俺氏、Chromeを卒業する

俺氏、Chromeに復帰する。バッテリー大量消費の原因はGoogle Analytics別ウィンドウ常時アクセスと判明
俺氏、Chromeに復帰する。バッテリー大量消費の原因はGoogle Analytics別ウィンドウ常時アクセスと判明
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です 先ほど「Chromeのバッテリー消費が激しすぎる」と記事を出しましたが、Safariに変え...

↑Chromeに無事に復帰しました。原因はGoogle Analyticsの常時接続でした

こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です

皆さんにお知らせがあります。

スポンサーリンク

俺氏、Chrome卒業。めでたく、Safariへ復活

HyperJuiceは買いましたけど、イマイチね、「オオ!」って充電ができなくて、特にね、「使いながら充電」するとね、思ったような%まで残りバッテリーが伸びないのよ

なんでなのかなーと思って検索したら、アナタ、「ブラウザ」らしいのよ

でね、最近、全然使っていなかったSafariを使ってみたのよ。まあ、速度は変わらんよ。全然変わらん。

「アクティビティモニタ」で見ると良いらしいので、バッテリーに関しての項目を見てみたら、奥さん、大変

衝撃のアクティビティモニタ

image

この時は、Chromeを切っているので、「エネルギー影響」って所は「−」なんだけど、その隣の「平均エネルギー影響」ってヤツが、桁が違うがな!

Chrome、どないやねん!

ちなみに、Safariも、条件を同じにするために、全く同じタブを開いてしばらく作業して、これ見ましたので、公平、公正な比較となっております。ご安心ください。

別に、Safariを養護するつもりは無いけどさ、ネットで調べても、1時間以上違うって言うし、実際に自分で見て、「なんじゃコリャ・・・」ってなったので、これはね、皆さん、Chrome使うときは注意した方が良いでっせ。

iTunesの値が高いのは、曲かけっぱなしだからだと思います。

Chromeは、かなり便利に使っていたんだけど、外で使う機会の多い私には、Safariかなーって気がしました。バッテリー持ち、改善してくれるといいんだけどね〜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事の関連カテゴリ

サイト内検索