【レビュー】MacBook Pro 13インチ(2016)を3日使ってわかった17のこと〜最強のモバイルマシン〜

MacBook Pro 13インチ19

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

新型MacBook Pro 13インチ(2016)を使って3日が過ぎた。あっという間だったが、使いまくった。スゲー使った。そしてわかったことがある

当ブログの大好評企画「3日使ってわかったこと」シリーズを今回もお楽しみいただきたい

先に言っておくが、記事執筆時点で「Apple Store、24回分割払い金利0%キャンペーン」を実施中だ。十分イケるので、買う心づもりをして読んで欲しい。ヤベえぞ!

スポンサーリンク

1 スペースグレイの質感が最強

MacBook Pro 13インチ18

なんとも言えないスペースグレイの質感は、MacBook Proの歴史の中で初となる

とにかく、質感が素晴らしい

シルバーはシルバーでよかったが、今回から選べるスペースグレイは最高の一言。あまりの格好良さに、思わず見せびらかしたくなる、それが、MacBook Pro 13インチ、スペースグレイの魅力だ

ただ、うりPは、「なんでローズゴールドが無いのー」と泣いているので、次回はローズゴールドも検討して欲しいが、ウーン、Proに出るのか?来年を待とう

2 Appleマークが光らなくなったが、会議等では逆に光らない方が良い

MacBook Pro 13インチ12

今回から、AppleマークがMacBook 12インチ同様の「金属プレートっぽいヤツ」になった

コレにより、電源オンの状態でもAppleマークが光ることは無い

実は、Appleマークが光ると、会議等でかなり目立つので、この変更は僕にとってはプラスだ。気兼ねなくMacBook Pro 13インチを会議でも使えることだろう

3 開封レビューでは「重い」と言ったが、booq Taipan shock(バックパック)は驚くほど軽くなった

MacBook Pro 13インチ01

僕のレギュラーバックパックはbooq Taipan shockだが、明らかにbooq Taipan shockを持って車から降りるとき、「アレ?軽いな」と実感できるようになった

booq Taipan shockは助手席に置くので、MacBook Pro 15インチや、HyperJuiceを入れるとやはり重い。iPad Pro 9.7インチもよく入れるのでかなりの重さになるのだが、MacBook Pro 13インチに変えて、ハッキリわかるくらい軽くなった

背負ってもよくわかる。15インチから13インチにサイズダウンしたのでもちろん軽くなるのは当然だが、逆に言うと、この軽さで「Pro」が使えるのが嬉しい

1年、MacBook Pro 15インチを使ってきたが、この軽さは「毎日持ち歩く」のには最適だ。持ち歩くのに15インチはやはりデカい、重い。そう考えると、MacBook Pro 13インチ、良い選択を我ながらしたと感じる

4 処理は全く問題無い。MacBook 12インチで感じた「引っかかり」は全くない。動画は13インチではやらない予定

MacBook Pro 13インチ08

MacBook 12インチで一番感じたストレスが、「MarsEditから、Safariに切り替えて、リンクをクリックしたときのモッサリ感と、スクロールの引っかかり」

とにかく、素早くパパッと作業したい僕に、たくさんアプリを起動しながらProと同じ速度を求めるのは酷だったのだろう。軽作業であれば問題無いが、複数のアプリを常に切り替え、SNSも同時進行しながらガンガン使う僕には、やはりProが合うと感じた

Safariのリンククリック後の挙動、スクロールも全く15インチと遜色ない。そして、明らかに12インチより早い

僕が思った以上に、13インチは魅力的なマシンだった

なお、動画編集は13インチでは一切やらないと決めていたので、256Gモデルを選んだ。動画は15インチでやる。出先で動画編集はしないだろう。僕はブロガーなので、SNSと、アプリの切替が素早く出来れば問題無い

