachine、やってみているんですけど、GWで本当に良かった・・・ 色々失敗し...

↑ここに出したように、「暗号化」にチェックを入れると大変なことになります。29時間かかっても終わりませんでした。で、暗号化のチェック外したら2時間で終わりました。マジか

顧客データなど重要なデータをバックアップ取るときは暗号化必須ですが、そうじゃ無い場合は暗号化いらないかもしれません。自分の使うデータの重要性で暗号化は決めた方が良いと思いました。

スクリーンショット 2016-05-01 9.46.49

最初にMacにMy Passportをつなぐと、これが出る

この時に「バックアップディスクを暗号化」にチェックを入れると地獄の待ち時間がスタートするので要注意

据え置きのMacなら良いが、私はMacBook Pro 15インチを持ち歩くので、暗号化はチョット無理だった。

後は右下の「バックアップディスクとして使用」を選べば終わり。TimeMachineの作業に移る

スクリーンショット 2016-05-01 9.49.10

最初、暗号化をかけた時の表示がこれ。メッチャ時間かかる

スクリーンショット 2016-05-02 3.53.27

バックアップが終わった後も暗号化が続く。本当に時間がかかるので注意

スクリーンショット 2016-05-02 4.45.51

暗号化無しでやると、こんな感じで2時間でサクッと終わる。あっという間だった。

2回目以降は、どうやら差分らしい

2回目以降は「変更のあったファイルのみバックアップ」みたいな感じだ。

140G程度をバックアップしたが、2回目の表示がこちら

スクリーンショット 2016-05-03 5.32.39

173.4MBになっている。

こんなの瞬間的に終わるので、2回目以降は早い。暗号化での2回目以降をやっていないのでわからないが、まあ、暗号化無しだとサクサク進むとだけ言っておこう

目の前にあるが、本当に静か

今でも目の前で差分バックアップを取ってくれているMy Passportだが、メッチャ静か。本当に快適だ。振動もほとんど感じられない

素晴らしいと思うので、Macのバックアップを取りたいけど良くわからないと言う人は、これ、オススメだ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索