【レビュー】Magic Keyboardは平たくなり、キーストロークが浅くなって、想像以上の打ちやすさだ!

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

Magic Keyboardのレビューだ!

すでに、購入2日経ち、10記事以上打ちまくっているので、使用感をレビューするぞ!開封レビューじゃない、使用レビューだ!

あぁん?Magic Keyboard?おらぁそんなもん買わねぇよ!オサレな盛岡南イオンで、大切なグルメレビューのためにラーメンの写真テストをしてきた!
あぁん?Magic Keyboard?おらぁそんなもん買わねぇよ!オサレな盛岡南イオンで、大切なグルメレビューのためにラーメンの写真テストをしてきた!
あぁん?Magic Keyboard? 次から次へと新製品ばっかり出しやがってからに! 先月、iPhone 6s Plus買ったばっかりやな...

ドラマチックなこの記事もヨロシク!時間かけて作ったぜ!(笑)

外観!

Magic Keyboard01

これが、Magic Keyboardの外観だ。

gori.meさん、瀬戸さんがすでにレビューを出しているが、箱が薄くてカッコいい。

衝撃のかっこよさだった。

Magic Keyboard02

新品の状態で撮影したのがこれ。

MacBook Pro 15インチのように、上に商品が乗っていて、下にケーブル類があるのは、Apple製品のお決まりだ。

今回は、充電式なので、LightningCableがついてくる。ああ。Lightningだらけだ!

趣味でLightningを集めているんじゃない!悟空が元気を集めるように、オレのもとには自然とLightningが集まる!仲間ってそういうもんだろ?

Apple Wireless Keyboardと、Magic Keyboardを比較した!

気になる「旧製品との比較」をお伝えする!

Magic Keyboard04

まずは軽いジャブ

左がApple Wireless Keyboard、右がMagic Keyboardだ。

下部を合わせて撮影しているが、この時点で、傾斜が全く違うのがわかるだろう

ああ。全然違うぞ。Magic Keyboardはより平たくなった!

Magic Keyboard03

コレを見て驚愕した

キーボード上部を揃えると「ちょっと違うね」というレベルではない。全く別物だ。

この段階で、左のMagic Keyboardの方が、右のApple Wireless Keyboardよりも「キーの高さが低い」事が分かるだろう

より、平らなキーボードを求めていた私にはジャストの選択となった!

Magic Keyboard11

Apple Wireless Keyboardには、キーボード上部の側面に電源ボタンがあるが、Magic Keyboardでは、上面になった。

2日使ってみたが、特に問題無く慣れた。2時間の充電で1ヶ月持つが、一応、使わない時は電源をオフにするようにしている

それにしても、高さが全然違う。驚くほど違う

Magic Keyboard06

下部を揃えて写真を撮ると、違いがよくわかる

左のApple Wireless Keyboardはと比べると、右のMagic Keyboardは、「Commandボタンが小さくなってる」ことがわかるだろう。

それによって、下から2段目のShiftキーの位置がずれているのが見える。そうだ。一番下のボタンが小さくなったのだ。

Magic Keyboard05

逆に、一番上の段は、左のApple Wireless Keyboardと比べて、右のMagic Keyboardはファンクションキーが大きくなっているのがわかる。メッチャデカい

今のところ、特に問題は無い。「大きくなったからメッチャ押しやすい」と言うこともそれほど感じない

Magic Keyboard08

下から2段目、「Shiftキー」を揃えた

すると、傾斜が違うのでちょっと高さが違うように見えるが、通常キーの最上段「数字キー」の上側はほぼ、一致していることがわかる

要するに、最下段、最上段のキーの大きさは変わったが、入力する普通のキーそのものは変わっていないということだ

Magic Keyboard07

私的には非常に大きな「横矢印キー」の変更がこれだ。

MacBook Retina 12インチに搭載された物と同様、大きくなっている。

MacBook Retina 12インチでは、この横矢印キーをメチャクチャミスタイプしていた私は、かなり不安があった

横矢印キーが小さいことで、位置が容易にブラインドタッチでもわかるので、高速でカーソル移動ができていたが、大きさが同じだと、どれが横矢印キーか、見ないと分からないためだった

これがどうなるか、下をじっくりとご覧いただければと思う

Magic Keyboard12

充電するLightningはキーボード上部、電源スイッチと同じ側にある。

これのおかげでかなり平たくなったということだ

打ち込んでわかったこと

1 平たくなって、打ちやすくなった

私は、キーボードに非常にこだわっている

なぜなら、すぐに疲れるからだ。だから、ウチのブログは「疲労・睡眠」に関する記事が多くある

毎日数時間の文字打ちをする私にとって「キーボード」というのは生命線だ。

色々試したが、「平たいキーボード」すなわち、MacBook Pro 15インチをそのまま使うのがベストという結論に達した

職場ではRealForceを使っているが、ELECOMのリストレストを使っている

ググればすぐにわかるが、キーボードを打つ時は「手のひらはまっすぐな方が良い」というのが常識である。だから、指先が「上がらない」ようにする「リストレスト」があるのだ。こんなもん、誰が買うのかと思っていたが、買ったら疲労が全く違った

