【レビュー】Magic KeyboardとMagic Mouse 2を4ヶ月使って分かったこと〜打ちやすいストロークと、絶妙な操作感のマウス〜

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

Magic Mouse 2とMagic Keyboardを購入して、早4ヶ月が過ぎた

毎日使っているこれらのアイテムは私の毎日のブログ打ちに書かせないものになっているが、具体的にどんな感じなのかをレビューしたいと思う

では、行ってみよう!

スポンサーリンク

まずは、Magic Keyboardのいいところ、「ちょっと・・・」なところ

Magic Mouse 2+Magic Keyboard02

これが、購入したMagic Keyboardである

以前出したレビューの通り、「ファンクションキー」が大きくなることで非常に打ちやすくなったと感じたし、懸念されていた「横矢印キー」へのアクセスも、小指を縁に引っかけるモードを使うことで何も問題無く使えることがわかった

MacBook Retina 12インチ以上、MacBook Pro 15インチ未満の絶妙なキーストローク

Magic Mouse 2+Magic Keyboard03

キーストロークは決して深くは無いが、MacBook Retina 12インチ程浅くもない

よく考えられた絶妙なストロークであると感じる

Magic Mouse 2+Magic Keyboard05

こうしてみると、思ったよりもストロークがあることがわかる

傾斜がApple Wireless Keyboardよりも緩やかになり、手首が疲れなくなった

以前のレビューで出した通り、キーボードの傾斜が緩やかになった。これにより、手首が「上がる」事が無くなり、長時間の入力でも手首が「疲れる」と言うことが無くなった。これは素晴らしいことだ

【レビュー】Magic Keyboardは平たくなり、キーストロークが浅くなって、想像以上の打ちやすさだ!
【レビュー】Magic Keyboardは平たくなり、キーストロークが浅くなって、想像以上の打ちやすさだ!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です Magic Keyboardのレビューだ! すでに、購入2日経ち、10記事以上打ち...

この通り、全く傾斜は違う。コレが打ちやすさにつながっていることはもの凄く実感しているところだ

浅いキーストロークが「バシバシ打ち込みたい」私には「浅い」と感じる

Magic Mouse 2+Magic Keyboard07

一見、何も問題無いと思うというところだが、実は、実際に打ち込んでいて1つ引っかかることがある。

それは、長時間早朝作業をしていると、明らかに「指が疲れる」ということだ。これは、MacBook Pro 15インチを使っているときには決して起きない現象である

すなわち、私には、「キーストロークの浅いキーボードは疲れる」事を示しているのだ

MacBook Retina 12インチ程では無いにしても、Magic Keyboardのキーストロークは浅い。これが、長時間(2〜3時間)打ちっ放しの状況では「疲労」につながることがわかった。絶賛の声も多いMacBook Retina 12インチのキーボードだが、私のように「バシバシ打ちたい」人には決して「全て最高」とはならないので、注意して欲しい

やはり、MacBook Retina 12インチを使った後で、MacBook Pro 13インチを使うと「スゲー打ちやすい」「疲れない」と感じたのは間違いでは無かったと言うことである。私には、MacBook Proのあのキーストロークが合っているように思える

コレはあくまで私の主観であり、個人によっては、「Magic Keyboardの方が合う」という方もいると思うので注意して欲しいが、「2〜3時間の打ち込み」は店頭では決してできないので、買って実際に作業するしかない。これは一か八かで買うしか無いことを意味する。これが、キーボード選びの難しさである

総じて満足はしているが「大満足」ではない

これがMagic Keyboardの4ヶ月使用レビューである。これからもヨロシク!

続いて、Magic Mouse 2

Magic Mouse 2+Magic Keyboard01

こちらは何も問題無い

色々な情報を元に「MagicTrackPad2」を購入しようかスゲー悩んだが、最終的には、このマウスの使いやすさにゾッコンだ

とにかく、クリック感が深くなったことで「右クリック」がしやすくなった

とにかく右クリックだ。コレがやりやすくなった。前のモデルよりも明らかにクリック感が変わり、深くクリックできるようになったのだが、これで右クリックが非常に快適になった。誤クリックがかなり減った。

なぜ、MagicTrackPadよりも、Magic Mouse 2の方が良いのかはわからないが、圧倒的に、Magic Mouse 2

Magic Mouse 2+Magic Keyboard04

MagicTrackPadと何度も使い比べをしたのだが、理由はよくわからないが、圧倒的にMagic Mouse 2の方が使いやすいと感じた

当然「エアーパッドソール」と「エアーパッド」がセットでの話であるが、驚異の滑りと、マウスならではの操作性、ちょうどよいサイズ感、スクロールのヌルヌル感、全てが最高だと感じる。

瀬戸さんは、マイクロソフトのマウスを愛用されていて、それを試しに買ったこともある。他のマウスも買ったこともある。でも、最終的にコレに戻ってきた。

だいぶTrackPadには慣れてきたのだが、それでも、外部ディスプレイをつなぐときは、Magic Mouse 2だ

Magic Mouse 2+Magic Keyboard06

MacBook Pro 15インチにくっついているのは、TrackPadで、それをデカくしたのがMagicTrackPadだ。

だから、TrackPadに慣れている私は、外部ディスプレイをつないだときにも、「MagicTrackPad2」を使った方が良さそうな気がするが、なぜか、Magic Mouse 2の方が操作性は良いと感じた。不思議なことだが、MacBook Pro 15インチを使っているときは、TrackPad、外部ディスプレイ接続時は、Magic Mouse 2という使い分けになっている

実際「MagicTrackPad2のレビューをして欲しい」という意見があることはその通りだ。複数来ているが、今のところ、MagicTrackPad2を買う予定は無い。

それくらい、Magic Mouse 2の完成度が高く、何と言っても、MagicTrackPadを使ってダメだったという経験があるので、たぶんであるが、MagicTrackPad2を買っても同じ結論になるだろうという予測ができる今、高額を出してまで失敗するのもどうかと思い、MagicTrackPad2の購入は見送るという形にしている

まとめ

正直、長文記事をバーッと打ち込むときは、MacBook Pro 15インチのキーボードを使いたくなるというのが真実だ

キーストロークが浅くなると、なぜだかわからないが、ミスタイプが増える気がしている。不思議だ。

でも、Magic Mouse 2の操作性は素晴らしいし、なにより、P2415Qの表示が最高なので、今はMagic KeyboardとMagic Mouse 2を使って、何とか毎朝の作業をしているところだ。

今度出ると言われているMacBook AirのRetina Displayモデルが、Magic Keyboardと同等のキーストロークの場合、私はMacBook Pro 15インチのままで行く可能性が高いと感じている。そのくらい、「高速」で「大量」に文字を打ち込む私にとって「キーボード」は重要だと言うことがよくわかった

もう少し使い込めば、また何か変わるかもしれないが、今のところ、Magic Mouse 2は最高、Magic Keyboardは使えない事は無いが、結構微妙なところもあるというのが本当のところである。これから購入する際は、試し打ちや、Magic Mouse 2の操作性をしっかりと確かめた上で決めて欲しい

▶️Apple Storeで、
をチェック!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索