そう考えると、MacBook Pro 13インチは僕にとってベストなモバイルなのかもしれない

5 MarsEdit、Safariの同時作業、Google Analyticsを表示させての作業は全く問題無かった。思ってたより全然快適

MacBook Pro 13インチ15

僕の日常作業で非常に重要なポイントが、「アプリを起動したときの横の余白」だ。この余白がMacBook 12インチではギリギリだったので、参照記事はとってもじゃないけど「見ながら書く」と言うことは不可能。アプリの切り替えさえ、余白の少なさから、誤クリックも多発するくらいだった

必然と、ブログ作業を15インチでやるのも納得いくだろう。僕にとって「横の余白」は非常に重要だ

で、今回のMacBook Pro 13インチは上の写真の通り、十分な余白があった

このくらい余白があれば快適に作業できるし、ここ3日でかなりの記事、文書、SNSをMacBook Pro 13インチで作業したが、全くストレスを感じなかった。その、僕の「実感」が一番の答だろう。普通に作業するのであれば、13インチで十分と言うことだ。12インチでは「狭い」と感じていたのが、一気に解消された

13インチというのは作業するのに絶妙な広さなのかもしれない

6 第2世代のバタフライキーボードは最高に快適

MacBook Pro 13インチ06

思ったより全然快適な第2世代のバタフライキーボード

ストロークが少し12インチより増し、非常に快適になった。指も痛くならない、疲れも出なかった

これは、YouTuberのレビューでも出てるが、最初、やはり使ってない人は違和感を覚えるが、12インチほど「不満」は出ていない気がする

僕は12インチを使っていたので、バタフライのストロークはわかっていたが、たった数ミリでこれほど違うのか、というのが実感だ

長文記事もなんなくかける第2世代のバタフライキーボードは、本体の薄さへの貢献もあり、大成功な進化であると言えるだろう

あれほど「バタフライイヤだ」とディスりまくっていた僕がこうだ。あなたに指にもジャストに違いない

7 バタフライキーボードの音はかなり大きい

MacBook Pro 13 MacBook 1213

元々、バタフライキーボードは、12インチの時点で「音が大きく、会議には不向き」と僕は言ってきた

それが、第2世代になり、確かに打ちやすくなったが、音が大きい

カチャカチャ音が結構気になるので、静かな場所で使う場合は注意が必要だろう。かなりカチャカチャだ

8 USB-Cはハブがあればほぼ問題無い

MacBook Pro 13インチ04

SDカードも、先日レビューしたHooTooのハブがあれば問題無く使える

ちょっと大きいが、万能なのと、ケーブルタイプの方が取り外しの時やりやすいことに気付いたので、純正でも良いが、僕はコレを勧める

MacBook Pro 13インチ05

TimeMachineによるバックアップも何も問題無くできる

ハブ1個あれば作業は快適だ

確かに、本体に直接つなげないのはアレだが、ハブ使えば良いので、僕的には特に問題無いと感じた

逆に言うとUSB-Cしかないので、そこにあらゆる外部機器をハブを通してつなぐことが出来るのは新しくて良いんじゃないだろうか?

USB-A端子は、当たり前だが、USB-Aしかつなげない。端子が多いと、ハブを「作ろう」とサードパーティーも思わないだろう。端子あるのに、ハブは作らない

でも、今回はUSB-Cのみなので、このハブを作れば、必ず使ってもらえるのだ。他の端子が無いから、ハブを使うしかないので、多様なハブがこれから出て来るだろう

一見ゴチャゴチャと映るかもしれないが、1つのハブで何でもつなげる時代が、これから来るかと思うと、僕はワクワクする

9 TrackPadはかなり大きくて使いやすい

MacBook Pro 13インチ07

TrackPadは2倍の大きさになったわけだが、コレが非常に素晴らしい

メッチャ使いやすい。今まではフィルムを使っていたので、触り心地の違いはわからないが、特に問題無く、進化を感じながら使えている

マウスは不要だ。モバイルはMacBook Pro 13インチだけで、十分イケるだろう

10 長く使うので、リストレストは欲しいと感じた

僕は全てのMacBookでリストレスト(手首部分のスキンシール)を使っている

僕のレギュラーはWraplusなのだが、久しぶりに、スキンシールを使わずに、直に手首が当たる状態でMacBook Pro 13インチを使った

MacBook Pro 13インチ11

思ったより金属感がすごいと感じたのだが、やはり、長時間作業を考えるとリストレストが欲しい

間違いなく、発売され次第、スキンシールを買うだろう

Apple Watch Nike+も、手首の部分に、バンドを留めるための金具があるため、傷を付ける可能性はゼロでは無い。それを考えても、リストレストは、僕は必須だと感じた

