【レビュー】パワーサポートのMacBook用「リストラグ」「TrackPadフィルム」はベロア素材で手触り、使用感抜群!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

今、MacBook Pro 15インチに関する色々なアクセサリを試しているところですが、今回は、パワーサポートの「リストラグ」と「TrackPadフィルム」がセットになっている物がどうしても使って見たくて、購入してしばらく使ってみたらかなりステキなので紹介しましょう!

スポンサーリンク

商品紹介!

・直径わずか3ミクロンの極細繊維が一本一本緻密に絡み合い、優雅な外観とやさしいタッチを生み出します。

・不織布構造ですので切り口がほつれることがありません。

・夏の熱さ(マシンからの熱)、冬の冷たさ(金属の冷え)から手首を守ります。また、暑い季節の汗ばみも防止します。

・スエード調人工皮革(バックスキン)タイプです。

・トラックパッドフィルム(1枚)が付属します。

特筆すべきは、今までに無かった「スエード調人工皮革」のリストラグであることと、「TrackPadフィルム」が付くと言うことだ

TrackPadはハッキリ言って汚れていたので何とかしたかったが、単品で買うと高いので躊躇していた

そこに、このリストラグを見つけたのだ。運命的な出会いと言っても過言では無いだろう

外観!

リストラグTrackPadフィルム02

MacBook Pro 15インチ用の「Retina Display」モデルを購入した

MacBook Proは、通常モデルとRetina Displayモデルが別れているので、購入の際は注意して欲しい

リストラグTrackPadフィルム01

外箱に、サンプルとして右の丸のような「生地」がくっついてる

これを触ってビックリしたのだが完全にスエードだ。しかも、TrackPadフィルムが付くというナイスオマケ。やるな、パワーサポート!

装着・リストラグ

リストラグTrackPadフィルム03

リストラグを装着すると、こんな感じになる

色は自然な色合いで、遠くから見ると何も付けていないように見えるのがポイントだ

もちろんスエードなので、手触りは抜群だ

リストラグTrackPadフィルム04

クリアランスは、今まで紹介したスキンシールと比べると多めに余白がある感じだ

しかし、これについて特に問題は感じなかった。好みの問題だろう

装着・TrackPadフィルム

リストラグTrackPadフィルム06

よくわからないかもしれないが、TrackPadフィルムを付けるとこんな感じだ

自分でもよくわからないが、多少指触りは変わる

全体の外観と、使用感

リストラグTrackPadフィルム05

こんな感じで非常にシックだ

白髪が目立ってきた40歳の私だが、逆に言えば「ロマンスグレーで味が出てきた」とも言えよう

そんな40歳の私にピッタリの色合い、さらには、スエードの質感では無いだろうか?

使用感はかなり上々だ

リストラグ

思ったよりもリストラグは手触りが良い。当然、HyperLinkのApple Watchバンドのカチャカチャ感、Charge HRの当たりも無い

手のひらが常にスエードに当たっているので非常に心地よい。いくらでも打ち込みが出来るような感じだ

まあ、夏は熱いかもしれないが、それは剥がせば良いだけの話なので、特に問題無いだろう

予想していたより全然上質な感じに大満足だ

TrackPadフィルム

思っていた以上に良かったのがこれ

全く汚れを気にせず使えるようになった

感度が落ちることは一切無い。そのまま普通に使えるのが不思議でならないが、よく考えると、0.4mmとかのガラスフィルムをiPhoneに貼っても普通に使えるので、まあ、これくらいなんでも無いのかもしれない

リストラグは好き好きで良いと思うが、TrackPadフィルムは、ハッキリ言って、全員買った方が良いような気がするし、少なくとも私はまた買うだろう

パワーサポートからのお知らせ

実はこの製品、以前にレビューの打ち合わせの話題になったものだが、残念ながら「現在庫で終了」とのことだった

だから、今売っているものが売り切れたら、二度と購入できないことになる

次の冬とその次の冬の2個を追加で買っても良いくらい、私は気に入っている。夏は剥がすかもしれないが、冬は必須だ。記事を打ちながら、手触りで癒やされるリストラグなんて見たこと無い。素晴らしいと思うし、TrackPadフィルムが付いているのがまたナイス。

欲しいと思った方は今すぐゲットして欲しいし、再販売の予定も無いだろうから、多めにゲットしてはいかがだろうか?

久しぶりに「自分で買った」アクセサリだが、かなり良い。さすがパワーサポートだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索