【レビュー】MacBook用パワーサポートアンチグレアフィルムが目の疲労軽減に最適!

この記事は、2015年11月22日に公開した記事を追記したものです

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です。

私が「JINS PC」を使っているのはプロフィール写真からもおわかりだと思うんですけど、やはり、仕事柄、そして、ブロガーとして「目の疲労」というのはどうしても避けられないモノです。

やっぱり、早朝、2〜3時間毎日ブログを打っているとどうしても目が疲れます。

JINS PCをしていても、夜には「あー、疲れたかも」と思うことも多いです

何とかならないかと思って色々調べていると、やっぱり来ましたgori.me!さすが師匠!すでに対策済じゃないの!

【レビュー】効果は絶大!「MacBook Pro Retina」用保護シート「パワーサポートアンチグレアフィルム」 | gori.me(ゴリミー)
光の映り込みを軽減するためにパワーサポート製のアンチグレア保護フィルムを、「MacBook Pro Retina」13インチモデル用に買った!この効果は絶大で、貼ってすぐに分かるほど軽減される!貼った時と貼っていない時の違いが分かるように写真で撮ったので、紹介する!

よし!っつーわけで、買ってしばらく使ったのでレビューしたい!

スポンサーリンク

新しく、MacBook 12インチ版をサンプル提供頂いたぞ!

15インチ版は自分で購入して使っていたのだが、12インチ版をサンプル提供頂くことが出来たので、紹介しよう!

アンチグレアフィルム04

今回提供頂いたのは、MacBook 12インチ版のアンチグレアフィルムだ

15インチ版に加えての使用となった!

アンチグレアフィルム06

15インチで明らかな効果を目の当たりにし、g.O.R.iさんもオススメとして記事にしているほどの品質

間違いの無い疲労軽減グッズと言えるだろう。オススメだ

アンチグレアフィルム05

12インチ専用モデルと言うことで、安心して買って欲しいが、購入する際は、サイズを間違えないように注意!

まずは下準備

アンチグレアフィルム02

液晶の汚れを取るのには、間違いなく「Whoosh」を勧める。

マジで汚れが超絶取れるので、スーパーオススメだ。あまりに取れるので、もったいなくて、あまり使ってないくらいだ。フィルム貼りの時は、必ず使っている

アンチグレアフィルム03

次に、ホコリ取りローラー

これ、地味に最強だ。マジでホコリが全部取れる。絶対オススメだ。スマホ用だが、MacBookにも余裕で使えるぞ

貼付

アンチグレアフィルム08

貼付はこのように、「少しだけ台紙が剥がれる」タイプなので、、まず、この端っこの数センチの部分で位置合わせをする。これがマジで貼りやすい

反射低減効果

アンチグレアフィルム01

これが、フィルム貼る前。

反射もそうだが、画面に汚れが付きやすいのが難点だった

アンチグレアフィルム09

貼るとこうなる

全体的に反射がキツくなくなる

アンチグレアフィルム10

カメラ撮影用の照明を当てても、このようにボワッと反射するようになる

これが、アンチグレアフィルムの効果だ。眩しくなくなるので、目の疲労が明らかに減る

今はこの状態で作業しているので、やはり、目や肩、首への疲労は軽減されていると感じる

これを貼らずに数日使ったのだが、やっぱり貼った方が全然違う。目のショボショボ感がまるで違うと言える

12インチのまとめ

絶対買った方が良いと思う

画面の保護にもなるので、本当にオススメ

以下、2015年11月22日公開のMacBook Pro 15インチ版

パワーサポートアンチグレアフィルム「MacBook Pro 15インチ」用を購入!

アンチグレアフィルム03

色々種類があるので、注意してね。私が買ったのは当然、MacBook Pro 15インチ用のアンチグレアフィルムだぜ!

アンチグレアフィルム02

パワーサポートのこのフィルムは非常に評価が高い!

何と言っても、gori.meさんが絶賛しているフィルムだ!間違いないのは最初からわかっていたが、やはり素晴らしかった!