11 Touch Barは革新的な機能。これからのアプリ対応に期待大!

すでに各所でレビューが出ている通り、Touch Barは予想を遙かに超える便利さであり、しかも対応アプリが思ったより多く、便利に使えている

MacBook Pro 13インチ10

このように、お気に入りを表示させて、横スクロールも出来る。かなり便利だ

実際に、色々な作業系アプリではショートカットがTouch Barで使えるらしいので、今後のアプリ対応に期待大だ

現時点では、それほど頻繁に使うわけではないが、音楽系のアプリ、YouTube等ではとても便利だと感じた

あと、音量の調節が非常にやりやすくなった

image

コレが本当に便利。ムチャクチャ使える

12 ファンクションキーを常に表示したいアプリも設定可能なのには驚いた。無敵かよ

ここで記事にした通り、Touch Barは、設定で「常にファンクションキーを表示」という設定が可能だ

image

通常はこういう形のTouch Barだが、普通は「Fnキー」を押すことで次のようになる

MacBook Pro 13インチ17

このように、Fnキーを押すと、ファンクションキーが出て来るのだが、アプリによっては常にファンクションキーを表示させたいモノもある。MarsEditに代表される「文字入力系アプリ」は特にそうだ

MacBook Pro 13インチ09

この設定をすることで、何もしなくても常にファンクションキーが表示されるので、文字入力時におけるF7、F10などのよく使うファンクションキーが「そのアプリの時だけ」使えるのが大きい

入力系以外のアプリではTouch Bar本来のアプリコントロールが使えるので、マジで便利だ

13 USB-C(MacBook 12インチ)対応のモバイルバッテリー(15W)では、給電になるが、使いながらだと%が減る

よーたチャンネルのよーたくんが、Appleサポートに聞いて記事にしてくれたのだが、MacBook Pro(2016)は、MacBook 12インチ対応のモバイルバッテリーで、充電することが可能のようだ

僕もこの記事で検証してみたが、残念ながら、給電にはなるが、15Wのモバイルバッテリーではジワジワと%が減っていった

MacBook Pro 13インチ03

お気に入りのcheeroでも、ダメだった。一瞬、充電マークになるのだが、その後、給電になり、で、ジワジワと%が減る

本気で充電したいなら、フタを閉じて、作業せずに15W出力のモバイルバッテリーにつながないとイケないことがわかったが、15Wに対して、純正は13インチで61Wなので、相当充電は遅いことは覚悟しなければいけない

画期的な充電機器が出ることを祈るしか無いのが現状だ。それも覚えておこう

14 音はムチャクチャ良い

MacBook Pro 13インチ24

ビックリするくらい、音は良かった

音楽を聴きながら作業するには十分過ぎるほどの音質だ

YouTube視聴もかなり快適に行えるだろうと感じた

15 Touch ID、Apple Payはまだ使ってないが、ログインは便利。でも、Apple Watch Nike+でもロック解除できる

MacBook Pro 13インチ22

TouchIDは、かなり便利だ

ログインでApple Watch Nike+を身につけていないときは、Touch IDでログインした方が絶対早い。メッチャ使える

Apple Payはまだ使ってないが、たぶん便利なんだろう。これから使ってみて、またレポートを出したいと思っている

ただ、アプリを使うとき「App Storeにログインしてください」と言われるのだが、「購入」時には使えるのかもしれないが、実はそれ以外ではあまり使う機会がないのかもしれない。検証不足かもしれないが、ここ3日で何度も「Apple IDの入力」をしてきたので、Touch IDもこれからなのだろう

