【レビュー】MacBook 12インチ、Pro 15インチをブログ打ち比較してわかったキーボードの差と、8つのこと

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

g.O.R.iさん愛用のMacBook 12インチ(CTO、2015)を購入させて頂き、もう2週間が経とうとしている

【レビュー】MacBook 12インチ、外に持ち出しての軽作業・ブログ打ちに最適。5日使ってわかった17のこと
【レビュー】MacBook 12インチ、外に持ち出しての軽作業・ブログ打ちに最適。5日使ってわかった17のこと
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です MacBook 12インチをg.O.R.iさんから購入させていただき、5日使い倒した。ああ...

↑MacBook 12インチ使用レビューはこちらから!

当然、MacBook Pro 15インチをメイン機として、g.O.R.iさんの勧めもあり2015年8月に購入に至ったのだが、非常に快適に使っていることは間違いない

【レビュー】MacBook Pro 15インチ、使い勝手、性能、拡張性抜群!3ヶ月つかってわかった13のこと
【レビュー】MacBook Pro 15インチ、使い勝手、性能、拡張性抜群!3ヶ月つかってわかった13のこと
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 師匠のg.O.R.iさん(gori.me)のご助言もあり、9月にMacBook Pr...

↑マジ快適だ。ただ、重くてデカい

今回は、この2つをブログで思いっきり打ち比べて「ぶっちゃけどうなの?」って言うのをお送りしたいと思う

スポンサーリンク

1 圧倒的に15インチは早い。何もかもが爆速

コレは最初からわかっていたことだが、改めて12インチを使いまくった後に、数記事、15インチで書くと、その差は明らかすぎて泣けるレベル

15インチは「動画編集専用マシン」のような言われ方をよくするが、g.O.R.iさんを見れば分かる通り、最強のブログマシンでもあるのだ。それは私も実感している

画面の切り替え、写真の処理、アプリの起動、安定性、スクロールの滑らかさ、キーボード、トラックパッドの反応、全てが段違いに早い。1記事15分程度で仕上げる私にもそれはハッキリわかるので、マジで衝撃的だ

特に感じるのは「レビュー用写真の一括処理」

すなわち、PhotoBulkとイメージオプティムだ

PhotoBulkはMarsEditに欠かせないブロガー必須のウォーターマーク挿入・リサイズアプリだ!
PhotoBulkはMarsEditに欠かせないブロガー必須のウォーターマーク挿入・リサイズアプリだ!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 毎日のブログ作業に欠かせないアプリとして「MarsEdit」が挙げられます ↑Mars...

↑こっちがPhotoBulk。マジで欠かせないアプリだ

【Macアプリ】MarsEditと連携させるべき7つのオススメアプリ
【Macアプリ】MarsEditと連携させるべき7つのオススメアプリ
↑MacBook総まとめ記事です。こちらもどうぞ! 部長ナビ(@nabi_1080)がWordPressでブログを更新するために欠...

↑イメージオプティムは圧縮するだけのアプリなので、単体での記事は無い。こちらでまとめている

この2つの処理速度が20枚を超えると体感でわかるほど違う。ハッキリ言ってブログ執筆に時間をかけていられない私にとっては、15インチの爆速具合というのはたまらないのだ。書きたいけど、時間に制約がある。そんなあなたにピッタリなMacBook Pro 15インチ、超絶オススメだ!

2 長文レビューを本気で書くときは、どうしても「バシバシ叩く」ので、キーボード疲れが「指」にたまるのは12インチ

MacBook02

コレを見て分かる通り、12インチとPro 15インチはキーストロークが違う

15インチもキーストロークはそんなに深い方では無いが、12インチで写真20枚を超える長文レビューを書くと、ハッキリ言って指の疲労を感じるようになった。最初は何とか持っていたが、段々と疲労感をハッキリと感じるようになり、今では本気の長文レビューは必ず15インチを使っている