手首を上げることで、指先は下がる。これで大量の文字打ちに対応できるようになるのだ。

MacBook Pro 15インチはノートパソコンなので、キーボードの傾斜は0だ。これが非常に打ちやすい。リストレストが付いた状態と言える

今回、Magic Keyboardは充電式になったことで、平たくなり、ちょっとだが、指先の角度が下がった。

これにより、明らかに疲労が軽減されている。非常に素晴らしいと感じた。

疲れない人は、あえてこれを買う必要は無いと思うが、疲れやすい人、リストレストを常用している人にとっては、このキーボードは最適と感じる

2 キーストロークが浅くなり、MacBook Pro 15インチに近づいたが、MacBook Retina 12インチほどではないため、「普通」に打てる

浅くなったと言われるキーストロークだが、打ち込み1行目から「打ちやすい!」と感じた。非常に打ちやすい

MacBook Pro 15インチは、非常に打ちやすいキーボードだと感じるが、Magic Keyboardも非常に打ちやすい。浅すぎず、Apple Wireless Keyboardのように、ストロークが深くもない。絶妙の打ちやすさだ

今ももちろん、Magic Keyboardで打っているが、もう、これ以外のキーボードで打つ気など起きない。それくらい快適だ

私は、余り「ストロークのある」キーボードとは相性が悪いのかもしれない。疲れもあるが、MacBook Pro 15インチ、そして、Magic Keyboardを使ってそう感じる

ちなみに、MacBook Retina 12インチの時は「エンジェルタッチ」を推奨した。が、Magic Keyboardは普通に打てる。何も意識しなくても、いつも通りに打てるのが素敵だ

3 MacでJISを使うなら、これ!

師匠であるgori.meさんは、US配列のキーボードを愛用されているため、Macを使うにあたり、特にキーボードで悩むことはない。しかし、JIS野郎の私は、基本的に純正のキーボードじゃないと、JIS配列でMacを使うことはできない。だから、仕方なく、我慢してApple Wireless Keyboardを使っていた。でも、Magic Keyboardの発売により、私の不満のほぼ全てが解消された。

値段は決して安くないが、かなり良い感じで使えると思われる。JIS野郎はぜひ!

4 横矢印キーは、「キーボード単品」という商品のため、あっけなく「小指引っかけポジション」で解決

一番の心配であった「横矢印キー」であるが、アッサリ解決した。

MacBook Retina 12インチのときは、「横矢印キー」の位置がブラインドで探せないと書いたが、これ、キーボード単品なので、こうなる

Magic Keyboard09

そう

小指を「無意識」に引っかけていたのだ。この技を私は「小指フック」と名付けた

これは、MacBook Retina 12インチでは当然できない。Magic Keyboardならではの技だ

小指フックをすることにより、気付いたら、「ああ、そういえば、そんな心配もあったな」と1日に1回思い出すくらいで、全然全く問題無い

Magic Keyboard10

このように、小指フックすることで、自然と人差し指から薬指までの配置が決まる。毎回同じ位置で矢印キーが押せるので、ブラインド操作が可能なのだ

ミスタイプはほぼ無い。

MacBook Retina 12インチは初日からミスタイプしまくっていたので、矢印キーは本当に心配していたが、何も問題無かった!小指フック最強!

まとめ!

2日間でかなりの文字を打った

記事もそうだが、11月発表の原稿も打ちまくり、その他の仕事もしまくりだ。とにかくたくさん打ってみた

で、結論は「買い」だ!明らかにいいぞ!良い感じだ!

ただ、キーボードというのは非常に個人差があるので、だからこそ、たくさんの種類が販売されている。

実店舗が近くに無い場合は仕方ないが、ある場合はiMacの新しいヤツにこれが付いているはずなので、実店舗で絶対試し打ちをした方が良い

当然「座って」試し打ちしないとダメだ。イス持参で行った方が良い。キーボードは数あるガジェットの中で最も使用時間の長いものであると考えているので、試し打ちを推奨する!

それで良い感じだったら、下のリンクからどうぞ(笑)。Apple Storeですぐに到着だぜ!

じゃ、素敵なMagic Keyboardライフを!待ってるぜ!

Apple Storeで「」をチェック!

【レビュー】Magic Mouse 2は、「ほぼ変わらない」という結論だ!
【レビュー】Magic Mouse 2は、「ほぼ変わらない」という結論だ!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です Magic Mouse 2を使い始めて数日。すでに使いまくりなので、使用レビューをア...

Magic Mouse 2のレビューもぜひどうぞ!ただ、こちらは「あまり変わらない」という結論に達しておりますので、購入の際は注意してください!

↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ!

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索