【レビュー】wraplusのスキンシールでMacBook 12インチ、Pro 15インチが超絶カッコいい!オススメはブラックカーボン

この記事は、2016年3月16日に公開した記事を追記したものです

こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です

以前、wraplus online storeから、MacBook Pro 15インチ用スキンシールをサンプル提供いただいたが、12インチも購入して使っているので紹介しよう!

もちろん色は、g.O.R.iさんと同じ「ブラックカーボン」にしてみた!もの凄くカッコいいぞ!

じゃあ、行ってみよう!

スポンサーリンク

商品紹介!

いつも通り、最初は商品紹介から!

・Macbook本来のデザインをそのままに、薄さや軽さを損なうことなくキズから守ります。

・スキンシール素材は3M社製の高級素材を採用。耐久性に優れ、貼付け時に気泡が残らず、剥がす際にも粘着ノリが残りません。

・設計から生産までを日本国内で行うことで、こだわりの品質を実現しました。カーボン模様に沿って表面に凹凸があり、より本物に近い質感を再現しています。

・トラックパッド部分に本製品を貼ると、タッチ感度が低下する場合がございますので、お好みに応じてご使用ください。

何と言っても、g.O.R.iさんが使っているwraplusのスキンシール、期待度はMAXだ!

貼付方も勉強して、キレイに貼ることができたのでそれも合わせて紹介しよう

MacBook 12インチ用「Wraplus」外観

Wraplus01

相変わらずナイスな外観

Wraplus02

12インチも、超絶カッコよくなること間違いなし!

貼付!

Wraplus03

まずは、Whooshで綺麗に拭く。これ、基本

貼り方は15インチと同様なので、下の方の公開当時の記事を見て欲しい。チョットずらして位置合わせして台紙を剥がす方式で間違える可能性はほぼ0だ

完成!

Wraplus06

スーパーカッコいい

マジで超絶カッコいい

MacBook 12インチはリンゴマークが光らないので、これはこれでカッコいい。スペースグレイに貼るとどうなのかと思って、最初貼らなかったのだが、g.O.R.iさんに聞いたら、g.O.R.iさんは2016モデルに貼っていたので、迷わず購入を決めたというわけだ

Wraplus07

リンゴマークのところも、素人が貼ったにしてはほぼズレは0。完璧な作業に惚れ惚れする

Wraplus08

端っこも完璧な仕上がり

もう、ステキ過ぎてブラックカーボン以外買う気が全くしない

Wraplus04

リストレスト部分も完璧に貼れた。スゲーカッコいい

Wraplus05

多分、コレ見て、多くのMacBook 12インチユーザーがブラックカーボンを買うと思うが、ハッキリ言って、買った方が良い。ヤバすぎる

Wraplus09

裏面も完璧

MacBook Pro 15インチの時は、ドライヤーを使ったが、MacBook 12インチはそれほど湾曲が激しくないので、ドライヤーは使わなかった

Wraplus10

ノッチの部分も完璧

まとめ

マジ最高

ブラックカーボン、超絶オススメ!

↑コレは、MacBook 12インチ版なので、間違えないように。リンク先でサイズも選べます

以下、2016年3月16日公開当時のMacBook Pro 15インチ用レビュー

外観!

スキンシール04

これが、wraplusのスキンシール「ブラックカーボン」の外観だ!

もう、この時点でカッコよすぎる!たまらんぞ!

スキンシール03

wraplusは、「ラップラス」と読むらしい。日本で生まれたスキンシールブランドと言うことで、信頼性も抜群だ!

スキンシール02

貼り方が丁寧に説明されている

これについては後で紹介しよう

開封!

スキンシール05

これが、wraplus「ブラックカーボン」だ

貼る前からこんなにもカッコいいスキンシールが他にあるだろうか?いや、無い。

たまらないかっこよさが私を包む瞬間だった

貼付!

スキンシール06

このように、「一旦台紙を剥がして、スキンシールをチョット上にずらして貼り直し、位置合わせをする」のがポイントだ

詳しく書いているので、図の通りに一旦スキンシールを剥がして、ずらして貼り直すことをやってみよう!

スキンシール08

こんなかんじだ

黒い部分がスキンシール、「3M」と書いてあるのが台紙だ。一旦剥がしてから、このように、スキンシールが上からは見出すように貼り直して、この数センチの部分で位置合わせをするということだ

スキンシール07

これが、貼り付ける前のMacBook Pro 15インチ

貼るとどうなるかというと・・・

スキンシール09

こうなる。

ウオー!カッコよすぎる!なんじゃコリャ!

メッチャカッコいいぞ!

スキンシール01

角度を変えてもう一枚

ブラックカーボンの質感は上々

たまらない見た目とそして手触りに満足しない人はいないだろう

あまりにもカッコよすぎる

スキンシール11

上面、端も完璧に位置合わせすることができた

多分、誰でもうまく行くと思う。何度か貼り直しはしたが、特に問題無く作業は行えた

日本製と言うこともあり、バッチリの寸法だ

スキンシール12

リンゴマークの位置も完璧

最強にカッコいい

スキンシール13

背面部分の上部も端まで完璧な仕上がりだ

何と言ってもこの質感と手触りが本当に最高だ。ぜひ、アナタにも触ってみて欲しいと心から思う

裏面はドライヤーを使おう!

スキンシール14

裏面のこの部分

端は湾曲が上部よりもキツいので普通に貼るとウマくくっつかない

そこで登場するのがドライヤーだ

説明書にもあるが、ドライヤーで端の部分に熱風を当てると、熱でうまいことくっついてくれる。そしてこの通り完璧に貼り付けることができる

裏面、湾曲のキツい部分はドライヤーを使おう!無理に貼り付けようとしてもダメだぞ!優しく熱風を当てて、しなやかに貼り付けるんだ!

スキンシール15

排気口のカーブも完璧に位置合わせができている

さすがの日本製。細かいところまで完璧な仕事だ

これで驚異の安さを誇るwraplus、g.O.R.iさんが納得して使っているのもうなずけるモノだ

スキンシール16

リストレスト部分も完璧なのは変わらない

はみ出ることも、足りなすぎることも無い絶妙な位置合わせに感動すら覚える

スキンシール17

TrackPad部分も涙ものの完璧さだ

よくもまあ、ここまで完璧に設計したなと感心する程、ピッタリだ。

「ピッタリ」という言葉は、wraplusのスキンシールのためにあるのかもしれない

スキンシール18

ノッチ部分ももちろんオーケー

安心して貼ることができる

スキンシール20

リストレストをチョット離れて撮ってみるとこうなる

ブラックカーボンと、キーボードの「黒」の相性は抜群だ

もちろん、手触りも申し分ない

スキンシール19

最後に、リストレスト部分全体を撮影してみた

いかがだろうか?私には「カッコいい」以外の言葉を見つけることができない

なんてことだ。こんな事なら、もっと早く使っていれば良かった。そう思える仕上がりだ

まとめ

値段も安く、質も高い

意外と自分で貼るのもうまくできた。

そして、何と言っても、g.O.R.iさんが愛用しているというのが大きい

私も絶賛オススメする「wraplusのスキンシール」をアナタのMacBookに使ってみてはいかがだろうか?

デザインだけでは無い、傷を付けないという大きな目的を持つスキンシールだが、やはり見た目は大切だ

ブラックカーボンは想像以上にカッコいい。傷が付いて、悔しい思いをする前に、ぜひ、wraplusのスキンシールをお試しあれ!

↑MacBook Pro 15インチはこちら!

↑MacBook 12インチはこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索