アンチグレアフィルム01

一番のポイントが「映り込み防止」だ。コレにより、かなり画面が見やすくなる。当然、目の疲労も軽減だ。明らかにまぶしさが違う事を実感できる

思ったより効果があったのは「傷・汚れ防止」という機能だ

このフィルムを貼ることにより、本当に汚れが付きにくくなった。週に2〜3回はRetina Displayの画面をゴシゴシ拭いていたのだが、購入して、1週間以上経つが、一回もメンテナンスしていないことに気付いた。そう。汚れが付きにくいというのは本当だ。

「光沢感」は当然失われるが、長時間の作業に「光沢感」はいらない。ブロガーたるもの、「1日でも長くブログ更新を続ける」事が大切だと思っているので、そのためには「健康」であることが第一だ。疲労がたまることは極力避けたい。そう考えると、常に酷使する「目」について、ケアするのが当然だと思うようになった

アンチグレアフィルムを貼って、その思いはさらに強まった

gori.meさんの言う通り、明らかに画面が見やすくなる。テカテカ感が無くなるので、最初は「物足りなさ」は正直あった。しかし、毎日の作業の中で、「コレ、マジでありだな」とアンチグレアフィルムの効果を痛感することになった

ちなみに、メインディスプレイのP2415Qは最初からアンチグレア加工がされている。MacBook Pro 15インチと揃ってアンチグレアになった形だ。

MacBook Pro 15インチにアンチグレアフィルムを貼ってみた!

アンチグレアフィルム07

コレが貼る前。右上に照明が映り込んでいるのがよくわかるだろう。コレが普通だった。テカテカ感が好きだった

アンチグレアフィルム04

貼るとこうなる。光が「ぼやける」感じだ。

この「落ち着いた感じ」に慣れてしまうと、家電量販店に置いてあるような「デフォルトのテカテカディスプレイ」が眩しくて仕方なくなる。アンチグレアフィルムの効果はジワジワと実感するものだ。最初は本当に「ああ・・・。失敗かも」とその光沢感の無さに思うのだが、数日我慢すると、「今まであんなにテカテカした画面で良く作業していたな・・・」と思うようになる。慣れとは不思議なモノだ。もう私は、普通のRetina Displayには戻れないだろう。

アンチグレアフィルム06

アンチグレアフィルムを貼った状態で画面を消し、横から撮影するとこう見える。

本来、反対側から光が来ているのだがこんな感じでぼやっとなるのだ。フィルムというのは、貼った状態で売っていないので、この「感じ」を撮影するのに苦労したが、この角度、光のぼやけ具合が一番分かりやすいと思って、この写真を採用した。

アンチグレアフィルムはこのように、光の反射、ギラつきを抑え、画面を見やすくしてくれる

アンチグレアフィルム05

先日アップした、スタバの写真だが、これも、アンチグレアフィルムの効果が出ている。

MacWrapsのリストレスト部分(右端の黒い部分)が店内の照明をそのまま反射しているのに対し、Retina Displayがうまく光を抑えているのがわかる。画面はぼやけているが、角度的に、Retina Displayの方がリストレストよりもたくさんの照明が当たっているのだが、アンチグレアフィルムの効果で、画面が見やすくなっている。実際にこの中で作業していても、「反射がキツいな」とか、「ギラギラして見にくいな」とか思うことは皆無だった。

まとめ

アンチグレアフィルムを実際に使ってみて、その効果はgori.meさんと同じ感想であり、絶大だと思う。

長時間MacBook Proを眺める仕事をしている方、または、ブロガーの方であれば、間違いなくオススメできる一品であると強く感じた。

先日の「MacBook画面表示領域比較」において、私はMacBook Pro 15インチを今後ずっと使っていくことを心に誓ったのだが、その作業に欠かせないアイテム、アンチグレアフィルムと出会うことができた。素晴らしい出会いに感謝し、一人でも多くの人がこのフィルムで見やすい画面を手に入れることを切に願う

「MacBook」に関する記事総まとめ
「MacBook」に関する記事総まとめ
2015年、私の生活に欠かせない存在となったMacBook Pro 15インチだが、ここにたどり着くまで数々のドラマがあった。 様々な...

↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ!

↑MacBook Pro 15インチはこちらから!

パワーサポート アンチグレアフィルムセット for MacBook 12inch PEF-12
パワーサポート (2015-06-24)
売り上げランキング: 16,163

↑MacBook 12インチはこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索