全部指紋認証にしてはダメなのかね?と思うのだが、いかがだろうか?iPhoneと同じくらいガンガン行っても良いような気はするが、ま、今後に期待しよう

Apple Watchを持っている人は、それでロック解除が出来てしまうので、実はログイン時のTouch IDはそれほど意味がないことも知っておこう。現時点では、購入時等で便利と言うことだ

16 とうとう、MacBook ProもUSキーボードに。メッチャ快適

コレは個人的なことだが、僕はUSキーボードを愛用しているので、MacBook Pro 15インチだけ、JISだったのがどうしても違和感があって耐えられなかった

でも、今回、MacBook Pro 13インチをUSで買ったことによって、僕の入力は全てUSキーボードに統一された。コレはマジで嬉しい

MacBook Pro 13インチ23

個人的にはかなり快適だと思っているUSキーボード

メッチャ記事執筆も捗るというモノだ

これから僕はUSを買い続けると思うが、コレに関しては大満足!とうとう、MacBook ProがUSになった記念日だ!

17 バッテリー持ちは合格点。思ったより長持ち

比較対象が15インチなので全然比較にならないのだが、15インチはどう頑張っても本気でアプリを立ち上げ、作業していると3〜4時間で僕の使い方だとアウトだったが、MacBook Pro 13インチは5〜6時間は絶対持つ

連続して6時間使うことなどないので、休み休み使えば絶対に1日持つ計算だ

願わくば、モバイルバッテリーが早めに発売されて欲しいところだが、充電が出来るようになればかなり使えるモバイルとして大活躍するだろう

僕にとっては必要十分なスペックでモッサリ感も無く、そして、バッテリー持ちも思ったよりは良いと来たら、ガンガン使うに決まっている。使いまくりな13インチになることは間違いない

まとめ

17個の「3日使ってわかったこと」を書いてみたが、いかがだっただろうか?

今回のMacBook Proは「全てが新しい」感じの全く生まれ変わった「誰も知らない、経験したことの無いMacBook Pro」だったわけなのだが、新しい機能は僕は大満足だ。とても素晴らしいと感じた

さらに、13インチというサイズ感も「狭いな」とは一回も思わなかった

12インチの時はあれ程文句を言っていたのに、たった1インチ大きくなるだけで、こんなに違うのかと思い知らされた。外で使うにはジャストでベストな選択と言えるだろう

僕は外で使うのもそうだが、会議や、出張、旅行でも使いたいので、やはり総合的に考えると、MacBook Pro 13インチをモバイルとして使うのは正解だと思っている

15インチは確かに魅力的だが、アレはデカい、重い、そしてかさばる。良いのはわかってる。だから、「広さと処理」という面で僕の心が揺れ動いているのは正直なところだが、軽さ、コンパクトさの点で、13インチに軍配が上がるところだろう

MacBook Pro 13インチ13

僕の元に舞い降りた「天使」、MacBook Pro 13インチ

君と共に歩むことを僕はここに誓う

このレビューが購入を迷っている人の参考に少しでもなることを願って、終わろう

まだ、年内、間に合う。ああ。今日DOすれば良いじゃないか。なあ、おこP

↑動画レビューもありますのでどうぞ!

↑MacBook Pro(2016)購入のドラマはこちらから!

【開封レビュー】MacBook Pro 13インチ(2016)、新型はスペースグレイ。全てがクライマックス
【開封レビュー】MacBook Pro 13インチ(2016)、新型はスペースグレイ。全てがクライマックス
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です とうとう、僕の元に、MacBook Pro 13インチ(2016)が届いた すでに、各所...

↑開封レビューはこちら!

▶️ でMacをチェック!
・ノート型 ▶️ / /
・アクセサリ ▶️
・デスクトップ型 ▶️ /
・整備済み品 ▶️
・教員、学生 ▶️

お詫び。2016年12月に、MacBook Pro 15インチに買い換えを行いました。13インチは記事の通り素晴らしいマシンですが、より広い画面で、より速い処理が必要であると感じた上での買い換えです。記事を読んでいただいた方には大変申し訳ありませんが、現在はMacBook Pro 15インチ(2016)をメインで使っております。ご了承ください
スポンサーリンク

この記事をシェアする!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索