【レビュー】Magic Keyboard USは思ったより快適!JISじゃなくても大丈夫だ!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

気付いたら、Magic KeyboardのUSを買っていたので、紹介します

【レビュー】Smart Keyboard(iPad Pro 9.7インチ)はSNS最強!US大丈夫だけど、本格的な文字入力は厳しいかもね
【レビュー】Smart Keyboard(iPad Pro 9.7インチ)はSNS最強!US大丈夫だけど、本格的な文字入力は厳しいかもね
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です とうとう来ました「iPad Pro 9.7インチ用Smart Keyboard」ですが、...

↑全てはコイツ。あまりにも快適なSmart KeyboardがUS配列なので、Magic KeyboardもUSにしてみました

慣れって大事だよね

スポンサーリンク

外観!

Magic Keyboard01

見ての通り、USキーボード

Magic Keyboardを2つ持っているという異常事態だが、そんなことはどうでも良い

ポイントは、USキーボードがどうなのかと言うことだ

Smart KeyboardはUS配列だが、ちゃんとしたUSキーボードでは無いため、微妙に打ち心地が違う

それがどうなのか、テストしてみたかったと言うわけだ

どうせなら、毎日使うSmart Keyboardと同じUSで揃えたいと思うのが自然な流れだろう

Magic Keyboard02

箱を並べた

左側の上の方がJISで、右の方がUS。エンターキーの大きさが違うのがわかるだろう

なお、今回、Magic KeyboardのUSは中古で購入した。新品では無いので、半額程度の値段だった

また、Magic Trackpad 2をちゃぼPに買いとってもらったので、持ち出しは実質0だ。それもあって、決断した

【レビュー】Magic Trackpad 2が私に合わなかった4つの理由
【レビュー】Magic Trackpad 2が私に合わなかった4つの理由
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 悩みました。非常に悩みました このレビューを出すかどうか悩みました。で、g.O.R.iさん...

Magic Keyboard04

見て分かるのは、どっちもUS配列の箱と言うことだ

JISのMagic Keyboardであっても、箱のデザインはUSなのだ。コレはチョットビックリした

裏面のシールで確認と言うことになる

Magic Keyboard03

中古品だが、極上品なので、ほぼ新品の状態であった。使用に問題も無い

記号の配置が違うのがどうなのか、1週間以上使っているので、使用感もお伝えしたいと思う

JISとUSを比較

Magic Keyboard05

上がJIS、下がUSだ

アルファベット自体の配列は同じだが、記号が全くと言って良いほど違う

さらに、左右に配置されたCommandキーなどのキーの配列も微妙に違う

g.O.R.iさんはUS配列、カズチャンネルのカズさんもUS配列だが、私は生粋のJIS野郎なので、この時点では不安の方が大きかった

果たしてどうなのだろうか?

Magic Keyboard06

左側の部分は、見ての通り、スゲー使う「Control」が「CapsLock」になっている

あと、横幅が全然違う。JISの方がキーが多いのでこうなるらしい

さらに、大きな違いとして、「1」のキーが、JISだと左端だが、USの場合、「〜」が1の左にある。これは慣れるまで「〜」を探すことになる。JISに慣れているとなんでここやねん!と突っ込みたくなるが、まあ、慣れだ

ちなみに、Controlキーを多用するので、キーボードの設定でUSキーボードの「CapsLock」を「Control」に変更して使っている。すなわち、JISと同じ状態で使っていると言うことだ

