Macのストレージを大掃除!「その他」をガッツリ削除しよう!

この記事は、2016年4月29日に公開した記事を追記したものです

gori.meにあった通り作業したら、とんでもなく空き容量が増えたので、紹介しましょう!

スポンサーリンク

空き容量が少なくなったら、Macの大掃除!

作業前

スクリーンショット 2016-04-29 11.27.34

作業後

スクリーンショット 2016-04-29 11.57.07

その他が半分になりましたね〜

さて、何をしたのか、紹介しましょう!

1 iOSデバイス(iPhone、iPad)のバックアップを削除

古いiOSデバイスのバックアップがたまっているととんでもない容量を食うことになります

やり方は簡単!

iTunes→環境設定

まずは、iTunesを起動して、左から2番目「iTunes」というメニューの中にある「環境設定」を選んでください

「デバイス」を選ぶと、バックアップがズラーッと並ぶ

スゲー昔のiPhone、iPadのバックアップもあるはずですので、ガンガン、片っ端から消します

ちなみに、僕は2016年10月に、コレやるだけで、空き容量が25G→270Gになりました

どんだけ容量食ってんのよ!

スゲー効果あるので、機種変更の多い9〜10月、12月(たまに新製品がでるよね)、3月(結構新製品でるよね)あたりでスッキリさせとくと良いでしょう!

2 セーフブートで、キャッシュをクリア!

重くなったMacBookのメンテナンスは「セーフブート」が効く!
重くなったMacBookのメンテナンスは「セーフブート」が効く!
この記事は2016年1月31日に公開した記事を追記したものです こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です MacBook...

↑コレも、gori.meからゲットした情報ですが、マジで効きます。セーフブート

IMG_3958

Shift押しながら起動すると、このように、セーフブートと出ます

で、ログインして、再起動するとスッキリキャッシュがクリアします

え?(✽ ゚ д ゚ ✽)

キャッシュ?

そんなの知らんがな。軽くなるということしか分からん・・・

3 ファイルを探して、ガンガン削除

コレもgori.meの記事の通りにやりましたが、初心者は難しいかなと思って、写真の解説を付けます

スクリーンショット_2016-04-29_11_41_39

まず、Finderを開き、「移動」を選ぶと、上に感じになるので「コンピュータ」を選択します

スクリーンショット_2016-04-29_11_41_55

そうすると、この画面になるので、「Macintosh HD」を選びます

スクリーンショット 2016-04-29 11.42.08

次に、ファイルから「新規スマートフォルダ」を選択

スクリーンショット_2016-04-29_11_42_22

そうすると、こうなるので、「サイズ」と検索欄に入力して出てきた候補から、「ファイルサイズ」を選択します

スクリーンショット_2016-04-29_11_43_29

すると、この画面になるので、私は「100MBより大きい」で検索かけて、片っ端から消しました

注意

ファイルを削除するときは、よくわからないものは消さない方が良いです

ファイル削除は自己責任で行ってください。バックアップも必ず取りましょう

まとめ

スクリーンショット 2016-04-29 11.27.34

スクリーンショット 2016-04-29 11.57.07

この2つを見れば、いかにこの作業が効果があるのかよくわかると思います

まあ、その他がまだ100Gありますけど、とりあえずコレでバックアップも簡単にできると思うので、良い感じですね。MacBook Pro 15インチも安定すると思うし、色々な作業も軽くなるでしょう

【レビュー】MacBook Pro 15インチ、使い勝手、性能、拡張性抜群!3ヶ月つかってわかった13のこと
【レビュー】MacBook Pro 15インチ、使い勝手、性能、拡張性抜群!3ヶ月つかってわかった13のこと
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 師匠のg.O.R.iさん(gori.me)のご助言もあり、9月にMacBook Pr...

↑MacBook Pro 15インチのレビューはこちらからどうぞ!

▶️ でMacをチェック!
・ノート型 ▶️ / /
・アクセサリ ▶️
・デスクトップ型 ▶️ /
・整備済み品 ▶️
・教員、学生 ▶️

(via gori.me

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索