チョットした差だが、打ち込む文字の量が全然違うので、長文の場合は明らかにMacBook Pro 15インチが良いだろう。マジで最強のブログマシンと言える

3 セットで持ち運びを考えると、絶対12インチ

MacBook 1205

MacBook 12インチは、本体が920g、今使っているモバイルバッテリーが500g行かない。合わせても1300〜1400gなので、モバイルバッテリーを合わせてもMacBook Pro 15インチ本体(2.02kg)より軽いのだ

MacBook Pro 15インチの場合、モバイルバッテリーはHyperJuiceになるので、総重量は4kg弱となる。これは衝撃だ。マジで重い。夏大変。

【レビュー】HyperJuice150W高負荷での実稼働時間を検証!MacBook Pro 15インチが1日使えるぞ!
【レビュー】HyperJuice150W高負荷での実稼働時間を検証!MacBook Pro 15インチが1日使えるぞ!
こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です 先日、サンプル提供いただいたHyperJuice150Wについて、さ...

↑バッテリー持ちが最弱と言われるMacBook Pro 15インチの強い味方、HyperJuice150Wがあれば、丸一日このパワーを使える

ただ、g.O.R.iさんも言っていたが「本気の取材は15インチ」と断言しているので、やはり、記事の内容によってはMacBook Pro 15インチは必須だ

しかし、ほとんどの外出の場合、MacBook 12インチの機動性、そして、軽さに15インチが勝てる事は無いだろう。出先で20枚を超える写真を使うレビューを書くかと言えば、多分書かない

スタバで書くのは何となく思いついたシャレオツな内容の記事だろう(そんなのウチのブログ無いけど・・・)

だから、パッと外で仕事をする、思いついたことをメモる、簡単な報告書を作る、何より、外にMacBookを持ち出す場合はMacBook 12インチに軍配が上がる。間違いない

4 画面の広さは当然15インチだが、12インチで「困る」事は無い

MacBook 1214

見ての通り、私にとってブログ打ちに必要なのはブログエディタのMarsEditと、ブラウザのChromeが並ぶことだが、別に端にチョットでも表示されていれば、そこをクリックすればアプリは切り替わるので、大きな問題にはならない

画面の広さで、ブログマシンを選ぶ必要は特にないと感じた

5 キーボードは結論として「US」しか無いと感じるこの頃。いかがお過ごしでしょうか

MacBook01

MacBook 12インチはUS、MacBook Pro 15インチはJISという変態仕様のブログ環境だが、ハッキリ言ってストレス以外の何物でも無い(マジで笑えない)

使ってみてよくわかるが、前に記事にした通り、USに慣れるとJISは使いづらく感じてしまう自分がいる

超絶JIS野郎の私がUSキーボードに乗り換えた12個の理由〜配列が合理的〜
超絶JIS野郎の私がUSキーボードに乗り換えた12個の理由〜配列が合理的〜
こんにちは。超絶JIS野郎の部長ナビ(@nabi_1080)です ええ。超絶JIS野郎「でした」と言わせていただきます。私、すっかり「USキ...

しかし、読者の多くが「JIS以外あり得ません。そこは譲れません」とメッセージを送ってくれたことから、別にUSを超絶勧めることはしない。ただ、この構成はあまりにも変態仮面

自宅でJIS、出先でUSと言った「文字打ちの2面性」を持つ私は、まさにバイリンガル。バイリンガルブロガーと呼んで欲しい。ああ。誰も呼ばないのはわかっている。言ってみただけだ

全くオススメしないこの構成を、に何とかしなければいけない状況に直面している私に出来ることはたった1つ。そう。貯金だ。ああ。これ以上、何も言うまい。沈黙は金なり

6 拡張性は特に問題無い。12インチもハブで解決できるので、写真取り込みくらいで差は付かないと感じた

USB-C-Hub06

act2より、サンプル提供頂いたHYPER社のUSB-C 5in1 ハブだ。

【レビュー】HYPER USB-C 5in1ハブはMacBook 12インチをメインマシンに変えてくれるSDカード、USBが使えるハブだ!
【レビュー】HYPER USB-C 5in1ハブはMacBook 12インチをメインマシンに変えてくれるSDカード、USBが使えるハブだ!
こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です この度、HyperJuiceで有名なact2より、MacBook 1...