Shiftが長いのは使ってみるとわかるのだが、地味に便利だ。タイピングの高速化につながると感じている

Magic Keyboard07

下部

「Command」と「Option」は同時押しでMarsEditにおける「Hタグ」の設定に多用するが1つ右にずれているのがわかるだろう

その代わり、「英数」キーが無い。「かな」も無いので、変更するときは、Commandを押しながらSpaceを押すことで入力文字種を変更できる。まあ、慣れだ

Spaceが大きいのはかなり快適。

Magic Keyboard08

右側

左側の方がUSだが、見ての通り、USの方がDelete、Enter、Shift、全てが「横長」なのだ

コレがもたらす恩恵として、「ホームポジションで手首を固定したまま小指で届く」と言うことがある

コレがかなり快適。特にEnterが小指でポンッと届くのが快感でクセになる

ただ、上下に広いEnterに慣れているので、「 」←これについては、打ち間違いが最初はある。

DeleteとEnterの間にカギ括弧が入るのでどうしてもミスタイプになる。でも、コレも慣れだ。1週間でもう慣れた

それより、小指一発でEnterに届くのがステキ過ぎる。メッチャ快適で爆速になる。Deleteも一発で届く。素晴らしい

Magic Keyboard09

上下に並べるとこんな感じ

Enterがキー半個分左にでているのがわかるだろう。コレが絶妙な小指Enterを可能にする

Deleteも余裕で届くようになり、非常に入力効率が上がる

ただ、( )←これが、JISだと、Shift押しで8と9なのだが、USはShift押しで9と0で1つズレている。コレだけ注意が必要だ

あと、Smart Keyboardの動画でも言ったが、時刻で使う「:」が、Shift押しだ。JISは一発でコレ入力できるので、慣れるまでは戸惑うだろう。しかし、下段の「;」に関しては、非常に使われるキーと言うことで沢山情報をいただいたので、コレは必然的な配列なのだと言う事が分かった

あと、「?」がJISだと、Shiftを押しながら1つ飛ばしてキーを押すのだが、USの場合は、Shiftの隣を押す必要があるので、コレも最初は間違う

Magic Keyboard10

最下段の「fn」キーはUSは左端に行っているので、この写真には写っていないOptionがあるが、こっちのOptionは使わない

1週間使ってわかったこと

細かな記号の違いはあるが、一番は「小指Enter」「小指Delete」がマジで快適なことに気付いた

コレをいち早くg.O.R.iさんには伝えていたのだが、「やっぱりそうですよね!」という返信が来たので、やはりg.O.R.iさんもUSキーボードの考えられた配列に魅力を感じているのだろう

私は、Smart Keyboardと合わせるために、いつもUSを使えば良いんだろうな的な感じで試しにMagic Trackpad 2を売却した金で買ってみたのだが、思ったより快適に使っているので、今はJISは使っていない。

JISは何かのイベントで景品にしても良いと思っているくらい、今はUSを気に入って使っている

ただ、コレには裏話があって、実は今、他にもUSのキーボードのサンプルレビューの打ち合わせが進んでいるところがある

それもあって私はMagic KeyboardのUSの購入に踏み切ったので、何となく買うモノではないことは注意して欲しい

1つUSにすると、全部USにしないとやってられないので、変えるなら自宅も職場も全部変えるつもりでやらないとダメだ

MacBook Pro 15インチについては仕方ないので、そのまま使っているが、次回、MacBookを購入する際はUSキーボードが大きな選択肢として浮かび上がってくることだろう

これほど快適だとは思わなかったUSのMagic Keyboard。1週間使って、私はすっかりUSの虜になってしまった

ああ・・・

また、g.O.R.iさんと同じ道を歩んでいる自分に気付いた。

私は、チームgori.meとして、g.O.R.iさんの後を追いかけ、必死に走ってきた

色々なモノをアドバイスをいただきながら購入してきたが、コレでほぼ完成と言ったところだろう。USキーボードが確定すれば、Smart Keyboardの打ち心地は明らかに向上する。同じ配列だから、毎日使うモノだから、私はUSをこれからも使うと思う

コレで、また一歩、師匠に近づくことができれば私は本望だ。

偉大すぎる師匠だが、いつも近くで優しく色々と教えていただいている。

いつも言っているが、私はgori.meというブログもそうだが、g.O.R.iさんの人柄そのものに惚れ込んでいるのだ

あんな素晴らしいブロガーになりたい。そういう思いが私を今日も動かしている

そんな私がこの度、USキーボードという新しい相棒と出会った。全ては、iPad Pro 9.7インチがきっかけだ。

Smart Keyboardのおかげで、食わず嫌いだったUSキーボードを試して、そして、「コイツは良い!」と言えるまでのところに来た

この先、MacBook Pro 15インチをどうするのか、決めかねているし、WWDC 2016次第だと思っているが、とりあえず、自宅のブログ作業はMagic KeyboardのUSで行い、外でのSmart KeyboardもUSで行うという「基本US」という路線で攻めていきたいと思う

 

師匠の背中が、また少し近づく。そんな気がするUSキーボードとの出会いだった

小指Enterの素晴らしさをぜひあなたも感じて欲しいが、上に述べた通り「変えるなら全部」変えないといけないので、職場も含めた慎重な検討が必要だと言うことを忘れないで欲しい

▶️ でMacをチェック!
・ノート型 ▶️ / /
・アクセサリ ▶️
・デスクトップ型 ▶️ /
・整備済み品 ▶️
・教員、学生 ▶️

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索