↑これがあれば、ハッキリ言って何も困ることは無いので、12インチは拡張性が低いからブログマシンとしてはダメと言うことは全くない

USBなんて、ブログ書くときに使わないし、充電も問題無い。外で写真撮っても、これがあれば普通に取り込めるので、何も問題無い。問題は「写真の枚数が多いときの事後処理」だ。アプリを使って写真処理を大量に行うときは、明らかに15インチの軍配が上がるが、そんなレビュー、外でしない。だから、私は拡張性を問題にして12インチを使えないというのは違うと感じた

7 膝上作業はMacBook 12インチ

省スペース、薄さ、軽さに軍配の上がるMacBook 12インチは「膝上」での処理を可能にする

MacBook 1216

圧倒的に軽く、薄いMacBook 12インチは、様々なシーンで膝上で使用できる

MacBook Pro 15インチができないわけでは無いが、半年使ってきてあまり膝上でMacBook Pro 15インチを使おうとは思わない

要するに「外の様々なシチュエーションに対応」できるのはMacBook 12インチということになるのだ

外でヘビーな作業をしなければ、MacBook 12インチ、十分にイケると感じる

8 師匠のg.O.R.iさんと、私の構成を比べてみた

月間415万PVのgori.meを運営するg.O.R.iさんと、月間23万PVの当ブログの著者、私部長ナビの構成は以下の通り

g.O.R.iさん・・・MacBook Pro 15インチ(Mid 2015)+MacBook 12インチ(Early 2016)

部長ナビ・・・MacBook Pro 15インチ(Mid 2015)+MacBook 12インチ(Early 2015)

そうだ、もう答えは出ている。チームgori.meの結論はすでに出た

まとめ

2台持とう

それが答えだ

外で15インチを毎日持ち歩くのは、夏、マジで大変だ。どうしても必要なときはキャリーバッグ覚悟だが、そこまでして持って歩くかという問題もある

機動性、軽さ、バッテリー持ち、見た目のスタイリッシュさ、全てにおいて外ではMacBook 12インチが勝利だ。間違いない

例えば、ヘビーな作業が必要な場合でも、外ではMacBook 12インチを使い、アウトラインを仕上げておいて、帰ってから強烈パワーを持つMacBook Pro 15インチで一気に仕上げる。時にはデュアルディスプレイを使い、ゴリゴリと作業を進める。ゴリ?

私は、g.O.R.iさんからMacBook 12インチを購入させて頂き、最初は思いっきりMacBook 12インチでブログを打ちまくって「コリャイケるぞ」と思った。ああ。完全に思った。MacBook Pro 15インチは引退だと思った

しかし、MacBook Pro 15インチを久しぶりに使ってみて、衝撃を受けたし、g.O.R.iさんにそれを報告したら、それはその通りと言うことを言われた。ま、確かにそうだ。スペックが違いすぎる

当然なのだが、使ってみて初めてわかることがある

今回、私はMacBook 12インチを購入して、大正解だったと思う。実際多くの読者の方からも、MacBook Pro 15インチ、MacBook 12インチの2台持ちを勧められていた。かなりの人が写真付きでメッセージを送ってくれたくらいだ

で、自分が使ってみて、感想は「快適」の一言だ

ただ、1つだけ、外出先でMacBook 12インチが使えない場面を発見した。それは「学級通信」だ。この時、A4で2〜3枚の文書を一気に15分くらいでバーと打ったのだが、指の疲労感が半端じゃなかった

学級通信は、その週に起きた良いことを褒め、それを翌週のもっといい行動につなげるものだ

すなわち、「熱い文章」をバーッと一気に書くことになるので、簡単に言うと「バシバシ文書」だ(キーボードをバシバシ叩く文書)。これは、レビュー執筆に似ている。レビューも思いを字に載せて一気に書き上げるので、バシバシ叩く。すると、12インチの浅いキータッチだとどうしても指の疲労がでるのだ

ただ、学級通信を作る日は決まっているので(授業の空き時間で作る)、その日だけ15インチを持っていけば済むことだ。それで解決。それ以外で熱い文書を出先でガンガン作ることはほとんど無い

だから、自宅ではハイパワーのMacBook Pro 15インチで長文熱血レビュー、出先では、MacBook 12インチでオシャレでスタイリッシュな読みやすい女子ウケしそうな記事(そんなの無いけど・・・)と、ウマく分けることが良いのだと感じた。

【レビュー】booq Taipan shockは6kgの荷物が入っても重くない!部長購入のお勧めバックパックだ!
【レビュー】booq Taipan shockは6kgの荷物が入っても重くない!部長購入のお勧めバックパックだ!
この記事は、2015年11月21日に公開した記事を追記したものです こんにちは。サンプルレビュアーの部長ナビ(@nabi_1080)です ...

↑私には幸運なことに、自分にピッタリのbooq Taipan shockがある。これは素晴らしいバックパックだ。15インチもバッチリ、EOS 70Dまで入る。最高だ

このバックパックのおかげで「15インチは重いから持っていきたくない」と言う事は無い。HyperJuiceもイケる

ただ、12インチを一回でも持ち出すと、あの軽さにやられるのだ。「か、軽い・・・」というあの衝撃は忘れることが出来ない。それほど、12インチは軽い。

だからこそ、使い分けをしっかりして、ナイスな文字打ち環境を構築することがハッピーにつながると感じた

今回、この記事は書く予定では無かったが、あまりにもg.O.R.iさんと意見が一致したので、間違いないと思って記事にしてみた

「MacBook Pro 13インチ」で良いのでは?と言う質問について

これ、絶対出ると思うので、先に言っておくが、下記の記事の通り、P2415QがRetina表示にならない

MacBook Pro 15インチ+P2415Q(デュアルディスプレイ)でブログ打ち!13インチでは出来なかった「Retina表示で解像度変更」が可能だ!
MacBook Pro 15インチ+P2415Q(デュアルディスプレイ)でブログ打ち!13インチでは出来なかった「Retina表示で解像度変更」が可能だ!
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です。今日は、色々あって、ダイニングテーブルで作業しております。ちょっとテストもかねているんです...

↑この通り、13インチのProでは、P2415Qが「低解像度」と表示され、MacBook Airと同じ表示になるのだ。Retina表示できる2つの解像度、「4K」では文字が小さく、「フルHD」では文字がデカすぎる。Retina表示でこの2つの中間に調整できるのはMacBook Pro 15インチなので、13インチのProという選択は今のところ、私には無い

(2016年にThunderbolt Displayが5K化されて、外部GPU搭載ででるらしいが、その時はその時に悩むことにしよう。もし、13インチで、外部ディスプレイがRetina表示できたら、13インチが最強になる「かも」しれない。あくまで、「かも」だ。過度の期待はDangerous)

っつーわけで、週末は、MacBook Pro 15インチだけで無く、MacBook 12インチも見に行って欲しい、15インチの圧倒的なパワーは当然のこと、12インチの軽量、スタイリッシュさに心を奪われるはずだ

装備を揃えても、g.O.R.iさんのようなハイパーなブロガーになれる保証はどこにも無いが、とりあえず「g.O.R.iさんと同じ」という「所有欲」は満たされるので、快感だ。

では、ステキな2台持ち生活を送ることを祈って。全国のMacBook野郎に愛を込めて花束を。

▶️ でMacをチェック!
・ノート型 ▶️ / /
・アクセサリ ▶️
・デスクトップ型 ▶️ /
・整備済み品 ▶️
・教員、学生 ▶️

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索